FC2ブログ

フィギュアスケートが必要としているのは爆発ではなく断続的な光~日本人らしからぬ精神力の高さがもたらした4回転・小塚崇彦~

個人競技は,1人でプレー。
「人」は支え合っている存在であるにもかかわらず,個人競技は,支え合っていないので嫌いなのですが,最近一つ例外を見つけました。
個人競技であっても,美しさが際立つ「フィギュアスケート」です。
美しいものは大好きですからね。
男子が終了したということでその感想を。
特に,小塚崇彦選手を中心に。



それは本人が本来有するものか,それともDNAがもたらしたものか……。
日本人といえばチキンハート。
大事なところでは失敗。
それが典型的な日本人像。
……のはずが,彼は見事に4回転を成功させた!
4回転に挑戦することもさることながら,成功させてしまった……。
日本人らしからぬ成功。
しかし,全般的に小さなミスが目立った。
彼はこれからの人物。
4回転を成功させるという精神力の高さには,ソチで期待せざるをえません。
「バンクーバーオリンピックで成功した」「オリンピックという大舞台で成功した」という成功体験により,他の人間より強みがあるわけです。
4年間でいかに成功体験を積み重ねるか。



小塚崇彦,そして,プルシェンコが,飛べた者でいるならば,
飛べなかった者,
飛ばなかった者がいました。



「飛ばなかった者」織田信成,そして,金メダリスト・ライサチェック。
スポーツの醍醐味といえば,一瞬の爆発なわけですが,フィギュアスケートだとその一瞬の爆発は,現在のところ「4回転」といえるわけです。
しかし,彼らは飛ばなかった。
彼らは爆発しなかったが,断続的に光り続けた。
フィニッシュのひとつ前,「ねじりこんにゃく」の早さなんて小塚崇彦が一番かと思っていたら,ライサチェックはその一つ上の早さをみせた。
そして,ノーミスのスケーティング。
ここで,“断続的”をキーワードとすれば,プルシェンコがぶつ切れであるならば,ライサチェックは断続的。
演技から演技への滑らかさ。
また,織田信成にしても,靴ひもが切れるというアクシデントがあったり,また,ミスがあったがそれが続くことはなかった。
飛ばなかった彼らを見ていると,全体的な評価では,飛べた人間より上でした。



そして,最後に,4回転をしようと飛んだけど,失敗して「飛べなかった者」高橋大輔。
メディアは結果を重視して,銅メダリスト高橋大輔をしきりに取り上げます。
しかし,前述したように,なぜ人がスポーツにのめりこむのかといえば,一瞬の爆発があるから。
だから,私は,高橋大輔より小塚崇彦の方が感動したわけです。
それでも,現在のフィギュアスケートでは,爆発より光り続ける星を選んでいるわけです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク