FC2ブログ

インフルエンザ

インフルエンザにかかっちゃいました。
そのため,しばらく更新をお休みさせていただきます。
埼スタに行かなくて正解だったわ。
感染者を増加させていたところだったから。
スポンサーサイト



大宮アルディージャには,心から「おめでとう」と言いたい。 Jリーグ ディビジョン1 第30節 大宮アルディージャ

発熱のため,埼スタに行くことができず。
しかし,テレ玉で生放送してたので,それで見てました。
と言いつつ,90分見る体力はないので,主要な点だけをがんばってみてました。
試合会直後15分,前半終了直前15分,後半開始直後15分,試合終了直前15分。
あとは寝てました。
見事なほど,この時間帯に失点しているね。
反対に,アルディージャは見事それを見逃さなかった。
これは評価されなければいけない。
レッズは,前節・アルビレックス戦と違い,誰も動こうとしない。
すなわち,チームとしての連動性はみられず。
また,チーム全体として前がかりとなり,カウンターを浴びせられる。
こうもチームとして違いがみられると,フィンケの手腕以前に,選手自身のマインドが気になる。
これについては,思うところがあるので,また明日。



実況が倉敷さんだったから,埼スタに行かず,テレ玉で見ようと思った一つの要因。
いいね~。
「ダービーとしての笛」
「一つ目のファールで笛を吹かず,2つ目でファールをとりました」
「シャツを引っ張れば,イエローカードを出すというジャッジです。」後半になると,「ファールをとらなくなりましたね。」
数々の審判批判。
ここまで審判批判をできるのは,倉敷さんだけです。
他のアナウンサーにできるわけがない。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

【出前館】利用者の声は届くか

デリバリーでお世話になっている【出前館】
【出前館】には,ポイント制度がある。
その名も,FUNポイント
1回の利用につき,10FUNポイントもらえるという制度。
他にも,店によってはFUNポイントが付加されることも。
最近になって知らせてきた(ひょっとしたら以前から知らせてた?)のは,
FUNポイントサービスが終了し,12月1日からはTポイントサービスになるということ。
11月16日以降は、貯まっていた「FUNポイント」は全て失効するので,出来るだけ早く「Tポイント」への交換を行えとの要請。



「FUNポイント」は、100ポイント単位で「Tポイント」へ交換可能。
1797FUNポイントたまっていたので,1700FUNポイントをTポイントに交換しました。
ということで,疑問というか腑に落ちない点が一点あるわけです。
それは,交換できなかった97FUNポイントはどうするのかということ。
何の価値もないとして諦めるのか。
否,そんなことはできるはずがない。
何にだって価値はある!
そこで,【出前館】に問い合わせてみました。



FUNポイントをT-POINTへ交換させていただきましたが,
なぜ「100FUNポイント→Tポイント100」ポイントだけになっているのでしょうか。
利用者は100FUNポイントちょうどを取得できる利用をしてはいないはずです。
すなわち,私のようにポイントが余るということです。
この交換できなかったFUNポイントはどのようになるのでしょうか。
仮に,97FUNポイントが破棄されるとした場合,
【出前館】の都合でFUNポイントサービスが終了するにもかかわらず,
なぜ交換で きないポイントを無価値とすることを甘受しなければいけないのでしょうか
これでは,なぜ今まで【出前館】を利用してきたのかと思ってしまいます。
たしかに,Tポイントに一桁のポイントがないならば,このような制度も納得がいきます。
しかし,Tポイントは一桁のポイントまで認められているのですから,「100」という数字にこだわらなくて良いはずです。
よって,「1FUNポイント→Tポイント1」を希望します。



さすがに,大文字にしてメールは出してません。
この記事で読みやすくするために大きくしたまでです。
これに対する返事がすぐに来ました。
すぐに返事が来るってあたりはすごく好感持てますね。



いつも「出前館」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
こちらは、インターネットからの出前受注システム・出前館を運営
しております、夢の街創造委員会株式会社と申します。

FUNポイントサービス、並びにTポイント交換について、
大変貴重なご意見を賜わり、誠にありがとうございます。

お客様からご提案いただきましたご意見を参考とさせていただき、
弊社内でも今後検討してまいります。

今後とも出前館をよろしくお願い申し上げます。



この文面からして期待できそうにないが,
かといって早くも諦める必要もない。
FUNポイントサービス終了が11月15日。
まだ1か月弱あるんだから。
なんたってTポイントは牛角で使えるからな。
97Tポイントをバカにするやつは,97円に泣く。
(なんじゃそりゃ!?)

blogram投票ボタン

市立中教諭の体罰、賠償負担は「県でなく市」 最高裁が初判断

福島県郡山市の市立中学校で起きた教諭の体罰をめぐり、
生徒への損害賠償金約59万円を最終的に負担するのは、
県か市かが争われた訴訟の上告審判決で、
最高裁第2小法廷(中川了滋裁判長)は23日、
「中学校を設置する市町村が全額を負担する」
などとして、
市側の上告を棄却した。
市の全額負担とした2審仙台高裁判決が確定した。

県側は市立中教諭の任命権を持ち、
人件費を負担。
一方、
市側は教諭を監督し、
学校を設置・管理している。
公立校教諭の違法行為で賠償責任が生じた際、
最終的な負担について、
最高裁が判断するのは初めて。

同小法廷は
「市町村が設置する中学の教諭が職務上、
故意または過失によって、
違法に生徒に損害を与えた場合、
都道府県はいったん賠償した損害の全額について、
市町村に負担を求めることができる」
と判示。
判決は市町村立の小中学校で起きた同様のケースでも影響しそうだ。

1審福島地裁は県と市の割合を1対2としたが、
2審は
「教育活動で発生した賠償費用は学校の経費を負担する市が全額負うべきだ」
と結論づけた。

(産経ニュース)

海外渡航、一時でも時効停止…最高裁初判断

短期間の海外旅行によって公訴時効の進行が停止するかどうかが争点になった詐欺事件の上告審で、
最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は、
「一時的な海外渡航でも時効の進行は止まる」
との初判断を示し、
被告の上告を棄却する決定をした。

決定は20日付。
刑事訴訟法では
「犯人が国外にいる場合には時効の進行は停止する」
と規定しているが、
「一時的な海外渡航」
を含むかどうかは解釈が分かれていた。

2審・高松高裁判決によると、
不動産仲介業を営んでいた西村治人被告(57)は1999年8~9月、
高知市内の女性から計約3300万円をだまし取ったとして2007年7月に起訴された。

詐欺罪の時効(7年)を過ぎていたが、
被告が計300日以上、
海外渡航していたことから、
検察側は時効は07年8月だと主張。
弁護側は
「一時的な国外旅行は『国外にいる場合』には当たらない」
とし、
大半の渡航がいずれも数日間と短かったため時効が成立すると反論していた。

決定により、
懲役1年2月の実刑とした2審判決が確定する。

(読売新聞)

新ルートの確立。宇賀神友弥選手(流通経済大学)加入内定

新ルートは確立されるかという話題が沸騰していた。
ここにきて,それは確認された。
レッズユース→大学→レッズ
というルート。
ユースの段階では力を示すことができずにトップ昇格ならず。
しかし,大学でその力を発揮することにより,レッズのお目にかなった,という新ルート。
フムフム。
才能が発揮されるなんていつかは分からんからな。
早熟の天才と呼ばれるものがいれば,
大器晩成という言葉が似合う人間もいる。



問題はこれから。
特別指定選手となって,ベンチ入りはするもののトップ出場なし。
来年1年はチームにとどまるんだろうね。
そして,力を発揮できなければ,レンタル移籍してインパルス!
……を待つ。
そう,高崎のように。
と言いつつ,野田の件があるから,1年目からレンタルということもありうる。



貴重なサイドプレーヤーなんでね,期待してます。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

2009ユニホームテディーベア

2010年版カレンダーとともに買ったのが,2009ユニホームテディーベア。
teddy_detail_20091016
昨年も発売された手ディーベア。
さすがに昨年は欲しくなりませんでした。
昨季のレッズといえば……,
内容のないサッカー。
つまらんサッカー。
ないないづくしのチームのテディベアを買うだなんてできるわけない。
縁起が悪すぎて買えるわけない。



でも,今季は違う。
改革の年。
変わる年。
未来への挑戦。
前向きな年ですから。
たしかに,公式戦8連敗(リーグ戦7連敗)した。
しかし,これも,輝き続ける星になるため。
というわけで,昨年と違って買いました。
いや~,レッズにかかわってると,今まで勝ったことがなかったものを買ってしまう。
ユニホームへのカスタム背番号と名入れができる、世界で貴方の為だけの、オリジナルベアとしてお届けします!
という説明書き。
名前は自分のを入れるとして,迷ったのは背番号。
23を入れるべきか,34を入れるべきか。
「23」にしようかと思ったけど,赤に「23」はダメかと思い。
「34」にしました。
でも,考えなければいけません。
来季も直輝は「34」なのかと。
まだ来季は「34」かなぁ。
まぁ,2009年バージョンだし,「34」でいいか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

毎月19日は「シュークリームの日」

人生26年生きてきて初めて知った。
毎月19日が「シュークリームの日」だったなんて。
知ったのは,月曜日に1階のローソンに行ってきたときのこと。
10円引きの文字が見えたので何かと思ったら,
毎月19日はシュークリームの日
との告知。
まぁ,たしかに,毎日ローソンに行ってるわけじゃないからね。
知らなくても仕方なかったのかなぁ。



シュークリーム。
19(じゅうく)リーム。

blogram投票ボタン

兼松賃金訴訟:男女格差は「違法」 最高裁で確定

総合商社「兼松」(神戸市)に57~82年に採用された女性6人が、
男女間の違法な賃金格差で損害を受けたとして、
同社に差額賃金など約3億8400万円の支払いを求めた訴訟で、
最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は20日、
双方の上告を棄却する決定を出した。
原告敗訴の1審判決を取り消し、
6人中4人に対する差別を認めて計約7200万円の支払いを命じた2審・東京高裁の逆転判決(08年1月)が確定した。

1審・東京地裁は03年11月、
「賃金格差が公序良俗に反するとまでは言えない」
と請求を棄却した。
これに対し2審は
「同程度に難しい職務を担当する男性社員と相当な格差があり違法」
と指摘。
兼松側は
「職務や転勤範囲が違うコース別賃金制度による格差で、
男女差別ではない」
と主張していた。

(毎日jp)

2010年版カレンダーからみる来年の予想

2010年のカレンダー。
とうとう売り出されたか。
というより,いつもより早いんじゃない?
と思ったら,もう10月の後半。
世間では,2010年のスケジュール帳も発売されているし,そんなに早いというわけでもないか。



もちろん,ポスターカレンダー&デスクカレンダーともに買いましたよ。
オンラインで。



ポスターカレンダー。
ポスターカレンダー
【掲載選手】
1月 鈴木啓太選手
2月 高原直泰選手
3月 闘莉王選手
4月 阿部勇樹選手
5月 ポンテ選手
6月 坪井慶介選手
7月 原口元気選手
8月 都築龍太選手
9月 細貝萌選手
10月 山田直輝選手
11月 エジミウソン選手
12月 山田暢久選手
ここ2年。
1月は移籍する選手。
啓太……,移籍するなんてないよな?
2月はタカ。
危ないな,2月も危ない(=移籍の可能性)。
開幕する3月は闘莉王。
まぁ,チームの象徴だし,しょうがないか。
勝負の月,5月はポンテ。
ホントに来季もいるの?
不吉。
直輝は入らず。



デスクカレンダー。
デスクカレンダー
デスクカレンダー2
来年は,カレンダーの裏も日付が書かれてるようですね。
【掲載選手】
1月 闘莉王選手
2月 高原直泰選手
3月 山田直輝選手
4月 阿部勇樹選手
5月 原口元気選手
6月 エスクデロ選手
7月 坪井慶介選手
8月 高橋峻希選手
9月 細貝萌選手
10月 鈴木啓太選手
11月 田中達也選手
12月 都築龍太選手
こちらも2月は,タカ。
ますます危ない。
こちらの3月は,直輝。
いいね~,3月。
来季も直輝中心のチームになるでしょうから。
5月は……,元気か。
直輝と違って,伸び悩み。
伸び悩みというより,自己の力を発揮できていない。
本当の力はこんなもんじゃないと思っているから。
「自己の力を発揮できず」……?
なるほど,たしかに,不吉。
ポンテに元気に。
来年の5月は不吉。
今のうちにハードワークしとかないと。
取り返しのつかないことになる。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

最高裁、「配下の拳銃所持で無罪」差し戻し

大阪市内で配下の組員に拳銃を所持させたとして、
銃刀法違反(所持)に問われた元指定暴力団山口組最高幹部の滝沢孝被告(72)の上告審判決が19日、
最高裁第2小法廷で開かれた。

中川了滋裁判長は
「組員の拳銃所持を知っていたと認めるのが相当だ」
と述べ、
滝沢被告を無罪とした1、2審判決を破棄し、
審理を1審・大阪地裁に差し戻した。

滝沢被告は1997年9月、
滞在していた大阪市北区のホテル前で、
組員2人に拳銃2丁と実弾20発を所持させたとして起訴されたが、
1審、2審・大阪高裁とも、
「被告が組員の拳銃所持を認識していた証拠はない」
などとして無罪(求刑・懲役10年)を言い渡していた。

しかし、
同小法廷は、
山口組幹部が抗争で射殺される事件が発生した直後だったことなどから、
「被告も拳銃で襲撃される危険性を十分に認識し、
これに対応するため、
組員らを同行させて警護させていたと認められる」
として、
1、2審には重大な事実誤認の疑いがあると結論付けた。

(読売新聞)

「トゥーリオ選手サイン入り色紙」&「マフラー」

ひょっとしたらシリーズ化してしまうかもしれない。
トゥーリオの公式ページでの愚問シリーズ。
好意的な答えをしないと,抽選に当たらない疑惑。
今回も前回と変わらず笑わしてくれる。



今回の質問も同じく3つ。
①トゥーリオ選手のレプリカユニフォーム(4番)を持っている。
②レッズのチケットが入手しにくいからスタジアムに行かない。
③日本代表の監督は、岡田武史さんのままがいい。




①は,まっとうな質問。
トゥーリオの公式ページを閲覧するぐらいだから,持っている人は少なくないだろう。



②からがわけ分からん。
レッズのチケットが入手しにくいからスタジアムに行かない。
まったくもって理解できん質問項目。
なんでこういう質問をするのか分からん。
小学館はレッズをどういう地位に置きたいのだろうか。
雲の上の存在であるかのように。
駒場開催時ならまだしも,埼スタだと入手しにくいというのはそうそうない。
特に最近は,A席ですら余っているという事態。



爆笑の③。
日本代表の監督は、岡田武史さんのままがいい。
公式ページを読む限りでは,闘莉王は岡田さんに敬意を払っているようです。
ということは,プレゼントもらいたいなら「はい」を選ばなきゃいけないんだろうね。
無論,私は「いいえ」を選択。



これからも爆笑を招く質問事項を待ってます。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

Jリーグ第29節前日 フィンケ監督

スポーツ報知で報じられた,
バイエルンミュンヘンと「フィンケ招へいを機に関係にひびが入っていた。」
「フィンケを招へいした際、
バイエルンの存在を無視したことで関係にひびが入った。」
バイエルンの強化担当者は
「我々の強化サイドに一切の相談がなかった。
ドイツ人を選ぶのに腑に落ちない」
と激怒していた。



との記事に対し,私はなんともバカな記事かと思ったものだ。
なぜなら,フィンケを紹介してもらったのはバイエルンミュンヘンを通してのことだからだ。
このことはサポーターなら周知の事実であるから,よくもこんなバカげた記事を書けたものだと思っていたら,クラブが反応しちゃったよ。
オフィシャルで広報部長から
「本日10/16付で
『バイエルンミュンヘンとの提携解消も』、
との一部報道がありましたが、
弊クラブは、
今夏もジュニアユースチームをバイエルンミュンヘンに派遣するなど友好な関係を継続しております。
現在、
契約内容の見直しに関する協議を行なっておりますが、
契約解消の通達を受けた事実はまったくありません。
また、
フィンケ監督の招へいに関しては、バイエルンミュンヘンの推薦もあり
その後もクラブ、監督、バイエルンミュンヘンの間には良好な関係が続いております。
よって、
弊クラブの監督人事案件を背景として提携解消が検討されているという事実もありません」



わざわざ言うことじゃないだろうと思いつつも,クラブがはっきりと言った方がいいわな。
サポーターの中には忘れてた人もいるかもしれないから。
フィンケはバイエルンミュンヘンから紹介された。
えぇ,思い出しますよ。
バイエルンミュンヘンがドイツから追い出したいほどフィンケは優秀な監督なのかと希望を抱いていた頃を。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

弁護士と司法書士業務の境界線の解釈を判断せず 大阪高裁

司法書士が弁護士と同様の債務整理などの裁判外代理権を認められた
「訴額140万円以内」
の解釈をめぐり、
弁護士会と司法書士会の示す見解のどちらが妥当かが争われた訴訟の控訴審判決が16日、
大阪高裁であった。

小松一雄裁判長は
「公権的解釈も確立していない状況では、
いずれかの見解に立つことはできない」
として判断を回避した。

訴額の解釈をめぐり、
弁護士会は
「整理の対象になる全債務額」
と主張。
これに対し、
司法書士会は
「整理によって圧縮される債権額」
とし、
実際はこの解釈に基づいて業務を行っている。

20年11月の1審神戸地裁判決は、
司法書士がわざと圧縮額を140万円以内に収める危険性があると指摘し、
弁護士会の解釈が妥当と判示。
控訴審では非弁問題を扱う大阪弁護士会の専門弁護士が原告側に加わり、
この判断を支持するよう訴えていた。

判決を受けて大阪弁護士会関係者は
「大阪高裁は判断を回避したが、
弁護士会の見解に基づいて違法性が強い行為があれば厳密に対処する」
としている。

この訴訟は、
神戸市の司法書士事務所の元事務員が、
事務所の扱う債務整理の和解業務が法定額を超え弁護士法に触れているとして法務局に通報したため退職させられたとして、
地位確認と慰謝料を求めた。
訴額の解釈が争点の一つになり、
神戸地裁は司法書士側に170万円の賠償を命じる一方、
退職は合意の上と判断した。
双方が控訴したが、
大阪高裁はいずれも棄却した。

(産経ニュース)

戦術田中。Jリーグ ディビジョン1 第29節 アルビレックス新潟

フィンケになっても変わらなかったことが一つ。
それは,チームは達也次第だということ。
タツヤが前線からプレスをかけるから,中盤をコンパクトにするためにDFラインを押し上げる。
達也がフリーランニングをするから,達也がいたスペースに走り込む。
これにより,連動性が産まれる,フムフム。
さてさてこの試合はというと,達也がいてくれたおかげで前半戦は非常にスピードの速いサッカーが展開されました。
攻守ともに。
ただ,レッズはハーフタイムチーム。
90分通してこの早いサッカーをするのはムリ。
……と思っていたら,後半は最初から急ブレーキでしたね。
休憩中ではなく,サッカーをしているときに点を獲れたときはいいが,サッカーをしてても点が獲れなかった場合はどうするか。
もう一つの「戦術田中」,闘莉王を前に上げるしかないのか。
来季は90分通してサッカーを見たいですね。
行くべきところは行き,行ってはいけないところでは行かない。
難しいですね。
この見極めは。



試合開始前は不安だったホリの右SB起用。
典型的なストッパーだからね。
どこまで動いてくれるか。
いやいや,そんな不安は試合が開始されたら吹っ飛びました。
いいね~,どこかの選手みたいにチョンボしないし,頻繁な上がりを見せ上下運動が激しい。
思い返せば,ボランチ起用時も多大なる運動量でチームで貢献してたし。
SBって真面目な性格の人間に合ってる。
SBって,守備だけではダメ,攻撃だけでもダメ。
ホリだとまず,守備をきっちりやり,攻撃時には攻め上がるという型がある。
ここ1・2年,ボールペン講座を受講しだしたhttp://www.urawa-reds.co.jp/cross/という真面目な性格はSBに合っている。
ここまで書きつつ,私としてはこのポジション。
ツボを希望するのだが。
足速いから攻め上がっても,戻ってこれるだろうし。
まぁ,けど,ツボがCBにいないと,裏を狙われまくるし。
CBにツボは外せんな。



直輝はボランチだとダメだな。
(これ反省。私は直輝をボランチでの起用を希望していたので)
ボランチだとリンクマンとしての機能を果たせない。
直輝だと“スーパー”リンクマンだけど。
前目のポジションだと,ダブルボランチがいるから攻撃に重点を置くことができる。
だから,スーパーリンクマンだったわけだけど,
ポジションがボランチだと,直輝が攻めあがったとき,直輝がいた位置を誰がカバーするのかという問題が生じるからだ。
阿部ちゃんの能力は高く評価するが,1人じゃ限界があるし。
まぁ,それでも,直輝はリンクマンとしての機能を果たそうとしてましたけど。
前線によく顔を出して。



エジのゴール。
昨季ホームでの鹿島戦での永井のゴールを思い出した。
ビッグブリッジをしてのゴール。
永井の方がスマートに決めてたけど。



実況・解説ともに,本間を褒めすぎだろ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン

IXY DIGITAL & iVISアウトレットセールのご案内

使用しているデジカメがキャノンで,それに登録していることから届いたメルマガ。
なになにアウトレット……。
外に出なければアウトレットなんてないのかと思っていたが,ウェブ上でもあるんだな。
そのアウトレット対象商品は,
IXY DIGITAL 830IS(再調整品 Grade A)限定25台 税込価格:24,800円
iVIS HG21(再調整品 Grade A)    限定 5台 税込価格:59,800円

IXY DIGITAL 830ISは非常に興味を持った。
今使っているデジカメが740万画素で,一部の携帯電話よりも画素数が低いしなぁ。
ズームも少ししかできないし。
楽天だと,

35,490円。
フム,なるほど。
アウトレットと謳っているだけあって,たしかに安い。
1万円も違う。
といいつつ,さしてここで買わなければいつ買う?という緊急性が見つからないので,買わないけど。
でも,安いことには違わない。



1210万画素か。
今や1000万越えは当たり前の時代。



Grade Aっていうのは,消費者が短期間使用したものを工場で調整したもの。
だから,新古品ってところか。
消費者が短期間使用……。
どうして短期間だけ使用したんだろうね。
よほど気に食わなかったか。
あぁ,そうか,それで返品したか。

blogram投票ボタン

車券場の周辺医療施設に原告適格 許可取り消し訴訟で最高裁

大阪・ミナミの場外車券売り場をめぐり、
国に設置許可処分取り消しを求めた周辺住民19人に訴える資格(原告適格)があるかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、
最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は15日、
「業務上、
著しい支障が生じる恐れがあると認められる区域に医療、
文教施設を開設する者は、
原告適格を有する」
との初判断を示した。

その上で、
19人のうち、
場外車券売り場から約120~200メートル離れた場所に病院などを開設している医師3人は原告適格が認められる可能性があるとして、
業務に支障が出る区域に当たるかどうか審理するよう大阪地裁に差し戻した。

自転車競技法の施行規則は、
設置許可要件として
「文教、
医療施設から相当の距離を有し、
支障を来す恐れがないこと」
と規定。
同様の規定がある競艇など公営ギャンブル施設の是非をめぐる訴訟に影響を与えそうだ。

判決などによると、
車券売り場は
「サテライト大阪」。
経済産業省が05年9月に設置を許可し、
07年3月に開業した。

(共同通信)

青汁三昧。3箱買いたかったけど,おまけがいらない。

以前,宣言したとおり,青汁三昧を買いました。

理由も同様で,どこかの青汁と違い,味が濃くなく,牛乳の旨味を消さないから。



買うときに迷ったのは何箱買うか。
消費期限が結構もつので,たくさん買ってもよいのだが,注意点が1点あった。
それは,3箱買うと,低反発プレミアム枕がおまけで付いてくるということ。
当然のことながら,枕は我が家にあるんでね。
さらに1個なんて必要ないわけです。
付いてきたら付いてきたらで,どこに枕を保存しておくかというスペースの問題もあるし。
というわけで,2箱買いました。
枕がつかない,かつ,たくさんという条件を満たすのは2箱。
3箱買っても良かったというか,3箱買いたかったが,やはり枕がついてくるために2箱に断念。
なんか残念だなぁ。
おいしい青汁なのに,枕というおまけで商売が失敗してる。

blogram投票ボタン

インド&パキスタンレストラン KARACHI

天皇杯2回戦の帰り,新宿駅が乗り換え駅だったので,カレーを食べてきた。
最近,カレーを食べてなかったんでね。
行ってきたのは,
駅から近いのと,評判が悪くなかったので,といういつも通りの理由で選んだ店。
こういう系統の店はどこも同じなのかと思ってしまう。
現地人が店の近くでチラシ配り。
よく日本語分かってなかったしなぁ(帰るときにまた会ったので「おいしかった」と伝えても,「たくさんナンがある」などと会話にならない説明をしてたので)。
おかげで店の位置がよく分かりましたが。



どれがおいしいのか分からないので,コースを。
【モフタコース】 2500円に。
値段が手ごろだったので。
内容はというと,
・ベジタブルサモサ ~グリーンピースとポテトのパイ包み揚げ~
・ミートサモサ
・チキンティッカ ~鳥肉をスパイスに漬け焼きあげました~
・シシカバブー
・サラダ
・ナン&ライス ~釜焼きのもっちもちの自慢のナン!!~
・【3種類のカレー】キーマカレー、ベジタブルカレー、チキンチリカレー
・デザート
・チャイ又はコーヒー



「サモサ」は初めて食べました。
いわゆる春巻きですね。
なんで今までのお店にはなかったのだろう。
ソースには,ケチャップか辛いのかを選ぶことができたのだが,辛いのはホントに辛い(当然か)。



ナンも甘くておいしかったなぁ。
ナンはあらかじめカットしておき食べやすい大きさだったし。



このお店は自己主張が強いねぇ(自己主張の強いのは好きなのでいいのですが)。
【3種類のカレー】キーマカレー、ベジタブルカレー、チキンチリカレー
チキンチリカレーが辛いというので,ウエイターがすすめたのは,バターカレー。
だったら,最初からコースに入れるなよ,と突っ込みたくなりましたが,たぶん現地人用なのでしょうね。
チキンチリカレーは。
食後に出てくるのは,コーヒーかチャイ。
ウエイターにコーヒーを頼んだのですが,「コーヒー?チャイじゃなくて?」と確認されたので,チキン(良い言葉で表現すると「素直」)な私はコーヒーをやめ,チャイに。
正直,チャイって飲んだことなかったのでね。
どういうのが出るのか楽しみな面はありました。
チャイってミルクティーのことだったんですね。
コーヒーより紅茶派の私にとっては(と言いつつ,最近はもっぱらコーヒーばかり飲んでましたが),良いお口直しになりました。
チキンチリカレーをバターカレーに替え,コーヒーをチャイに替えたわけですが,どれもウエイターに従って良かったと思っています。
チキンチリカレー以外も程よい辛さでしたので,さらに辛いとされるチキンチリカレーを食べてると,辛いの3つでカレーをおいしさが伝わらなかったはずだからです。
チャイにしても,その茶葉の甘さがカレーの辛さを中和してくれましたし。
日本人のことをよく理解しているのでしょうね。



カレーと言えば,食事中もカレーの器をキャンドル(?)で火であぶっていたのは良いサービス。
今までのお店だと,火であぶっていなかったことから,当然のことながら時間が経つにつれカレーは冷たくなっていってたから。



サービス満点でした。
食前にはラッシーをサービスしていただき。
食事中はライスを追加でサービスしていただき。
ライスをサービスしてくれたおかげで,満腹になりました。
カレー屋で満腹になるなんてなかったので,このようなサービスには感激。
ラッシーに関しては,サモサの辛いソースを中和してくれるという,絶妙なバランス感覚をもった飲み物です。



最後に,
おいしいカレーを堪能できたのに,わけ分からん客がいたのが不愉快でした。
入店して開口一番。
俺,カレー苦手なんだよね。辛いのも苦手。」
親父がカレー嫌いで,家で食べなかったから。」
えっ!?
一瞬,耳を疑った。
香川県民にとって新宿は怖いところ。
いわゆるクスリも売ってると聞きます。
私はその類かと思ったわけです。
クスリのせいで,カレー屋に入ったのに,「カレーは苦手」と言っているんじゃないかと。
さらに続けるのは,ウエイターに聞いているわけですが,
「今から言うメニューの中で辛いのがあれば言ってください」
はっ???
カレーは辛いから,かれ~だと思うのですが。
コレほんと怖かった。
そのうち暴れてしまうんじゃないかと(この行はさすがにウソです。暴れるんじゃないかとは思ってません)。
それでも,客の頭は完全に疑った。
カレーが嫌いでカレー屋に入店。
辛いのが苦手なのにカレー屋に入店。
じ……,人智を超えている。



まぁ,性善説に立てば,
カレーが苦手なのを克服しに来た,と解釈することができます。
でも,
それをなにも本場のカレー屋でしなくても。
……と,やっぱり克服説は説得的じゃないですね。



またぜひとも行きたいお店です。

blogram投票ボタン

文房具

論述はジェットストリームで決まりなのだが,マークシートは何を使うか?
(あれ?ジェットストリームについて書いてなかった。まぁ,受験界じゃ,ジェットストリームは超有名だから書かなくてもいいか。)
当然ながら鉛筆なわけですが,ふつうの鉛筆でいいのか。
ジェットストリームのように書きやすいボールペンがあるわけだから,マークシート用の鉛筆はないのか?という初歩的な疑問がこの鉛筆に出合う出発点でした。
「検索」ってホント素晴らしいね。
要求した答えが即出てきた。

三菱・マークシート用鉛筆12本入り。
やっぱねぇ,そうだと思うよ。
マークする時間は最小限に抑えたいもの。
ならば,マークシート用の鉛筆が存在しなければいけない。
えらいねぇ,三菱。
あと,

トンボ製も。



私は「三菱」を買ったわけですが,どちらも一流のメーカーさんだから本質的には変わらないんだろうね。
濃くかつキレイにマークできるという点は。
マークシート用の鉛筆を買う目的はそこにあるわけだから,それは外せない。



書かなくてもいいかと思ったけど,自身がリフィルをすぐ買えるように書いとこ。
ジェットストリームのこと。
この書きやすさはたまらんね。
これまで万年筆を使ってたけど,その万年筆を使うのをやめたほど。
その万年筆,3万しただけあって書きやすかったわけだけど,何があるか分からないからね。
つまり,移動中とかに何らかの事故があり,ペン先が壊れたりと。
もう一本購入という意見もあるかもしれないけど,計6万だしねぇ。
そこで登場したのがジェットストリーム。
これも検索で知ったわけだけど,国際私法の先生も推薦しているって聞いて,ネットでの評判および先生の評判で購入することを決意したわけです。

これが本体なわけですが,また用があるかもしれないと思うのが,リフィル。
本体はカラーすべてつまり3本買ったんでね。
さすがに3本あれば十分でしょ。
そう,リフィル。

メール便で対応してくれる上限である40本買いました。
受験だけでなく,普段から使える書き心地なんでね。



科学や医療などは日々進歩してますが,文房具も同様です。
文房具はバカにできないからね。
悩むのは問題の内容にとどめて,マークや記述にストレスを感じたくない。

blogram投票ボタン

カマタマーレはFC東京を練習相手として扱い,FC東京も本気じゃなかった天皇杯2回戦。

昨日は試合内容を書いたけど,今日は試合外のことを。
味スタに入ろうとした瞬間から聞こえ出した讃岐弁。
懐かしき讃岐弁。
東京であんなにたくさん聞くことになるとは。
いや~,香川からお疲れ様です。
なんたって香川県民からしたら東京にいくなんて海外に行くのと同じ。
実際に,海を越えますから。



入り口ゲートを通り抜けると,見るのはカマタマーレのユニを着ている方々がなにやらチラシを配っていた。
カマタマーレ通信だった。
なるほど,観客に少しでもアピールということか。
しかし,私は後援会に入っているのでその号は当然持っていた。
4月号を配っていたのは,選手を紹介するためだろうね。



今回の味スタは2階席を使用しないやり方。
まぁ,天皇杯2回戦ですしね。
客が来ないのは分かっていましたから。
実際の入場者数は,7203人。
レッズの試合で1万人切るってことは絶対といっていいほどないことだから,なんか新鮮だった。
選手のコーチングが聞こえてきて。



さてさて,ここからが本題。
テーマは,カマタマーレ讃岐サポーターの応援スタイルです。
まずは,ウォーミングアップ終了後,一人の選手が控室に戻ろうとしていたのだが,彼を観客の一人が呼び止め,何やら話していたということ。
おいおい……。
試合前だろ,観客よ何話しかけてんだ?
それに選手も選手だ。
なんでそれに答えてんだ。
けっこう話してたぞ。
観客が一方的に声をかけたというレベルじゃないからな。
仮に,それが選手ではなくチームスタッフであっても同様である。
これから試合という戦争が始まるというときになぜ民間人と兵士は会話をできるのか。
何でもかんでも答えるというのがプロじゃないからな。
見えた課題は,第1に,選手とサポーターの距離。



次に,応援の仕方。
それはブーイングがなかったということ。
レッズの試合を見ていると,すさまじいブーイングを聞くのだが,カマタマーレのサポーターからはまったくブーイングを聞くことはなかった。
これがサポーターのスタイルかと思ったほど。
つまり,ブーイングをしないってことです。
天皇杯2回戦はたまたましなかったということなのかもしれない。
なんでブーイングをしないのだろうと思って,レッズのときはまったくブーイングをしない私が一人でブーイングしてました。
FC東京がアップのために入場してきたときや選手紹介のときに。
ホントまったくブーイングしませんね。
もっとも,FC東京も今回はブーイングをしていなかった。
超格下カマタマーレ讃岐ですもんね。
やる必要がないってこと。
応援自体も少なかったしね。
ところどころしか応援してなかった。
カマタマーレの話に戻して,と。
カマタマーレのサポーターは何人来てたんだろうね。
50人くらいかな。
実際に声を出してたのは10人くらい。
まぁ,その10人も小さい声だったけどね。
ホントにチームを勝たせる気があるのかと思うくらい。
実際,私一人の声の方が大きかった。
“伝統”がないから仕方がない。
サポーターがチームを勝利に導くという伝統が。
いや~,正直残念ですね。
そういった伝統を理解してもらうために,ぜひとも埼スタでレッズと戦ってほしかったのですが。
昨季のACLホーム・アルカディシア戦がブーイングの有効性を実に示している。
フィールダーはもちろんのこと,キーパーなんてビビりまくりで何度ミスキックをしたことか。
まぁ,ブーイングをしないということなら,それを貫き通してほしいですね。
あと,そうそう。
チャントに「四国」が入るのがあったけど。
「四国」は入れなくていいだろ。
「四国」ためにプレーしてるんじゃないんだから。
「香川」のためにプレーしてるんだから。



今回のMVPは,なんといっても平山相太選手です。
いかに彼が素晴らしいプレーをし続けたか。
赤嶺は嫌な選手なので,彼にボールを渡してほしくなかったところ,そのボールは平山へ。
そう平山へ渡ることを願っていたのです。
だって,外してくれるんだもの。
結果は,チームとして4点という圧勝なのに彼はチーム最多のシュート6本を打ったにもかかわらず0得点。
いかに彼がカマタマーレに貢献してくれたか。
シュートを打てばいいのに,パスをしてオフサイドにしてくれたり。
シュートを打てば打ったで,ナイスクリア!
他にもさまざまないいプレーを見せてくれましたが,平山相太という名選手がいたからこそ,カマタマーレは4失点ですみました。
ありがとう。



4失点。
4失点したけど,どれもFC東京の個人能力の高さからもたらされたもの。
ブルーノ・クアドロスなんてあのヘディングの高さは,地域・社会人リーグにあるわけがない。
あれはさすがに度肝を抜かれました。



FC東京サポの方々はホントにやさしい。
カマタマーレのグッズ(タオルやボールペンなど)を買って,カマタマーレの資金に貢献してくれるんだもの(まぁ,これもFC東京がカマタマーレを見下している証拠ですが)。
普通あり得ないわな。
他チームのグッズを買うなんて。
グッズを買う→チームの補強費になる,っていう構図があるんだから。
まぁ,購入者からしたら,募金みたいなもんだわな。
金額的にも。

羽中田さん……,実績を残せば名監督と呼ばれる可能性があり,その手腕が存分に発揮された試合。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦FC東京vsカマタマーレ讃岐戦

実績を残せば名監督と呼ばれる可能性がある羽中田さんは,FC東京を今週末の全国社会人サッカー選手権大会のための強化試合に使いました。
強くなるためには強い相手と戦うのが一番。
すべてはJFL昇格という目標を達成するため。
そういった狙いがはっきりと見えた試合でした。
前半と後半でまったくチームが変わったからです。
前半はというと,前線の選手は裏を狙うだけ。
メディアが好きなフォーメーションを用いて表現すると,4-1-5だったり,4-2-4だったりと,中盤にリンクマンがいないわけです。
そんなわけで,カマタマーレ対FC東京というかけっこ対決が繰り広げられました。
いかんせん結果は見えている。
個人能力でFC東京が負けるわけがないから。
ここでの羽中田さんの狙いは,カマタマーレの選手自身が,個々人の能力の低さを実感することでした。
個人じゃ強いチームに勝てない。
勝つには組織で戦うしかない,と。
それを実践したのが後半でした。
前半と同じようにカマタマーレはボールをDFラインに下げても,前線の選手は裏を狙おうとせず,前目のサイドの選手は下がってボールをもらおうという動き。
フムフム。
そのため,FC東京の得点は許さず,後半に限ってはカマタマーレだった得点チャンスという面で負けていませんでした。
“個”ではなく“組織”で戦う。
強い相手に1対1で勝てるわけがありません。
2対1,3対1というように数的優位のポジションどりにより展開しないと。
すべては名将羽中田さんの策だったわけです。
全国社会人サッカー選手権大会が楽しみです。
同じ力同士のチームが戦うとどういうサッカーになるのか。
私が行くかどうかは別として。



未来あるカマタマーレとは逆に,どうしたものかとレッズ。
ジャイアントキリングはサッカーの醍醐味ですが,よもやそれを実行されるとは。
FC松本山雅とは,カマタマーレが前述の全国社会人サッカー選手権大会で決勝に進めばあたります。
そうなれば,レッズの屈辱を晴らしてほしいものです。
まぁ,レッズの選手たちが悔しがっていないようなら話は別ですが。



一方のレッズレディース。
初優勝おめでとう!

言い訳は「SPAMメールフォルダに入っていたから」で十分か?

マンションの1階の冷蔵庫にあったグレープ100%のジュース。
グレープ好きにはたまらん100%がもたらす濃さ。
ということで,ガマンできずに,箱買いすることに。
う~ん,いつも買ってるのは炭酸だっただけに,100%果汁は初めて。
グレープ100%はどこが安いのだか……?
ある店を選択し,注文した。

注文した翌日の金曜日に,「発送手続に入りました」のメール。
うんうん,早いねぇ。
土曜日には届くかな,遅くとも日曜日か。
……と思っていたのだが,次週の木曜日(つまり,1週間待ちました)になっても商品は届かない。
えぇ,店にメールを送りましたよ。



25日(金)の時点で「本日発送手続きを行」っているにもかかわらず,いまだに商品は届きません。
既に発送しているのでしょうか。
それともまだ発送していないのでしょうか。



……と。
そしたら,翌日には「発送しました」とのメール。
やっとか,やっと発送したか。
「発送準備中」というレベルの話ではなく,「発送」したとのこと。
商品を発送しているか問い合わせをしてみたら,翌日には「発送」メール。
ううむ,このままおとなしく引き下がるわけにはいかなさそうです。
というわけで,商品が到着後のメール。



質問なのですが,商品の発送があまりにも遅いので,一度その問い合わせをしたことがあります。
その問い合わせをしたところ,すぐに商品が発送したとのメールがきました。
私が問い合わせをしたのちに,発送されたのがすぐだったのは単なる偶然なのでしょうか。
それとも,商品の発送を失念されていたのでしょうか。



このメールに対し,店側の返信は↓



大変申し訳ございません。商品が欠品中でしたので発送が遅れてしまいました。
メールをお送りいただいてようですが只今、確認いたしました。
なぜかSPAMフォルダに入っていまして気づきませんでした。
欠品のお知らせのメールを当方が怠ったのがお客様に不安感を与えまして大変申し訳ございません。




……とのこと。
いや~,怒る気にもなりませんな。
2点。
①商品は欠品中
②私の問い合わせメールはSPAMフォルダに入っていた



まず,①について。
普通の店なら,少なくともこれまで取引してきた店なら,商品の到着が遅れるというメールを送ってくるのが通常。
さらに,欠品中なら,サイトにそれを掲載しているもの。
それを注文後に言うなんてね。



次に,②について。
いや~,ネットの発達は我々にさまざまなものをもたらしたけど,エクスキュースももたらしていたとは。
こういうとき,便利でいいね。
「SPAMフォルダに入ってました」って言えばいいんだから。
仮に,これが真実だとしても,1日に1回ぐらいSPAMフォルダを見るもんだろ。
素人の私がまさに見てるんだから。
SPAMフォルダって完璧じゃないからね。
普通のメールがそこに入ることもある。
だから,フォルダがあるからってそこに入るのはSPAMメールだけじゃない。
この程度のこと,ネットを利用するものなら最低限の心がけ。
これができないでなぜ商売ができるんだ。



「怒る気になれない」と書いたのは,いずれこの店が消えるのが目に見えているから(ここまでの文面で,十分に怒ってるな)。
こんな対応で店が続くわけがない。
やっぱね,たくさん店はあっていいとおもいますよ。
淘汰。
バカ店は消えていけばいいんです。
プロが生き残れば。
この論理は,ある業界にも言えますけどね。
その業界の人間が今よりも増えれば,普通未満の人間は淘汰され,普通以上の人間が生き残る。
その結果,国民にこれまで以上のサービスが行き届く。
昨今では,なぜか競争原理の“負”ばかりが強調(誇張?)されるけど,メリットもあります。
特に,人生を左右するサービスをしてるんだからなおさらです。

カマタマーレ讃岐から送られてきた「天皇杯二回戦のご案内」

と題するはがきが送られてきた。
いつもは会報誌が封筒で送られてくるんでね。
今回は一体なんだろうと思ったわけです。



内容としては,
・天皇杯一回戦でSC鳥取ドリームスを破ったこと
・二回戦は味の素スタジアムでFC東京と対戦すること
これについては,文中に
「つきましたは,ぜひ皆さまお誘いあわせの上,観戦にお越しいただければ幸いに存じます。日ごろは関東からご声援を送ってくださっている皆様の前で,カマタマーレらしいサッカーをお見せできればと思っております。」
と。
フムフム。
毎日HPをチェックしてるんでね。
一回戦を突破していたことは知っていたし,2回戦は味スタでFC東京とやることも知っていた。
だから,チケットは当然買ってますよ。
私だってカマタマーレのサッカーを見たいですからね。
後援会費の1万円というお金だけ出すのは嫌なので。
「日ごろは関東からご声援を送ってくださっている皆様の前で,カマタマーレらしいサッカーをお見せできればと思っております。」
ということは,このはがきって,関東だけに送られてるみたいですね。
まぁ,現実問題として,観戦に行けるのは関東在住が大半だろうし。
オフィシャルで天皇杯2回戦(vsFC東京)応援バスツアーのお知らせをしてるけど。



相手はFC東京。
幸いと言っていいか分からんけど,好調の石川直ちゃんは代表召集中だから試合には出ない。
徳永および長友という両SBもいない。
蓋になる今野も。
主軸がいないといっても,気になるのはカマタマーレのモチベーション。
四国サッカーリーグは2位で終えてしまったからな。
昨季は1位だったのに。
どういうモチベーションで来るのかね。
J1のチームに挑戦してくるか。
FC東京からすれば相手は,たかだか社会人リーグのチーム。
そこには必ず油断が生じる。
自身が「油断していない」と思っていても。
分かるなぁ,サッカーが「究極の心理ゲーム」と湯浅先生が言うことが。
それにトーナメント。
カマタマーレが勝つ可能性が0%だとは思えない。
たとえば,試合開始時からFC東京DF陣に(つまり,前から)ハイプレッシャーをかけてほしいね。
うまくいけばミスを誘発できるかもしれない。
さまざまな要素がふくざつ~に絡まって,素晴らしいゲームを期待しましょう。
なんたって,監督は羽中田さんだからね。

村松さんがバルセロナを留学地に選んだ要素に「羽中田さんがバルセロナに行っていた」というのを挙げていたほど。
つまり,羽中田さんはバルセロナでコーチングを学んできた以上,楽しいサッカーを期待せずにはいられないのです。
そりゃあ,J1よりプレースピード,シンキングスピードおよびボールスピードなどさまざまなスピードが違うでしょうよ。
それでも,やりたいサッカーというのは見られるはずなんでね。
事実,はがきには前述したように,「カマタマーレらしいサッカーをお見せできればと思っております。」と書かれてた。
そうなれば当然,気合が入るってもんです。

ジャイアントキリングを期待しましょう。





レッズは,まぁ大丈夫でしょ。
松本山雅FCとですが。
若手を多く使えば。
若手だと一生懸命さから相手をなめるというのが,減退するだろうし。

台風一過

台風一過っていうけど,久しぶりにそれを感じた。
台風が直撃するなんてこと滅多にないから。
朝起きて,風も雨も強かった。
これでも授業はあるのかと思い,大学のHPを見てみると,見事に「本日(10月8日)の授業は平常通り行います。
大学は学生を殺す気かっ!って思ったけど,たしかに晴れてる。
天気図だとまだ暴風圏内なのに。
これが“目”ってやつか。
と思ったら,10時以降ずっと晴れ。
分からん,わけ分からん,天気。



授業は午後からだからまだ良かったけど,午前から授業があった学生は大変だなぁと思って学校に行ってみると,学部生がたくさんいて驚き。
けっこう真面目なのね皆さん。



それにしても,台風が通り過ぎたあとは,良い天気だった。
台風があったなんてうそみたいだけど,しっかりその痕跡は残してるしな。
木が折れたり,地面が陥没したり。





アジアカップ香港戦。
試合があったのね。
たしかに,台風で延期か?のようなことを聞いた気がする。
キリンカップを放送するより,一応公式戦のこっちを放送した方がまだ面白いと思うけどなぁ。
なんでNHKBS1だけなんだろうね。
日本代表のサッカーじゃ視聴率取れないから仕方ないか。

思い返すのは,マリノスには勝負には負けるし,デザインセンスでも負けてたということ。

名将木村監督にレッズは完敗だったことは,レビューで書いたけど,書き忘れてたことが1点。
それは,マリノスには勝負には負けたし,デザインセンスでも負けていたって事が発覚したこと。



今でこそレッズでは女性用バッグが発売されるなど,女性を取り込む=デザインが洗練されようとしている。
そう,私は2007年からレッズを見させてもらっているが,当時はホントにデザインがひどかった。
誰がこんなの使うんだ?と思うぐらいに。
そういった中での2009年。
前述のようにレッズも改善されてるなぁとホット胸をなでおろしていたときの衝撃。
それがマリノス戦の帰りにあった。
つまらんミスからの失点で意気消沈しているところでの追撃。
さすがマリノス!
帰りも素直に帰してもらえないなんて。




マリノスサポーターが,私が見たのはこのバッグとは違う色であるベージュを持っていたのだが,一瞬にして目を奪われた。
見事にみんなベージュ。
そこら中,活き活きとしたベージュ一色。
そりゃそうだ。
遠目には,

cherのバッグにそっくりなんだから。
す,すげぇ。
さすが横浜,おしゃれだ。
埼玉とは違う。
権利的にいいのかどうか分からないが,cherに似たバッグを作るなんて……。
勝負に負けてデザインでも負けた。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

講義「中国ビジネスロー」の感想

第1回目の授業を終えたわけだけど,非常に興味深かったね。
なんたって中国人が中国を語るんだから,これほど説得力のあることはない。
それに,右翼としては,中国人が中国の批判とも受けとめかねない発言を聞いているとこれほど心地よいことはない。
なんたって先生ご自身がおっしゃってたことだが,公に共産党を批判しただけ(テロの準備をしているならまだしも!)で「国家転覆罪」で逮捕される国。
こういう国のことを学べる機会なんて滅多にない。
法科大学院で初めて「あたり!」といえる授業に巡り合えたのかもしれない。



ただ,うらやましいのは1982年に憲法を制定して以来,現在に至るまで4回も改正をしているということ。
これは日本人からすればうらやましい。
共産党員が(自分のためもあるかもしれないけど),改正に着手してるんだから。
日本とは大違いだわ。
右翼としてこの発言はあんまりよろしくないかな(笑)



こういうの(=知識と教養になる)聞いてると,(年取ってまた大学行きたいと思っているのだけど)そのときは今回のように純粋に学問を楽しみたいね。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ
にほんブログ村

そろそろお日さまを見たいねぇ。
梅雨じゃあるまいし。
さらに,台風も直撃するっていうし。

ねぎ塩?柚子コショウ?

ねぎ好きとしては,以前から買おうと思っていたからあげクン「ねぎ塩味」。
オフィシャルによると,「やきとり」の「ねぎま」をイメージしたからあげクン。
ねぎと塩の風味でさっぱりした味わいです。
とのこと。
早速買ったわけです。
店員は商品を取り出したのに,商品名を私に確認してきた。
……???
「ねぎ塩味です。」と伝えると,店員は困惑している顔。
よく見ると,「ねぎ塩」のところにあるからあげクンの袋が「柚子コショウ」になっているのだ。
ねぎ塩or柚子コショウ



頭はすっきりとしないまま(そりゃそうだ,「ねぎ塩」を買ったんだか,「柚子コショウ」を買ったんだか分からないんだから),帰宅。
正直,味がよく分からん。
たぶん塩の味はしてたはず。
うん,そんな感じはする。
頭が混乱していたため,舌も混乱していたみたいです。
パッケージが「柚子コショウ」になっていると,視覚効果で舌まで「柚子コショウ」に感じてしまう。
これ,非常に舌に良くない。
舌がバカになりそう。



ウソのようでホントにあった話でした。
一体どの店員が「ねぎ塩」を「柚子コショウ」の袋に入れたんだか。
まぁ,たしかに,「ねぎ塩」と「柚子コショウ」は同じような緑色の袋なんでね取り違えてもしょうがないか(あれ?怒らないの?)。
柚子コショウは期間限定。
余った袋を間違えて使ったか。
対応してくれたのは研修中の店員なので,きっといい経験になったでしょう。
と言いつつ,絶対と言っていいほど,もうないだろ,こんなこと。

保険ブーム?

クレジットカードを何枚か持っているのだが,ここのところカード会社からの封書が複数舞い込んできた。
しかも,どれも同じ内容で。
その内容とは,カード会社が保険料を負担することから,私は無料で保険に加入できる,というやつだ。
そういえば,何年か前にも同じような案内が来てたな。
あれはライフカードからだった。
今回も,ライフカードからも来たが,他に,三井住友やりそなカードからも。
以前は,ライフカードからだけだったけど,計3社から来たとなると,今って,無料保険ブーム?と勘繰りたくなるもの。
それとも,単に年齢的な問題?

非嫡出子:相続規定、最高裁が合憲決定

婚姻していない男女の間に生まれた「非嫡出子」の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定の合憲性が争われた審判で、
最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は9月30日付の決定で
「法の下の平等を定めた憲法14条に違反しない」
と判断し、
非嫡出子側の特別抗告を棄却した。

決定は4裁判官中3人の多数意見で、
判例を踏襲した。
今井功裁判官は
「子の出生に責任があるのは被相続人で、
非嫡出子には何の責任もない。
規定は違憲」
と反対意見を述べた。
合憲とした竹内行夫裁判官も
「相続時は合憲だが、
社会情勢は変化し、
現時点では違憲の疑いが極めて強い」
と補足意見を述べた。

非嫡出子の相続差別を巡っては、
95年の最高裁大法廷決定が初の合憲判断を示したが、
15人中5人が
「違憲」
とした。
03~04年の計3件の小法廷判決は、
いずれも裁判官5人の意見が3対2で合憲となる小差の判断が続き、
最高裁の新たな判断が注目されていた。

法制審議会は96年に相続差別の解消を盛り込んだ民法改正案を答申したが、
一部議員に反対が強く法案の国会提出は見送られている。
非嫡出子の出生割合は00年の1.63%から06年は2.11%に増加し、
海外も相続の平等が大勢。
竹内裁判官は国会に改正を強く求め、
今井裁判官は
「立法を待つことは許されない時期に至っている」
とまで指摘した。
千葉景子法相は改正法案の早期提出に意欲を示している。

審判では、
00年に死亡した沖縄県の父親の相続について、
非嫡出子側が平等な遺産分割を求め、
嫡出子側は民法規定通りの配分を求めた。
那覇家裁名護支部と福岡高裁那覇支部はともに嫡出子側の主張を認めた。

(毎日jp)
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク