FC2ブログ

選挙

選挙に行ってきました。
暑いとイヤなので,8時に行きました。
思い返せば,そんなに早く行くのは初めて。
案外,人が多いのかなぁと思っていって見ると,たしかに,普段より人がいますね。
そうそう,この時間ってけっこう涼しいんですね。
入院してこの時間に外に出ることがなかったので。



ご時勢を反映して,投票所で入り口には,手に刷り込むタイプの消毒液があった。
それを使用しなかったが,帰宅してしっかり手洗い動いをしときました。



選挙の話に戻して。
小選挙区・比例区ともに,民主党候補者・民主党に投票。
民主党支持者ではないんですがね。
まぁ,政権交代してみるのも面白いかと思って。



あと,国民審査。
ひょっとしたら知っているかもしれない,一人一票実現国民会議の存在。
なかなか面白いサイト。新聞にも載ってたしね。
「一票の不平等を定める公職選挙法は、憲法に違反せず有効である」
との意見を示している裁判官は、下記2名。
那須弘平裁判官、涌井紀夫裁判官。
彼らに,×をつけさせていただきました。



果たして結果は……?
スポンサーサイト



最高裁 会食費の文書非開示は違法 国側の敗訴確定

在米日本大使館が訪米した国会議員と会食した際の費用をめぐり、
特定非営利活動法人(NPO法人)「情報公開市民センター」(東京)が関連文書の存否を回答せずに開示しなかった国の処分取り消しを求めた訴訟の上告審で、
最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は28日、
国側の上告を受理しない決定をした。
センター側の請求を認め、
国の非開示処分を違法とした1、2審判決が確定した。

1、2審判決によると、
民主党参院議員が平成12年2月に訪米した際の会食費について、
センターが外務省に関連文書の開示を請求したが、
18年6月「個別具体的な外交活動の情報」として拒否された。

(産経ニュース)

1票の格差:来月30日に最高裁判決 07年参院選

選挙区間の「1票の格差」が最大4.86倍だった07年7月の参院選を巡り、
東京と神奈川の弁護士が両都県選管を相手に選挙無効を求めた訴訟の上告審で、
最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は28日、
判決期日を9月30日に指定した。
原告側は
「不平等状態は違憲で是正すべきだ」
と主張、
選管側は
「判例上4.86倍は合憲」
と反論している。

(毎日jp)

「張り紙で家賃督促は不法行為」大阪簡裁判決

支払い済みの家賃を未納とされ、
玄関ドアに退去を迫る文書を張り付けられて居住権を侵害されたとして、
兵庫県宝塚市の借り主が家賃保証会社に慰謝料など計120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、
大阪簡裁であった。
山本晃與(あきよし)裁判官は張り紙による督促を不法行為と認定し、
同社に20万円の支払いを命じた。

支援団体「全国追い出し屋対策会議」事務局長で、
原告代理人の堀泰夫司法書士は
「業界に追い出し行為の禁止を迫る判決で、
抑止効果が期待できる」
と評価している。

原告は元飲食店アルバイトの女性(28)、
被告は「日本セーフティー」(大阪市)。

判決によると、
女性は05年、
賃料10万5千円のマンションに入居。
その際、
同社を連帯保証人とする保証委託契約を結んだ。
体調を崩して入院し、
08年8月以降の家賃を滞納。
同社が家主側に家賃を立て替えたが、
女性は同10月中に完納した。

だが同社従業員は同11月、
女性宅の玄関ドアに
「あらゆる強制手段を行使してでも、
貴殿の債務を全額回収致します。
その折には、
貴殿の交渉には一切応じられません」
と記した催告書などを張り付けた。

判決は催告書について
「原告が心理的圧迫を受け、
日々不安な生活を送らざるを得ないのは明らか」
と指摘。
「文言は決して穏当なものでなく、
社会的相当性を著しく逸脱したものだ」
と批判した。

同社は
「判決文を見ていないのでコメントできない」
としている。

(asahi.com)

崩せずにゴール。Jリーグ ディビジョン1 第24節 ヴィッセル神戸

“夏”ということであきらめてしまっていいのだろうか。
開幕当初から比べれば明らかに,ヨセが遅くなってきている。守備にしろ攻撃にしろ。
それを“夏”という単語で思考停止にしてしまっていいかどうかは別問題。
Jは“夏”に行われるのは分かっているわけで,その準備はできたはず。
見事なほどまでの“夏”での停滞。
まぁ,フィンケは言ってましたからね。
夏の対処法は来年聞いてくれと。
今年,夏を過ごすから,来年聞いてくれと。
このまま打つ手はないのか。
涼しくなるまで待つしかないのか。
今節のゴールにしても,個人能力の高さから決めれたもの。
チームで崩して決めたものではない。



ふぅ……。
何を書くべきかここまで迷うのを珍しい。
整理できないんですよねぇ。



2週間の中断期間でできること?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

戻ってきました!

どこから戻ってきたかというと,草加市立病院。
入院・手術をしてきたため,1週間ほど休ませていただきました。
病名は,痔瘻。
近くの病院で渡されたパンフレットによると,
肛門の奥から細菌が入って,肛門周囲が化膿したものが肛門周囲膿瘍です。
膿瘍が破れるか切開して肛門の奥と交通した管ができたものが痔瘻です。
肛門周囲膿瘍は痛みが強く,膿が多くなると熱も出ますから,切開が必要です。
また,痔瘻は薬では治らず,化膿を繰り返し長い間には複雑化したり,がん化することもありますので,手術が必要です。



膿が出始めたのは今年の7月。
何かな~と思って調べたら(正確には,調べてもらったら),今回の病気に思い至ったのです。
がん化したり,手術でしか治せないというので,すぐに近くの病院に行きました。
そこから草加市立病院を紹介され,この度,入院・手術をしてきました。
簡単な手術で30分で終わりましたが,なかなか治りません。
箇所が出血したり,痛みもあり。
今はそこに女性用生理ナプキンをあて,なんとか暮らしてるっていう状況です。
そのため,外出もままならないという状況。
なんとか9月13日モンテディオ戦には間に合わせたいと思っているのですが,ひょっとしたら,9月27日マリノス戦になるかもしれません。



いや~,久々の入院&手術でしたが,現在の病院ってすごいですね。
患者一人ひとりに貸し出されるテレビがVIERAだなんて。
ブラウン管ではなく,VIERA。
VIERAにもかかわらず,テレビを見るにはテレビ用カードが必要で,1000円で1500分見られるという仕組み。
豪勢なんだか,ケチなんだかよく分からんテレビをめぐる仕組み。



団体部屋ではなく,個室を利用したので,普段どおりに生活できました。
勉強したり,読書をしたり。
2冊本を読んだので,また後日その感想を書きたいと思います。



今回手術に踏み切ったのはすべて来年のため。
些細なことで来年の邪魔をしたくないので。
術後になりましたが,報告させていただきました。





ここ何試合か闘莉王でしか点を取れていなかったわけだが,その闘莉王は出場停止だからすごく楽しみ。
個ではなく組織で戦え。

お知らせ

7日~10日ほど休ませていただきます。
それではまた!

フランサのシュートを楽しみにしたゲーム。 Jリーグ ディビジョン1 第22節 柏レイソル

昨季,ロスタイム,永井のゴールで勝ったと思ったら,あっさりカウンターで同点に。
その同点のゴールを奪ったのがフランサだった。
シュート回転のシュート(ややこしい表現)。
このゴールを目の前で決められた(これは南ゴール裏で観るものの特権)日にゃ,どうしてもフランサが気になってしまう。
今でも,テレビじゃ,フランサの紹介をするときはこのゴールが扱われる。
さて,今日の試合も決めてくれるのか。
フランサほど,途中出場の怖い選手はいない。
先発ならあまり気にすることはないだろう。
ペース配分を気にして,“本気”のプレーを見せてくれるのは数少ないだろうから。
ところが,途中出場ならそのプレーを何回も見せてくれる。
まるで,“俺のプレーを観てくれ”と言わんばかりに。
そう,フランサと言えば,テクニックを誇示したドリ,パスそしてシュートだと思っていた。
しかし,今節は違った。
ボールをもらうためにスペースを作り走り込むし,ディフェンスにも戻っていた。
あのフランサが。
ネルシーニョは何をしたんだ?
フランサの動きが明らかに変わった。
フランサが成長し,こうなればシュートも怖くなるところだが,昨季に続いて見事なゴール。
都築の中途半端な位置取りを見越して上を狙ったシュート。
助っ人といえば,最近ではアフリカ人にスポットライトを当てがちだけど,やはりテクニックじゃブラジル人には勝てない。
ミスターポポにしても同様。
あの2点目のシュートは誰も予想できなかったはず。
両ブラジル人が,助っ人輸出国No.1を顕示するかのようなゴールだった。



チームに相性は関係ないと思っている。
この点は,名波さんが明言している。
私もそう思うのだが,戦術には相性はある。
今季からレッズはポゼッションサッカーのもとパスをまわしながらゴールを狙う。
一方のレイソルは,ネルシーニョが就任し,守備をしっかりとしカウンターを狙うことに。
前がかりになったレッズに,レイソルはアントラーズを思わせるカウンターで勝利を奪っていった。
たしかに両チームとも共通点はある。
マルキーニョスとポポまたはフランサの存在である。
彼らがゴールへと誘う。
まだ決まってないようだね。
そういうカウンターチームに対して,レッズがどうするか。



これまでは戦術論を書いてきたが,1失点目は戦術云々ではない。
教科書を少し応用したワンツー。
そのワンツーに誰もついていこうとしないレッズDF陣。
さらに前述のフランサのシュートに対しては,寄せが遅かった。
あのフランサに対してだ。



レッズのゴールはコーナーキックからのみ。
そりゃそうだ。
レイソルを崩すことができないんだから。
それでも,今節は,セルが動いてたからなぁ。
ボールをもらうために。
こういうちょっとした改善が観られるとうれしくなるね。
少しずつ前進しているのかと思うと。



フィンケがとうとう謝った。
今まで謝ってこなかった人間が。
こりゃフィンケを擁護しないと,とんでもない方向へ行ってしまうぞ。
どうかメディアの皆さん,ウソを書かないでください。
批判をしないでください。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

しばらくレッズの試合を観られない予定だから,良い内容を見せてもらいたかったんだけどね。

闘莉王,初の公式サイト開設

メディアに出たがりの闘莉王。
とうとう自分で言うようになったか。
そう,公式HPを立ち上げたのである。
これを知ってすごく楽しみだった。
いつもはメディアを通すから,歪曲される。
ということで,見てみた。
トゥーリオ「鉄壁」by田中マルクス闘莉王
まず,ごあいさつを読んでビックリ。
えっ!?
インタビュー連載?
自分で,自分の意見を書くんじゃないってわけか。
こりゃ,正直がっかりだ。
普通の雑誌と変わらないじゃないか。
内容だって,ずいぶん前のこと。
2か月前か。
まだ懲りてないのか。
まだ分かってないのか。
メディアを通せば,自分の意見は自分の意見ではなくなるということに。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

Jリーグにはやはり適正手続がないのか。7/29(水)清水戦のトラブルについて

7月29日(水)Jリーグヤマザキナビスコカップ・準々決勝第2戦「清水エスパルスvs浦和レッズ」において試合中、広告看板を隠す行為があった。この行為を行った5名に対し、クラブは下記の処分を決定した。
<処分内容>
8月2日から10月11日に開催されるホームゲーム(天皇杯2回戦を含む)5試合への入場禁止。この期間のアウェイゲームも含む。
<対象試合>
1.Jリーグ第20節:8月2日浦和レッズvs清水エスパルス(埼玉)
2.Jリーグ第21節:8月15日ガンバ大阪vs浦和レッズ(万博)
3.Jリーグ第22節:8月19日浦和レッズvs柏レイソル(埼玉)
4.Jリーグ第23節:8月22日サンフレッチェ広島vs浦和レッズ(広島ビ)
5.Jリーグ第24節:8月29日ヴィッセル神戸vs浦和レッズ(ホムスタ)
6.Jリーグ第25節:9月13日浦和レッズvsモンテディオ山形(埼玉)
7.Jリーグ第26節:9月19日川崎フロンターレvs浦和レッズ(等々力)
8.Jリーグ第27節:9月27日浦和レッズvs横浜F・マリノス(埼玉)
9.Jリーグ第28節:10月3日浦和レッズvsジェフ千葉(埼玉)
10.第89回天皇杯2回戦:10月11日浦和レッズvs対戦相手未定(松本)



ホームゲームだけでなく,アウェーゲームも含まれるから実質10試合の入場禁止措置。
広告看板を隠す行為に対して何らかの措置をするのは当然のこと。
スポンサーがいるからこそ,ゲームをできるのだから。
以前までは入場禁止措置について,どうやってその人物を特定するのかを問題としていた(係員がその人物の写真を持つのかなど)けど,今回は適正手続きという観点から。



前述したように,ホームゲームだけでなく,アウェーゲームも含まれるから実質10試合の入場禁止措置。
Jリーグ規約
第51条〔Jクラブの責任〕
① ホームクラブは,選手,チームスタッフ,実行委員,運営担当,広報担当,審判員および観客等の安全を確保する義務を負う。
② ホームクラブは,観客が試合の前後および試合中において秩序ある適切な態度を保持するよう努める義務を負う。
③ ホームクラブは,前2項の義務の遂行を妨げる観客等に対して,その入場を制限し,または即刻退去させる等,適切な措置を講ずる義務を負う。



Jリーグ規約第51条第3項に抵触したということだろう(適用条項を示していない時点で,既に問題だが)。
たしかに,これによれば,広告看板を隠したということで,同項により,広告看板を隠す行為は,秩序ある適切な態度ではないとして,入場を禁止することができる。
しかし,試合数制限の基準がまったく示されていない。
○○をやったら,××試合入場禁止など。
それとも,どこかには書かれているのだろうか。
または,クラブだけがその基準を把握しているのだろうか。
どちらにしろ,被処分者からはまったくその基準を把握できず,反論の仕様がない。
入場禁止処分をかす前に,Jリーグはおそらく広告を隠した人間から聴取したでしょう。
しかし,処分が下ったあと,それを不服として,何らかの対処,具体的には裁判所に訴えることはできないのだろうか。



これを書いて思い出すのは,昨年,埼スタでのガンバ戦。
「Jリーグからの制裁について」からみる適用違憲と165条の無効
このとき書いたのは,Jリーグ規約165条の非民主的条項。
第165条〔最終的拘束力〕
チェアマンの下す決定はJリーグにおいて最終のものであり,当事者およびJリーグに所属するすべての団体および個人はこれに拘束され,チェアマンの決定を不服として裁判所その他の第三者に訴えることはできない。



チェアマンというトップが処分を下し,その後は不服申し立てができず非民主的というのなら,
下部とは言わないが,
Jリーグを構成するクラブが下した処分後も,不服申し立てができないという非民主的であろうか。
「冤罪」は十分に起こりうるからねぇ。
目立ちたいがために,やってもいない行為をやったと言う。
気付いたときには,ゲームを観られなくなっていた。
こういう人間は自業自得だから保護しなくて良いといえばそれまでなのですが,
上記の極端な例ではなくても,
不服申し立て手段を存在させることが,真の民主主義といえるのではないでしょうか。
百年構想と謳うのであれば,適正手続を!
このままでは,Jは続かない。
独裁はやがて潰れるのだよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

エアコンのフィルター

フィルターの掃除をしないと,エアコンの効きが悪くなるとは聞いてるけど,実際にそうなったことはない。
毎週掃除をしているからだ。
そこで,知的探究心としては,掃除をしないとフィルターは汚くなるのか?ということ。
ということで,7月末は定期テストもあったことだし,その間約1か月,掃除をしませんでした。
すると・・・・・・!!!
フィルタ
???
左は何?
羽毛?
いえいえ,ほこりがたまりこうなったようです。
なるほど,掃除しないとこうなるんですね。
それでも,毎週必要かなぁ?



掃除をしたその日。
背筋が筋肉痛に。
次の日は,それに加え,腕周辺&太ももの筋肉も。
そりゃそうだな。
ペットボトル飲料500ml×24本が6セットあり,他にもいろいろダンボールを動かして掃除。
ペットボトルだけで72kg。
これじゃ筋トレだな。
そりゃ筋肉痛になるわ。

けが人以外が奮起せよ! Jリーグ ディビジョン1 第21節 ガンバ大阪

ボールをまわせるけど,シュートにいけない。
これを何度聞いたことか,それを今節も聞くことになった。
バンという結果を出せる選手がベンチにいると心強い。
ただ,バンはループを打ったあと,あきらめてたけどね(笑)
これを気付いたアフターゲームショーの野々村さんはエラいっ!



オフィシャルによれば,フィンケは,ゴールが入らないのは疲労のせいにしていた。
しかし,今節は2週間ぶりの試合で数日間のオフも十分にあった。
それなのにゴールできず。
まぁ,ゴールなんて運もあるから,そこまで気にしてませんが,より気にするのは直輝をスタメンで使ったこと。オフィシャルの前日コメントで,とても大きな『?』マークがポンテ、闘莉王、山田直輝についたと言っていたにもかかわらず,直輝をスタメンで使った。
?マークがつく選手をスタメンで使う。
フィンケが就任するとき,言っていたのは,「コンディションが万全な選手を使う」ということ。
にもかかわらず……。
直輝のように,わけのわからない代表戦や(ケガで辞退したけど)オールスターに選出される若手の選手にはきちんと休養を与えなければいけない。
体ができておらず,1年同じプレーを要求するのは無理なんだから。
長く輝き続ける星になるためにも,目先の試合にとらわれてはいけない。
しかも,直輝の代わりに入ったのは同じ?マークのポンテ。
というより,?マークが全員出場。
コンディションが万全な選手ばかりが出てるな。
とすると,フィンケの中で,ファーストチョイスは,ポンテ,直輝そして闘莉王。
他の選手が奮起しないと。
コンディションが万全じゃない人間に負けてるんだから。



ウメの復帰は喜ばしいこと。
ブログで超サイヤ人にしたのは知っていたが,そのままで出てきたか。
いえ,出場する頃に黒に戻すのかと思っていたもので。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

純輝の笑顔を見られたのが今節一番良かったことかな。
レッズのゲームじゃ見られなかったんでね。
着実に試合経験を積んでますね,高崎も同様に。

『救命病棟24時』第4シリーズ 放送開始

江口さんの事故で遅れていた『救命病棟24時』第4シリーズの放送がとうとう始まった。
以前と比べればまったくと言っていいほどドラマを見なくなったけど,これだけは見なくちゃ『救命病棟24時』。



内容の一つとして,
何かあれば「訴訟」を口にする患者,いわゆるモンスターペイシャントの存在が挙げられる。
小島先生を訴えたのもモンスターペイシャントと言っていいだろう。
たしかに,脳外科が手一杯にもかかわらず,受け入れてしまった。
しかし,小島先生があの患者を受け入れなければ,さらにたらい回しにされていた。
う~ん,難しいねぇ。
患者の親の気持ちは分かるし,
といっても,
あのときはああせざるを得なかったわけだし。
医療訴訟を担当する弁護士ってホント大変だと実感。
医療を分かっていなければいけないんだから。
普通の人じゃ無理だな。
これを打破するために?
医者が弁護士になる。
単に医師免許を持っているだけではなく,ある程度の腕を持った医者でないといけないし。
ある程度の腕を持つ医者が弁護士になろうとするか。
そもそも,これからは予備試験のルートがあるにせよ,ローだとすごく金がかかるわけで,そんな費用をかけてまで弁護士になりたいものかな。



医療の現場では,モンスターペイシャントは「訴訟」を口にする。
では,弁護士の場合は?
「訴訟」を訴訟の専門家の弁護士に言ってもねぇ。
はしもっちゃんのおかげで国民が覚えた「懲戒請求」を口にするのかな?



もう一つ楽しみなのが。
サウンドトラック。
いいねぇ~,オープニング。
こりゃ買いです。
今回から担当が,佐橋俊彦さんから吉俣良さんへ。

HOLY HOPES

以前から,監督の仕事として,戦術を考えることも大事だが,選手の心理マネージメントも大切だと書いてきた。
それが今回顕著に出たといっていいだろう。
今は埼玉県民なのでこのカードを見たが,高校野球の聖望学園と都城商である。
双方のピッチャーが力があるといわれる中,投手戦になるかと思われたが,1回に4点を聖望学園はとられてしまった。
ここに,心理マネージメントの重要さが出ているのである。
高校生という年齢ながら満員という甲子園。
緊張なり動揺しないわけがない。
そういう状況で普段の力を出せるわけがない。
選手個人を攻めるべきではなく,監督はその責任を負わなければいけない。
明らかに心理マネージメントミスである。
心理マネージメントをせずしてどうして監督と呼べようか。



まぁ,ここまで書いたけど,ホントに書きたかったことは下記です。
聖望学園のユニの左肩を見てびっくり。
HOLY HOPES
と書いているではありませんかっ!
聖(HOLY)望(HOPES)
デザインした人は何を考えてるんでしょうね。



以前お話した心理マネージメントの重要性を出したのは,これを書きたかったらだったのでした。
えぇ,最初真面目な話しをして,後はどうでもいい話を書きたかったんです。

レッズ,オリジナルゴーフレット新発売!

8月11日に,オフィシャルで発表されたこと。
それは,
新しく、浦和レッズオリジナルゴーフレット、オリジナルミニ缶とオリジナルBOXの2種類を発売したということ。
パッケージデザインは、埼玉スタジアムのゴール裏をそのままデザインに採用。
さくさくまろやかな口あたりのゴーフレットとのこと。
バニラ、ストロベリー、チョコレートの3種類。
レッドボルテージ、レッズゲートで好評発売中。
埼玉スタジアムホームゲームグッズ売店でも販売。
◆オリジナルゴーフレット・ミニ缶(6枚入)価格:525円
◆オリジナルゴーフレット・オリジナルBOX(18枚入り)価格1,050円
(税込み)



これまで,クッキーは売っていて,もらったことはあるけど,買ったことはなかった。
それが今回から,ゴーフレット。
ここで疑問。
ゴーフレットって初めて聞いたので調べてみた。
見てみると,ゴーフレットってゴーフルのこと?という新たな疑問が生まれた。
さらに調べた。
すると,風月堂のWikipediaに書かれていた。
それによると,
ゴーフルと似た菓子にゴーフレット(仏:gaufrette、「小さいゴーフル」の意)がある。 文字通り直径7cmほどの小型のゴーフルを意味するほか、葉巻状に巻いたゴーフルの中にクリームやジャムなどを詰めたもののことを指す場合もある。
とのこと。
なるほど,ゴーフレットって,ゴーフルの小さいバージョンか。
ゴーフルは嫌いじゃないんでね,買ってみたいと思います。
といいつつも,本当の楽しみは食べることじゃなく,埼スタのゴール裏をデザインしている缶にある。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

今回のレッズポン~野田&阿部ちゃん~

埼スタツアーの際に立ち寄ったイオン浦和美園店。
その中にあるスポーツオーソリティーで今回はレッズポンを。
野田&阿部
野田と阿部ちゃん。



野田に関しては,左SBの専門職として期待していただけに,レンタル移籍をしたときは残念だった。
本当にレギュラーよりも能力がないか観たかったからだ。
フィンケは,若手でも,ユースを重用し,外から来た人間は起用しない。
たしかに,ユースの方がトップのサッカーを知っているからチームに順応しやすい。
しかし,レッズのサッカーとは何ぞや?と問われるほど,今季からチーム作りを始めた。
だから,ユースを重用し,外の人間を使わない,ということにはならないはずなのだが。



一方の阿部ちゃん。
正直,今季の彼のパフォーマンスには納得していない。
やればできる子だから心配はしてないけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

世界に通用していると思う日本のアニメ、1位『ドラゴンボール』

世界に通用していると思う日本のアニメ、1位『ドラゴンボール』というニュースを聞き,
興味は,2位以下にいった。
百歩譲って,1位がドラゴンボールだとして,あのアニメは何位かという興味があったからだ。
その興味とは当然,「キャプテン翼」である。
日本人選手はおろか,世界的に有名な選手にも影響を及ぼしたとされるアニメ「キャプテン翼」。
これが,ランク外なわけがないだろうと。
最悪でも3位以内には入っているだろうと。
サッカーは,フットボールは,世界の共通語だから!
ところがどうでしょう。
2位は,ドラえもん。
3位は,ポケモン。
……。
わ,分かりました。
2位のドラえもんは納得です。
しかし,キャプテン翼がポケモンに負けたのですか?



……,結果に納得いかないと思い,記事を読み始めたら,結果に納得いかざるを得なくなった。
世界15ヶ国から“コスプレイヤー代表”が集い、
その頂点を競う『世界コスプレサミット2009』が1日、2日と連日愛知県で開催された。
これにちなみ、
オリコンでは『世界に通用していると思う“日本のアニメ”』についてアンケートを実施した

とのこと。
あぁ,そういうこと。
コスプレする人にアンケートとったのね。
さすがオリコン,操作するね~。
だったら,『世界に通用していると思う“日本のアニメ”』っていうタイトルを変更してくれよ。
コスプレする人が好きなアニメ」に。

浦和レッズツールバー

オフィシャルを見ていると,なかなかおもしろいものが。
レッズのツールバーhttp://partner.toolbar.jp/urawa-reds/である。
早速,ダウンロードした。
ちゃちいけど,悪いこともない。
試合日程、試合結果からチケット購入までレッズ情報がワンタッチで手に入るようになった。
ただ,残念なのは,IEでしか使えないということ。
他のブラウザでも使えるのなら,一層良かったのに。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

埼スタツアー

宣言どおり,埼スタツアーへ行ってきました。
最初は500円を出すのがバカらしく思っていたが,終わった頃にはその価値はあると実感。
レッズサポは行った方が良いね。
すごく興奮した!
行ったことがない人のために詳細は書かないけど,ちょっとだけ。
最初はあんまり覚えていない。
なぜなら,日本代表関連だから。
次からはバッチリ。
フェアプレーフラッグの坪井のサインの小ささ。折り目のところに書いてるなんて。ガイドさんに言われたけど,これがフェアプレーフラッグの見方だそうです。ツボのサインがどこにあるかを探そう。いろいろなところに書くそうです。
選手の更衣室。
ウォーミングアップルーム。



続いて。
試合を観に行ったときは必ず観ることになる,フラッシュインタビューゾーン。
そして,トルシエ階段。
first impressionが流れるんじゃないかと思ってたら,案の定流れ,本当に選手の気持ちになって入場!トルシエ階段を昇る
ホーム選手になって左側を歩く。
他の方のブログを見ていたら,きちんとユニフォームまで来ている方がいた。
負けられない。
来年は,キーパーユニ&グローブで行きます。




ピッチレベルからの埼スタ。
ピッチレベルからの埼スタ



選手用椅子からの埼スタ。
選手用椅子から
最前列のお客が見やすくするために,ベンチは低く作ったって聞いてはいたけど,実際に座ってよく分かった。
何も問題はなくても,監督は立っていなくちゃいけません。
座ったままでは,まったく試合展開は分からないはず。



VIP席。



貴賓席。
貴賓席
この写真からも分かるように,貴賓席の下にいる愚民を見ることはできないような設計になっています。
まさに自分だけのゲーム。



貴賓室。
貴賓室に置かれているボール。
日本対バーレーンで,俊輔がFKを決めたボールに触ってきました。
スパイクの跡が残っていた。



闘莉王のスパイク「神様LOVE」。
神様LOVE
信仰心が厚いと説明されたけど,逆に,
その部分で蹴ることがあるから(というか,インフロントなのでほとんどがここで蹴るんじゃないか),上を蹴ることになり,神を冒涜していると感じるのは私だけでしょうか?



最後に。
埼スタの屋根にはオスとメスがあります。
どちらがどちらかはツアーにてお聞きしましょう。



まぁ,百聞は一見にしかずといいます。
埼スタに愛着がある人は必ず行った方が良い場所。
来年はユニ&グローブで。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

26

「26」といえば,濱田水輝。
思えば,今季は10代が次々と出場。
……違うか。
今日で26歳になった。
去年も書いたかもしれないが,20歳過ぎたら,何歳になろうが同じだな。
26になったからって,何が変わるって言うんだ。



誕生日ということで,埼スタツアーに行ってくる予定。
やっと行ける。
とうとう行ける。
しかし,ツアーに500円か。
スタジアムに入るのに金がかかるって,ソウルワールドカップスタジアムを思い出す。
あのときはびびった。
ソウルより前にどこかのワールドカップスタジアムに行ってきたが,そのときは無料で入場できたので。
でも,良いことが一つだけあった。
駅がすごく近かったこと。

アレックス、名古屋グランパスに完全移籍

アレックスが名古屋グランパスに完全移籍することが,オフィシャルで発表された。
メディアでは騒がれてたが,本当に実現してしまった。
メディアじゃ当初,半年レンタル+オプションで完全移籍付って書いてたけど,最初から完全移籍だなんて。
2007年から観させてもらっている私としては,アレックスが元気な姿を観ることはほとんどなかったので,少し残念。
動けない選手は試合に出さない。
フィンケ哲学の貫徹。



アレックスのチャントを覚えられなかった。
昨季は,15分だけだったし,今季の出番も少ないし,今季が終わるまでには覚えようと思っていた矢先。



アレックスの移籍が思い出したけど,今って,移籍期間中なんだよな。
レッズは……???

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

kabu.comのビューボックス申し込み停止中

ここ1か月ほど,kabu.comのマイページでのビューボックスの申し込みが表示されていなかった。
なぜだろうかと不思議に思い,問い合わせをしてみた。
すると,



お問い合わせいただきました埼玉スタジアムビューボックスにつきましては事情により一旦ご招待を休止しているのですが、再開決まり次第、ログイン後マイページにてご案内いたしますので、誠に恐れいりますが、再開まで今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。



とのこと。
事情ってなんだろうね。
ビューボックスで観たいために,kabu/comに口座を作ったのに,これじゃ意味がない。
とすると,この1か月あたり,誰がビューボックスで観てたんだ?
誰も使ってないってことはないだろうし。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

WONDERシート,1枚からの販売開始!

成績表をもらうときに,事務の方から同時にいただいたのは,朝日新聞がホーム前日に発行している「REDS TOMORROW」。
思い返せば,読みたいと思っていたが,そのためだけに朝日に金をやるというのも癪にさわるので,購読はしていなかった。
その「REDS TOMORROW」で良い情報を取得。
確認したら,この情報は,オフィシャルでも掲載していた。
WONDERシートが1枚(10,000円)から購入できるとのこと。
そう,今まではなぜか3枚セット(30,000円)のみの販売。
なぜ「3」という中途半端な数字なのか。
世界のナベアツの影響か,とまで言われた(私だけが言ってた?)。
それを1枚から購入できるようにするなんて。
相当売れなかったんだな。
そりゃそうだ。
前述したように,3枚セットだし,いかんせん値段も高い。
でも,内容を考えれば,値段ってそんなにネックじゃないな。
ピッチ全体が見渡せるロケーションと机が完備されており、特製お弁当(飲物付き)、オリジナル浦和レッズグッズのお土産、マッチデープログラムが特典として付く。



特製弁当。
弁当箱が高そうだし,中身も考えれば,2,625円。
オリジナルレッズグッズのお土産。
タオルマフラーだと,2,100円(通常のタオルマフラーは1,575円。オリジナルということでプレミアム)。
マッチデープログラムは,300円。
付加価値の合計:4,975円。
つまり,ピッチ全体が見渡せるロケーションと机が完備されている席で,5,025円(10,000円-4,975円)という計算に。
たしかに,あの席を5000円と計算するとそんなに高くない。
S席で4,500円なんだから,5000円という値段には納得。
レッズにしては珍しくぼったくりではない。
う~ん,良い席だ。
オフィシャルには,「ご入学やご就職、そしてお誕生日やご結婚記念日など、皆様の特別な日のお祝いに特別な方と、ぜひ「WONDERシート」をご利用ください。」って書いてあるけど,たしかに,そういう特別な日には良いよなぁ。
では,早速来年7月の試合のときに取り入れてみようと思います。



そうすると,将来的に5,000円で販売する気はないのかな。
席だけの値段として。
つまり,特製お弁当(飲物付き)、オリジナル浦和レッズグッズのお土産、マッチデープログラムは付かないということで。
これは一考の価値はあると思いますよ,レッズさん?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

オリコン請求放棄で和解=コメント名誉棄損訴訟-東京高裁

音楽ヒットチャートの信頼性に疑問を呈するコメントで信用を傷つけられたとして、
音楽市場調査会社「オリコン」(東京都港区)が、
ジャーナリスト烏賀陽弘道氏(46)に損害賠償などを求めた訴訟は3日、
オリコンが請求を放棄することで東京高裁で和解が成立した。

訴訟には控訴審から、
コメントを掲載した月刊誌「サイゾー」側が利害関係人として参加した。

烏賀陽氏側によると、
サイゾー側が不正確なコメントを烏賀陽氏の了解を得ないまま掲載したことを認め、
同氏とオリコンに謝罪。
烏賀陽氏に500万円を支払うことなどで合意した。

サイゾー2006年4月号は、
烏賀陽氏のコメントとして「『オリコンの数字はある程度操作が可能だ』という話も聞いたことがある」などと記述。
一審東京地裁は同氏が掲載に同意したと認定し、
100万円の支払いを命じた。

烏賀陽氏の話 言論封じが目的の訴訟で、実質的な逆転勝訴だ。
オリコンの話 サイゾーの謝罪を受け、裁判所から提示された和解案に基づき、和解が成立した。

(時事通信)

弁護士になろうと思った事件との再会

前期の成績表が返ってきて,試験によっては解説付きのものがあった。
その中の一つを読んで驚いたというか,やっぱり!といったものが。
事実認定論である。
試験内での問題。
客観的事実との不一致から,冤罪だなぁ~と思っていた。
すると,解説には,
松山地裁宇和島支部平成12年5月26日判決判時1731号153頁
こ,この数字は……!
私が弁護士になろうと思ったきっかけの裁判例ではありませんか!
む,む……!
今でも思い出します。
部活から帰ってきてニュースを見ていたら,この事件を知りました。
こんな事件が現実に起きるのかと。
まぁ,香川県民なら冤罪事件は起きるものという認識があっても当然なのかもしれませんが。
当時は,かの有名な冤罪事件をまだ知りませんでした。
試験では,銀行通帳や印鑑を盗んだとかありふれた出来事だったので,似てるなぁとは思いつつね。



そうですか,あのときから9年経ったのですか。
17歳。
たしかに,9年経ったな。



この試験を機に,もう一度上記文献を読んでみます。

ボランチからのビルドアップ。Jリーグ ディビジョン1 第20節 清水エスパルス

エスパルス戦を観るときはかなり主観が入ってしまう。
それは,本田拓也がいるからだ。
彼の武器は,中・長距離のパスを出せること。
この試合でも何度かそれを見せてくれたが,それを繰り出すたびに,レッズがなんとしても彼を獲らなかったことを後悔する。
さてさて,本田拓也を中心に観るならば,この試合のテーマは,“ボランチからのビルドアップ”でした。
この視点で観るとき,どうしても啓太は弱かった。
啓太といえば,危機察知能力の評価が高いということ。
事実,これまで何度もピンチを救ってきました。
しかし,この試合では,彼の成長の片鱗を観ることができた。
左SBのヒラへの中距離パスを見せてくれたことである。
今季になって,前述した危機察知能力だけの試合よりも,サイドからの攻撃に厚みを加えるために,サイドプレーヤーを追い越す動きは多々見られていました。
そういう中での,ミドルパス。
しかも,ヒラのスピードを生かすようなスペースへのパス。
そういった攻撃参加への意欲をみせる啓太ですが,それでもスタメンで並べる必要があるのか,というのが,Jリーグウイイレ2009で,スタメンで啓太を並べない理由でもあります。
レッズが負けているとき,フィンケは啓太に代えて,ポンテやセルヒオを出します。
つまり,危機察知能力を捨ててでも,攻撃に打って出る場面です。
私は,スタート時から,啓太の位置に直輝を入れ,攻撃的なポジションに,ポンテまたはセルヒオを入れて欲しいのです。
直輝と比べて,純粋なディフェンス能力では啓太が圧倒的に上をいっています。
しかし,今季のレッズは,全員攻撃であると同時に,全員守備をモットーとするチーム。
ならば,啓太と比べたときの直輝の,ちょっとしたディフェンス能力の欠如は全員でカバーすればいいわけです。
日本には良いことわざがあります。
攻撃こそ最大の防御なり。
直輝を一列下げ,前に,原口およびポンテを置いたシステムをスタート時から観てみたい。
この「直輝を一列下げ」たことがポイントで,彼をここに置くことにより,中盤4人が相互にポジションチェンジをすることができるようになるのです。
ここに,ゴール前の打開のヒントが隠されています。
と同時に,これが“ボランチからのビルドアップ”の結論でもあります。



試合前日の会見で,都築,ギシ&フィンケの3人で話し合いがもたれたことは初めて知った。
しばらくの間,続きが試合を外れるのは3人で織り込み済みだったのですね。
フィンケの心理マネージメント能力の高さを知る一場面でした。



80分。
朝青龍が阿部ちゃんをセンターラインでぶっ飛ばしての突進。
レッズにとっては1点ビハインドという展開。
ここで入れられれば,負けがほぼ確定。
そこで,後ろから追ってきたのはツボ。
しかし,朝青龍&ヨンセンという2に対し,対応するのはツボ1という,典型的な2対1の状況。
また,ツボは朝青龍に追いつかず,朝青龍がシュートの場面。
ツボが右から寄せて,右のコースを消した。
都築は中とニアの左のコースを見ればいいだけ。
……,朝青龍はシュートを外した。
これぞDFとGKの連携。
ディフェンス陣の醍醐味。
ツボは追いつかなかったわけではなく,朝青龍がシュートモーションに入るまでガマンしていたのだ。
そりゃそうだ。
ツボの速さは日本一と言ってもいいほど。
朝青龍に追いつかないわけがない。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

レッズポン&ストラップ&バッグ。

第19節グランパス戦では勝利を手にすることができなかったが,
その他の物は手に入れることができた。
まず,レッズポン。
レッズポン都築&峻希
とうとう出ましたっ!
つづき~りょ~たっ!
いや~,これまで長かったけど,かぶらずに出てくれて良かった。
あとは直輝だけ。
でも,欲張ってると,かぶりそうだな。
ヨシッ!
かぶったらやめます。
そして,2個目は峻希。
期待している,峻希。
ヒラが帰ってきたときもポジションを守れるか。
SBとして期待しているのは峻希。



そして,
直輝ストラップ
直輝のユニフォームストラップ。
とうとう手に入れた。
ただ,気になるのは,直輝のかわいい顔が,試合を重ねるにつれ,男の,勝負師の顔にになってきたこと。
選手としてはそうでなければならないのだが,ファンとしては……。



最後は。
りそなカード
りそなカードを契約したときにもらったバッグ。
えぇ,とうとう,りそなカードと契約しました。
以前から気になっていた,りそなカード。
なぜなら,シーズンチケットをりそなカードで買うと,埼スタの芝入りのストラップをもらえるから。
今までは,手続がめんどくさくてしてこなかったが,定期テストが終わり,ゆっくりと埼スタの南広場内を見て回れる余裕があったので,歩いてたら,「年会費永久無料」との言葉にも魅かれ,契約することに。
もっとも,一番魅かれたのは,バッグをもらえるから。
契約する直前,レッズが売っているバッグを見ていたものですから。
これで,りそなが作ったとはいえ,レッズと書かれたバッグを手に入れることができた。
抽選の,サイン入りバッグを手に入れることができなかったのは残念。
そこには,都築,闘莉王,タツヤ&阿部ちゃん。
そうそうたるメンバーのサインが入っていたのに……。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

やべっちFCで泣いた,2007ACL準決勝第2戦。

26日のやべっちFC。
オールスター前に,日韓戦の特集。
代表戦だけかと思ったら,クラブも。
そして,2位には,2007ACL準決勝第2戦・城南一和戦。
ダイジェストだけど,久しぶりにこの一戦を見た。
苦しかったなぁ,この試合。
ワシさんのワールドクラスのももトラップからのシュート。
(サッカーアースで,サンパウロで活躍するワシさんの姿を拝見。これからも期待してます。)
1-2とされたが,阿部ちゃんが落としたところを,マコ~!!!
そして,PK戦。
やべっちも言ってたけど,埼スタ内の全大旗がゴール裏に移動して,城南一和にプレッシャーをかける。
これこそ,選手だけでなく,サポーターも戦っているという証。
この試合は何度見ても泣ける。
苦しんだ末の勝利。
これがトーナメントの旨味だね。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
ずいぶんと飛躍したもので,とうとう29位になりましたっ!
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク