FC2ブログ

松崎委員長も間違ってない?佐藤寿人のPKは競技規則14条違反。

2010開幕をにぎわせたのは,サンフレッチェ広島のPK。
槙野がボールをセットし,エリアの外に出て後ろ向きで構える……。
さあ,槙野よ,いつ蹴るんだ……?と思っていたら,何やらダッシュして蹴り込む選手・佐藤寿人。
その結果,ゴール。
このゴール,土曜日のニュースかなんかで見たのかな,面白いゴールだけど,腑に落ちなかった。
それに拍車をかけたのが,そのニュースでは「ルール上,正当なゴール」と説明されていたこと。



ところが,火曜日のヤフートピックスでびっくり!
誤審というではありませんか。
なになに……,
競技規則には「PKを行う競技者は、特定されなければならない」とある。
とのこと。
この書き方では,競技規則の何条の適用を受けたのか分からんじゃないか!
と思いながら,競技規則を読む。
http://www.jfa.or.jp/match/rules/pdf/law_soccer_all_09.pdf
(ひょっとして,競技規則を読むの初めてか!?)
すると,ペナルティーキックのことを欠いているのは14条であることが判明。
あぁ,なるほど,ヤフーでの記事通り,「PKを行う競技者は、特定されなければならない」と書いてあるわ。
私自身,槙野が蹴ると思っていたから,槙野が「PKを行う競技者」として「特定され」ているようだったけど,蹴る込んだのは寿人。



14条をもとにして記事を書こうと思ったけど,いかんせん引用がしにくい。
「項」や「号」がなく,文章だけで構成されているから。



キッカーは槙野として特定されていたところ,寿人が蹴り込んだという構成。
ということで,寿人には何らかの罰が下されるのか。
……と思っていたら,時事通信の記事。
それによると,
松崎委員長は、今回は「誰が見ても槇野がキッカーと認識できた」とした上で、本来なら佐藤のPKは反スポーツ的行為とみなされ、佐藤がエリアに入り込んだ地点で清水に間接FKが与えられるべきだとの見解を示した。
ふ~ん,寿人がペナルティーエリアに入った時点で清水に間接FKねぇ……。
「……」となったのは,そういった説明をされても釈然としないから。
競技規則14条を読み進める。
……すると,
「違反と罰則」のところで,
「主審がペナルティーキックを行う合図をして、ボールがインプレーになる前に、次の状況のひとつが起きた場合、」
……,
「キックを行う競技者の味方競技者が競技規則に違反する。」(蹴る予定の槙野の味方である寿人が違反)
ボールがゴールに入った場合、キックが再び行われる。(寿人はPKを成功)
となっているではありませんか!
ということは,記事の松崎委員長も間違ってるってこと?



う~ん,よく分からないんだよなぁ。
Jリーグも説明すべき。
オフィシャルhttp://www.j-league.or.jp/では何も言っていないし,説明不足。



あと,土曜日に報じていたテレビ番組もね。
「正当なゴール」としたのは謝罪したのかな?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク