スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控訴審は一審の結論尊重 最高裁、裁判員制度へ報告書

裁判員制度を肯定するための許容性として,1審は裁判員でも,2審は職業裁判官による裁判だから,従来どおりの裁判ができる(1審を放棄したとして)。
反対派の活動は活発化するかな。
裁判員制度を否定するとしても,上記見解があるから,譲歩して賛成,というのもあるだろうし。
しかし,今回の司法研修所の報告。
結論を覆せるのは「(一審の判断が)明らかに不合理」な場合などに限られるとしたことにより,上記見解が使えなくなるおそれもある。
と言うか,使えないな。
「明らかに不合理」ということであるから,現実的には,「明らかに不合理」なんてめったに起こらないだろうから,控訴審は1審に拘束されると考えて,ほぼ同義ではないだろうか。
それともあれか。
「明らかに不合理」という漠然不明確な文言では無効。
そうなんだよな。
サッカーを観に行くたびに思うんだけど(キックオフ前に,裁判員制度のお知らせが流れる),裁判員制度は来年の5月から開始。
11月の段階でまだこんなことやってるなんて。
これからも,未だに決まっていないことがどんどん決まっていくんだろうけど。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



来年5月に始まる裁判員制度に向けて、
最高裁判所の司法研修所は11日、
市民が審理に参加した一審の結論を、
裁判官だけの二審もできるだけ尊重すべきだとする研究報告書をまとめた。
結論を覆せるのは
「(一審の判断が)明らかに不合理」
な場合などに限られる、
としている。

一審と異なる判断ができるという控訴審の位置づけは、
裁判員制度が始まっても変わらず、
一審で示された市民の判断を控訴審がどう取り扱うかは制度上の課題と指摘されてきた。
今回の報告に拘束力はないが、
全国の裁判官が参考にするため影響は大きい。

報告は、
一審の判断について「国民の視点、感覚、知識、経験が反映することになる」
とし、
市民感覚が反映された結果を控訴審もできる限り尊重する必要があると指摘。
一審の判断の範囲に限って控訴審が妥当かどうかを検討する「事後審の徹底」という基本的な考え方を示した。

これまでは、
一審の判断が控訴審で変わることも多かった。
だが、
今後は明らかに不合理な場合などに限られるとして、
報告は
「破棄する場合は例外的なものに絞り込まれることになると思われる」
とも述べている。

また、
これまで裁判が長期化する理由の一つとなってきた精神鑑定については
「原則として公判前に1回にすることが望ましい」
と盛り込まれた。
裁判員が鑑定医の意見に必要以上に引っ張られないよう、
責任能力の結論に直結するような意見を示すのは
「できるだけ避けるのが望ましい」
としている。
(asahi.com)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

見えない障害と闘いながら

 交通事故により奇跡の生還でした。自分のブログ・可愛い・面白・貼り画像・動画で毎日更新中です! 11/13 :新入社員【サラリーマン編】:ナショ○ル住宅協業大学院研修中、自分は大学入学前に交通事故にて脳挫傷で1時は脳が半分に?1年休学し、ブログの通り、大学では苦戦し頑張り4年間で卒業。、しかし.社会に出て絶えない苦 労です。現在は建築現場監督休業中ブログは、学生編も終わり、サラリーマン編で書いてます。自分のブログも【学生編・1号・事故発生の始め】  http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-1.html  で始まります。ブログには、当時の写真・面白い・可愛い・画像・動画ありますので、時あれば、楽しんで見てやって下さい。 よろしければ、コメントいただけたら幸いです。 更に【サラリーマン編1号】 「サラリーマン編!智太郎!」:入社式まで) http://tomotaroukun.blog116.fc2.com/blog-entry-231.html も、どうぞ よろしくお願いいたします。 よかったら左下の【脳・神経・脊髄】【理系大学】【病気ブログ】【サラリーマンブログ】を押して頂けたら、感謝です。



























blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。