FC2ブログ

2人の不在。ヤマザキナビスコカップ 予選リーグAグループ第4節 アルビレックス新潟

リンクマンとして絶大な存在感を放っていた直輝の不在がどう響くか、が今節のテーマ。
案の定、攻撃のときにその不在が響いた。
リンクマンがいない以上、攻撃に厚みをもたらすことができず。
ただ、峻希がドリでピッチを横断したときから、チームに少しずつダイナミズムをもたらすこととなった。



それにしても、アレックスはホントに運動量が少ないな。
セルヒオが左をぐんぐん上がって行ったとき、彼はちんたら上がってきてたからな。
今節は何をしたんだろう。
守備ではそのもろさから,アレックスのところをつかれ。
攻撃しようにも,その守備の対処をしなければならないから,効果的な上がりを見せられず。
アレ&大谷
今回当たったレッズポン。
今季は難しいなぁ。
大谷はこれからの人材として,アレとは……。



代志也のゴール。
ウォーミングアップのときのシュート練習が役立った。
毎回あの練習を見ていて、相手DFがいない中でのシュート練習なんて役に立つのかなぁと思っていたら、役に立つこともあるもんだ。
まぁ、無駄な練習はない、という標語が生まれそうだけど。



もう1人。
闘莉王の不在。
彼が攻め上がったとき、周りは彼に合わせようとする。
仮に点が入ったとしても、それは彼だけの力であって、チームでとった得点ではない。
そういった得点が嫌いなので、2点目のセルヒオのゴールは、まさにみんなでとった点。
ペナルティーエリアにあんなにたくさん選手がいるなんて!
これからも、闘莉王という個人に頼らない得点を続けてほしい。



濱田水輝。
ひょっとしたら、彼のプレーをあんなに長い時間観たのは初めてか。
ポジションが、CBまたはボランチだけあって、DF時の対人能力は特筆もの。
あの身長であそこまで腰を落とされたら、そう簡単には抜けない。
しかし、出場したのは、右ハーフで。
な、なぜにですか、フィンケ先生?
なぜ彼を本来のポジションで出さなかったのですか?
彼に攻撃は期待できない。
はじめの一歩の爆発力がないからだ。
昨季ACLで、左ハーフでの堤とかぶる。
要は、ワンツーで抜けだそうにも、相手に追いつかれてしまうってこと。
これは致命的だね。
もっとも、濱田を右ハーフに置いたことで、DFラインに関する疑問が確信に変わった。
このことは、後日。



そうそう、タカに触れないわけにはいかないでしょう。
前述したとおり、フィジカルコンディションは既にトップの頃に戻っている。
だから、爆発するにはあとはきっかけだけ。
そのきっかけとなることができるかが注目された坊主。
ゴールこそなかったものの、今まで以上の運動量を見せてくれた。
ただ、動きがどうしてもエジとかぶる。
これはどうにかしないと。



そして,CBノブヒサ。
もともとヘディングは魅力的だったわけだが,CBでは見事にそれが光った。
オプションとして十分あるね。



やっぱいいもんだ。
We are Diamonds.
ガンバは引き分けで、その前のフロンターレには負けた。
その前は同じくアルビレックスだったわけだが、個人頼み&運動量のないさっかーにブチ切れて帰ってしまったしなぁ。
ということは、1か月ぶりか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
3万人弱の観客。
帰りのバスにスムーズに乗れた。
リーグ戦もこれくらいなら良いかも。
変な人間を入れさせないためにも。
スポンサーサイト



世相を反映したチラシ

郵便受けに入ってしまう必用のないチラシといえば,住宅購入。
そして,いわゆるピンクチラシといった。
ところが,世相を反映してか,初めてこんなチラシが入っていた。



サージカルマスク
インフルエンザ予防用抗菌3重構造
50枚セット2500円
商品は即日発送代引き郵送届
03-○○○○-××××(24時間受付可)



電話番号は伏せさせていただきました。
悪質業者じゃない可能性もあるので。
ただ,紙の色がピンクなのはちょっといただけない。
これもピンクチラシ?



いや~,世の中の需要に敏感なのはビジネス魂の象徴だけど,とうとうこういうチラシが郵便受けに入る時代が来るとは。
良い着眼点です。



ただ,ネットでも買えるし。
安く。




そうそう,ネットで買えるんだよね。
テレビだと,マスクは売り切れって言ってるけど,余裕でネットで買える。
これって,メディアとマスク業界の癒着では?
そうでないと,インフルエンザの騒ぎ過ぎは説明できない。

死刑と裁判員制度とのかかわり

来週報告予定の刑事学のレジュメのタイトル。
死刑制度を考えるにあたって,裁判員制度は非常に有用と思っている。
なんせ死刑制度は問題だらけだから。
たとえば,死刑執行は違法状態にあるということ。
すなわち,国際人権(自由権)規約,国連決議等の国際人権基準によって保障されるべき死刑に直面する者に対する権利保障が著しく欠如ないし不十分な状態にあり,こうした状態のままでの死刑執行は違法であると指摘されている。
これ以外にも問題点はあり,政府が世論を死刑肯定の材料に使っているならば,裁判員制度を契機に世論が死刑反対になる可能性もあると思っている。
すなわち,今必要なのは,国民レベルでの死刑に関する議論。



まぁ,なんにせよ,とりあえず現段階の死刑に関する調査が終わってホッとしているところ。
高校生のときに読んで感銘を受けた

のときよりも議論は進展していると評価している。
あのときは,今や出し尽くした感のある死刑存廃論が活発だったから。
まぁ,議論だけ進展していてもしょうがないんだけどね。



次は,草加事件の資料を集めないと。



アメリカに追随する日本。
アメリカが死刑を廃止したとき,日本はどうするのであろうか。

「人を特別扱いしない」からみる「上に立つ者の資質」

最近目立つフィンケの発言。
「けがをしていて,ポンテ,田中達也,梅崎がチームから離脱しています。」
以前までは分からなかったが,この発言の意味がようやく分かった気がする。
(あくまでも“気”です。)
思い返せば,それが語られるのは必ずと言っていいほど,直輝が活躍した試合。
だから,ようやく分かった。
彼は当初から「選手を特別扱いしない」と言ってきた。
監督業としてそれは当然だと思っていた。チーム秩序を維持するために。
しかし,日曜日のからくりTVで下地先生も同じことを言ったのが,フィンケの言葉の意味を知るきっかけだった。
アナウンサーの「どの家庭が一番印象に残っていますか?」という質問に,先生は「私は教師。特別扱いはしません」と回答。
ここまでくれば,ピーンと来たわな。
フィンケは,監督業としてだけでなく,教師としても言ってたということ。
そして,そのことから連想されるのは。
レッズは「直輝のチームではない。」ということ。
さらには,「メディアよ,直輝,直輝と言うな。注目し過ぎるな。」ということ。
上に立つ者への教訓でもある。
「特別扱いするな」という。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

最近のメディアの騒ぎは異常だな(昔からだな)。
エサに食いつくハイエナである。
食いつかれてしまった以上,残念ながら直輝が若いうちに終わる選手になる可能性は高くなった(以前までは,原口。ところが,代表選出で“エサ”は直輝となった)。
非常に残念である。
良い選手が出てきてもメディアに殺される。




キリンカップ。
完全に試合を見ていないので,内容については書かない。
だが,出場メンバーから言えること。。
これって代表戦だよな?
なんで本来のポジションで出場してないんだ?
玉田は39分に交代。
一体,何が?
ケガ?

「ヤットの特集」からみる「視聴率で負けたくないから同じ番組内容に」

S1スパサカで,ヤットの特集(スパサカを大文字にした意味はわかるはず)。
中身……,大したことなかった。
「止めて蹴る」が彼のストロングポイントだったことは周知の事実。
よって,公共の電波を使って,皆に知らせるまでもない。
放送に使える時間も短いし。



さらに,やべっちFC。
こっちも,ヤットの特集。
なぜ2夜続けて同一人物の特集をやるのか。
変わったことをやれば,その評価が良いか悪いかは紙一重。
だから,テレビ業界では,頭一つ飛び抜けたことはしない。
その結果が,番組内容が同じになるということ。
ただ,やべっちFCの方が,皆のためになった。
こっちも,ストロングポイント~のくだりはあったけど,時間がたくさんあるだけあって他に内容もあった。
「味方選手に前を振り向かせるパス」
「相手DFをおびきよせるパス」
この2種類のパスを説明したのは良かったよ,名波さん。名誉挽回だな。直輝のところの。
前者の「味方選手に前を振り向かせるパス」は,けっこう知られている。
違う表現をすれば,「メッセージ付きのパス」。
味方選手に届くけどやや離れたところに出すのは,前を向けさせるためのパス。
「前を向け」というメッセージパス。
これは真新しくない情報。
そう,だから,勉強になったのは,後者の方。
「相手DFをおびきよせるパス」。
FWにパスを出し,そうすれば,相手DFはその選手に集まってくる。
相手DFが動けば,相手DFがいたスペースにはチャンスのスペースが生まれるわけで,味方の第3番目の選手がそのスペースへ走りこむ。
これってホント判断が難しいと思う。
ヤット自身も言ってたけど,分かってもらいづらいから。
でも,これで少しは日本国民に分かってもらえたんじゃないかな。
パスにはいろいろなパスがあるってこと。
こっちも,メッセージ付きのパスであることにかわりはない。
「スペースができたから,走りこめ」というメッセージ。
ボール所持者に対するメッセージじゃないけどね。
要は,プレーする側だけでなく,「観る側」もメッセージを読み取ろう,というわけです。



代表戦を観に行く人間は素人が多いから,やべっちFCの今回の放送はかなり役立ったはず。
だから,ワンプレーずつにギャーギャー騒ぐのはやめてください。
「観る技術」を高めるうえで,やべっちFCは地上波唯一のサッカー番組として役目を果たしている。
(「地上波唯一」するのは,ご存じだとは思いますが,一応載せときます。「S☆1スパサカ」は「サッカー」を返上せよ。

定額給付金決定通知書

とうとう先週やってきた,「定額給付金通知書」。
川口市はすでに給付されたと聞き,草加市はいつになるんだろうかと思っていたら,とうとう来た。
わりと早かったか。
記入して送付したのが,先月の頭。
http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1059.html
通知書によると,振込予定日は5月21日。
そして,その日にきっちりと振り込まれていた。
1か月と半月か。
まぁ。わりと早いんじゃないかと思って評価する。



さてさて,気になるのは使いみち。
巷に聞く話では,ユニフォームを買うという素晴らしい使い道をしようという方々もいるとか,いないとか(まさにファンの鑑)。
それを知ってか知らずか(多分知ってるな。),マーキングつき12000円前後で売るという店も。
たとえば,

メーカー希望小売価格 13,440円 (税込) 。
だけど,価格 12,096円 (税込) で売り出してた,こりゃ完全に定額給付金狙いだ。
良い商売してる。
でも,残念がら,全選手のマーキングには対応していない。



大手のKAMOさん。

ユニだけで,価格 10,290円 (税込) 。
マーキングは二桁なら,4200円。
もう少し良い商売をしても……,と思うのは私だけではあるまい。
そして,直輝の「34」だけないってのも,直輝人気を表わしている。
よいよい。



私は……,何に使おう?
貯金はだめだしなぁ。
定額給付金の意味がなくなる。
何かしらに使わないと。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

見ることができたのは10分だけ。Jリーグ ディビジョン1 第13節 大宮アルディージャ

視聴制限があったためか,レッズチャンネルではなかなか見ることができなかった。
細切れで見てたってこと。
プロキシを設定して,きちんと見ることができたのは80分から。
つまり,10分しかきちんと見ることができなかったわけです。
だから,今回は試合内容に関しては省きます。
たった10分で何が分かるってんだ?ってこと。
それでも,その10分,あなどれない!
ゴールへのシーンもさることながら(エジのシュートは惜しかった),とうとうイケメン林君が出場。
2008年から注目してました,顔に。
直輝のようなかわいい顔に一番ときめきますが,それでもかっこいい顔も嫌いじゃない。
ということで,2008年から期待していたわけです。
どういうプレーをするのか。
(残念ながら,2008年はサテライトを見ていないので。)
出場したこと自体は喜ばしいが,プレーの印象がまったく残っていない。
注目していたのに……。
まぁ,これからの選手だな。



5月5日のレイソル戦に続いて,倉敷さんの実況を聞かせてもらったけど,実況がまさか「切る」っていう言葉を知っているとは思わなかった。
「アレックスは左利きだから,右に切ると……」っていうやつ。
さすが,NO.1実況と呼ばれるだけはある。
もっと,実況聞きたかったなぁ。
なぜに,視聴制限してたんだ。
それにしても,こういう実況聞くと,地上波って「……」。



試合終了後,レッズサポ同士がけんかしてるの映ってたなぁ。
けんかするほどの内容だったかなぁ?
さいたまダービ-だから?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ナビスコカップの「実況」に関して,大分放送に意見・問い合わせ

21日に予告したとおり,大分放送に意見・問い合わせをした(21日付で)。



その内容は以下の通り。
昨日のラジオ放送「ナビスコカップ トリニータvsレッズ」を拝聴させていただいた上での意見です。
「実況」をしていた石川正史さんは,いつもあのような「実況」なのでしょうか?
つまり,「実況」と呼ぶにふさわしくない言葉のつたなさで試合を「紹介」し,そのため,試合のリアルさは伝わってきませんでした。
さらには,レッズの選手はおろか,地元トリニータの選手すら分かっていない「実況」がありました。
この試合はスカパー等のテレビ媒体での放送がなく,ラジオのみでしか試合を知ることができないため,レッズ及びトリニータの多くのサポーター・ファンは拝聴していたと思われます。
それにもかかわらず,「実況」が意味をなさないのであれば,何のための「実況」放送だったのでしょうか。
あのような「実況」に名を借りた「紹介」では,サッカーを冒とくしています。
これは,石川正史さんの「実況」能力に対してのみ意見があるわけではありません。
石川正史さんを「実況」に選んだ大分放送に対する意見でもあります。
現在,トリニータはリーグ戦で不調ですが,その不調の原因は選手だけにあるわけではないことが分かりました。
サッカークラブは選手,フロント,ファンそしてサポーターだけで成り立っているわけではありません。
それに加えて,地元の支えが必要なのです。
その地元とトリニータをつなぐ重要な役割を担う大分放送がこのような状況では,トリニータが活躍できるわけがありません。
トリニータを本気で支えたい,トリニータのことを本気で愛しているというのなら,まずはラジオ「実況」から見直してくだされば幸いです。



以上。
まぁ,なんでレッズサポがトリニータのことをここまで心配せにゃならんのかという疑問はありありだが,それでも,あの「実況」じゃねぇ,本気でトリニータの心配をしだすってもんです。

顔剃りだけが楽しみなのに……。都会の子供たちが美容院に行きたがる理由が分かった。

髪を切るのにいつものところへ行くのがめんどくさかったから,住んでいるところの近くにある理容室へ。
理容室といえば,顔剃りがあり,これがたまらなく好きなので,理容室は嫌いじゃない。
しかし,こっちへ引っ越してきて以来,理容室に疑念はあった。
こっちへ引っ越してきて初めて行った理容室。
そのときになった髪形は,ワシさんみたいに短い髪型。
ワシントン
なぜか短くなったあのときの絶望感を記す表現力が私にはない。



さてさて今回。
私の前に1人客がいたのだが,切っているのを見てビックリ。
顔剃りが……。
最初だけかみそりで,あとはシェーバー(?)。
な,なぜに……。
あのかみそりが気持ち良いというのに。
私が長さを指定しても,あ~だこ~だと言われて,その勢いを押し返す力が私に残っておらず,ただただ切っていただくおばちゃんの言いなりに。
その結果が,現実。
前回のがワシさん。
今回のはさしずめ,ロビーさん。
ポンテ




都会の若者が美容院に行きたがる理由が分かった気がする。
若者は「美容院」という響きだけにひきつけられていただけではなかったようだ。
カットの技術はかなり重要である。
やっぱり次回は美容院に。
おかしい。
おかしい。
香川県でも,姫路でも,理容室で十分だったのに。
やっぱアレですわ。
美容院に負けないぐらいの力を見せて欲しい。
香川や姫路でできてなぜそれがここ埼玉ではできない?
ダメなのか,若者が美容院に行きたがるだけあって,こっちの理容室はそんなに腐ってるのか。
やっぱアレですわ。
急がば回れ,ですね。
多少の時間がかかっても,いつものところへ。



それに,あの匂いは何とかならんのか。
自習室へ戻ったときに申し訳なくて申し訳なくて。

「さいたまシティーカップ」からみる「契約準備段階の過失」

5月19日1時18分配信の産経新聞は非常に興味深かった。
今年のさいたまシティーカップは,マスメディアの情報によるとバルサとの対戦ということは周知の事実と言っていいだろう。
この記事はさらに突っ込んでた。



以下,改行以外は原文のまま。
「市は今年の大会に向け、
3月からバルセロナと交渉を開始。
スポンサーとの契約やスタジアムの予約を終え、
警備計画の作成準備も進めていた。
ところが、
バルセロナ側から4月末、
「米国遠征のために出場中止したい」
との謝罪文が届いたという。」



ほぅほぅ,なるほど。
これはなかなか興味深い断り方。
スポンサーとの契約やスタジアムの予約を終え、
警備計画の作成準備も進めていた。

と。
サッカーの試合の契約の仕方なんてその関係者しか分からないから,これが当たり前ってことなんだろうねぇ。
バルサとの契約を締結する前に,スポンサーとの契約などを済ますってこと。
そうじゃなきゃ訴訟だわな。
「本件のように契約締結の事実がなければ、契約は成立せず、契約責任も追及できないかにみえる。
しかし、契約準備段階にある当事者もある程度の段階に達すれば、信頼を保護する必要性があると解する。
したがって、契約準備段階において契約成立へ信頼を寄せた者に対しては、信義則を根拠に損害賠償請求ができると解する。
ただし、契約責任を追及できる場合を限定すべきである。契約自由の原則を無にするおそれがあるからである。具体的には、契約の成熟の度合い、信頼を惹起させる事情の有無等をもって判断すべきである。」
ってな具合に。
こわいねぇ~,サッカービジネスは。
スポンサーとの契約はどうする?破棄?さいたま市が出捐?
スタジアムの予約は?これも,さいたま市が出捐?
いやいや,バルサの断る理由が「アメリカチームとの対戦」(「アメリカ遠征」であり,アメリカのチームと対戦するか分からないが,実際はそうなんでしょうよ。金の勝負に負けたな,さいたま市。)
これでも,契約準備段階の過失って認められない?
実際は認められるのかなぁ。
さいたま市が請求しないだけで。
それとも,最初に戻るけど,これがサッカービジネスか。



すべては,産経新聞の書いていることが事実だということが前提という本日の記事でした。。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

裁判員制度スタート

待ちに待った裁判員制度の開始。
残念ながら私は招集されず。
残念無念。



5月25日までに提出しなければならない刑事学の報告レジュメのために,「死刑と裁判員制度」というテーマの下,その関連でいろいろ調べた。
問題点は少なくないが,始まったこと自体は評価しなければならない。
どんなことでもそうだが,旧体制を維持していると,膿は必ず出てくる。
その膿を裁判員制度で出そうじゃありませんか!
(裁判員制度が膿にのみこまれたらどうしようという不安があるのも事実。)
裁判員制度について,あれこれ言う人がいるけど,最後は人間の強み“慣れ”。
そうは言っても,過去にすがりたい者はいつまでたっても,「職業裁判官による裁判は素晴らしかった」って言うんだろうけど。





にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ちょこっとだけレッズを。
トリニータ戦をインターネットラジオで聞いていたけど,感想は皆さんと同じく実況下手すぎ。。。
大分放送さん。
石川正史さん。
今回の放送はテレビではなく,ラジオです。
よくそれで金をもらっている。
最初っからあきれさせてくれましたけどね。
石川さんによると,いつの間にかセルヒオが日本人ではなくなってたし。
「エジミウソンとエスクデロの外国人が……。」
名前だけで判断したな。
こういう会社やアナウンサーに対する制裁如何。
ちょっとだけ書こうと思っていたら,なんか燃え出してきた。
別の記事に改めて書くことにしよう。
大分放送のHPからメッセージを送る気満々になってきた。

ご注意下さい

というタイトルの手紙がマンションの管理会社から入っていた。
中身はというと,どこのマンションでもありそうなこと。
要は,共用廊下や階段に,タバコの吸殻,カンやゴミを捨てるなということ。
姫路に住んでいたときも同じようなことがあった。
私としては,どうしてゴミが捨てられるのか理解不明な状態。
この手紙のしめの一言がまあまぁよかったけど,もう一歩。
廊下や階段等の居住部分以外も皆様方の住んでいる敷地です。
自分の家の敷地にポイポイゴミを捨てますか?

これを読んだ瞬間は,あ~なるほどな~と感心していたが,数分後には違和感が。
現在流行の(?)ゴミ屋敷の存在である。
マンションの住人にゴミ屋敷から引っ越してきた人がいたら……。
しめの一言はもう一歩でした。

「かな入力」→「ローマ字入力」

「かな入力」→「ローマ字入力」。
このやり方を聞かれて即答できなかったので,この記事を使って復習しておくことに。



「かな入力」→「ローマ字入力」。
パソコンを買った高校生の時に知ったこと。
パソコンには,そういうこと(もの?)があるのかと。
「かな入力」と「ローマ字入力」。
とりあえず,「IMEツールバー」を使って……。
というのは覚えていた。
しかし,どうもうまくいかない。
最終的に,Fnキーとの組み合わせで解決したけど,そんな解決では心もとない。
もっと一般的な解決を!



ということで,調べました。
出典は
シャープのホームページだから,情報の信用性は高い。
この情報は信じていいね。
http://www.sharp.co.jp/support/mebius/tips/tips-zz11.htm
ここには当然のことながら,「IMEツールバー」を使っての変更の仕方が書かれていた。
まぁ,どうせならキーボードで変更したいもので……と思っていたら,あった。
・日本語入力システムが“オン”のときに、Altキーを押しながら、[カタカナ・ひらがな・ローマ字]キーを押します。
・このキーを押すごとに、かな入力/ローマ字入力が切り替わります。

うん,この方法が簡単でいい。
一つ賢くなった。
まぁ,私としては,何らかの手違いで,「ローマ字入力」→「かな入力」になること自体がなかったのだが,世間ではどうやらそのようなことが起きるみたいなので,今回の記事は無益ではあるまい。

5万人いればそういう人もいるか……。

正直,どう対処すれば良いか?と思ったこと。
いや,放っておけというのも分かりますが,ただ気になって気になって仕方なかった。
土曜日のガンバ戦での出来事。
南ゴール裏。
私の左に座った人なのだが,何を思ったか,ティッシュで耳栓をしていた。
これってどう評価すればいいんだろう???
私が歌い出す度にこちらを見てくる。
私がうるさいってこと?
それでも,耳栓までしなくても。
しかも,ティッシュで。
こういうことは今までなかったなぁ。
ゲーム自体は満足だっただけに,
ちょっと悲しくなった出来事。



耳栓してても小さく手は叩いていたなぁ。
普通に叩けばいいのにと思っていたが,なぜそれができないのか。



観客は53,374人。
その中にこういう人が一人ぐらいいても不思議じゃないか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

あとはゴールというおまけだけ。Jリーグ ディビジョン1 第12節 ガンバ大阪

直輝は累積4枚目で,次節出場停止。
注目は誰がその代わりとして出るか。
今までの交代枠から考えて,タカか。
エジもタカも2トップで活きる選手。
ならば,そろそろ2トップをしてみてもいいのでは。
4-2-3-1が直輝のためにあるポジションであるならば,直輝というリンクマンがいないゲームでは消極的ではありますが4-2-2-2を試してみるのも手。
タカのフィジカルコンディションは決して悪いとは思えない。
ただ,試合で使ってもらえないだけで。
チーム全体の運動量は明らかに下がるが。
それほど今のレッズは直輝次第といえる。
開幕当初は課題だったスペースへのパス。
それがだんだん改善されつつあるし。
その象徴が,試合開始直後の直輝からエジへのパス。
さらにはその後のSBの攻撃参加。
過密日程では疲労のせいでサッカーを観ることができなかったが,ここに来てまたサッカーをみせてもらえるようになった。



帰り道はボーっとしてしまった。
考え事をしていたのだが,レッズというチームはおもしろい。
2007年から観させてもらっているが,対ガンバに焦点を当てると,
まだ何とか通じた→まったく通じない→互角(ややレッズの負け。フィニッシュの怖さという点で。)
という退化してその後の進化過程。
たった3年でここまでのめまぐるしい変化を見せてくれるとは。
これを考えると,そりゃボーっとするわな。
考えることがありすぎて。



今日手に入れた物。
背番号キーホルダー
背番号キーホルダー。
書いてなかったけど,背番号ストラップは前節手に入れた。



さらに,レッズポン。
ピンバッチ09啓太
け,啓太キャプテン……。
思い返せば,昨季は一回で都築が出たからなぁ。
昨季はゲームが最悪だっただけに都築が一回で出たことは幸いだったこと。
しかし,今季は一回でお目当ては出ず。
今季は都築とあと直輝を。



さてさて,試合内容。
うん,非常によかった。
あとはゴールさえ入っていればというところ。
ガンバ相手にプレスは効いていたし,パス回しという今季始まって以来の問題点も改善されてた。
自陣ゴール前の段階で,選手が動き回りパスを受け取り,相手ゴール前ではガス欠のためシュートまでいけない,というパターンは改善されていたということ。
「スーパー」セルヒオとまでは言わないまでも,前への推進力への意思は十分に見せてもらった。
涼しかったから動きやすかったかな?
涼しいから動きやすいといえば,ノブヒサ。
今節は上下運動が激しかった。
サイドMFを超えていく姿を頻繁に観られた。
老人も捨てたもんじゃないな。
ただ,これからはどんどん暑くなっていく中で今節のようなパフォーマンスを見せ続けられるかが問題。



パーフェクトとは言わないまでも,存分に見入ることができた。
顕著な問題点は見つからず。
帰路でも,何を書こうか迷ったほど。
思い返せば,負けたとはいえ,昨季のガンバ戦もおもしろかったし。
やっぱガンバ戦は特別だ。
緊張感のある戦い。



気になるフィンケの言葉。
オフィシャルより。
「相手のチームの監督も19番をイエローカードが出た後に途中で交代させることによって、
退場を免れたのではないかと思っています。
19番はすでにイエローカードをもらっていて、
もう少しで2枚目のカードをもらって退場する直前でした。
そういう意味では、
相手チームの監督も今日は非常に優れた判断を見せたと思います。」
訳し方に問題があるのかもしれないが,なぜに上から目線?
まぁフィンケからすれば西野さんは子供みたいなものか。



闘莉王。
前節フロンターレ戦と違い,何度も攻めあがる,という形ではなかった。
これってどうなんだろうねぇ。
相手によって攻めあがるのを控えるのは。
ガンバが相手だから,守りに集中。
他のチームだと,攻めあがる。
私としては,守りに集中してくれることを願う。
下手に攻めて守備のバランスを崩してしまうことを考えると。
チェック&カバーでは,チェックをツボに任せて,闘莉王はカバーをすれば良いわけで。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

サッカーが政治に負けた。

政治では世界が一つになることはないが,それでもサッカーなら世界を一つにできる。
だから,サッカーの方が政治より上だと思っていたが,日本ではそうではないらしい。
本日のガンバ戦。
本当なら,NHK総合で14時からの生放送のはずだった。
しかし,今さらながら代表を辞した人間がいたため,その時間はニュース「民主党代表選」関連が放送されることに。
えぇ,ホント今回の出来事は残念というか,悔しい。
まさかサッカーが政治に負けることがあるなんて。
NHK総合では,25時40分からの録画放送となった。
その前に,テレビ埼玉で19時から放送。




前日になって放送時間が変更されるとは。
そうまでして,民主党代表選を放送しなければいけないのか。
レッズvsガンバという注目の一戦の放送を変更するほどの価値が民主党代表選にあるのか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

nikeのCMで90分過ぎたのに時計が進んでいた理由が分かった。

現在,Jリーグでは,90分を過ぎると,電光掲示板の時計は消える。
しかし,テレビであったり,nikeがクラブのスポンサーだと放送される(たぶんそうなんだろう)ユナイテッド対アーセナルのnkeのCMでは,90分を過ぎても,
90:01……。
というように,時計は消えずに進んでいるのだ。
このCMを見るたびに,違和感があった。
単なるCM上の演出か。
それとも,世界はそういう表示なのか?と。
つまり,世界では,90分以上も表示するのか?と。
しかし,このニュースでようやくその疑問が解決。
日刊スポーツのニュース
Jリーグのロスタイム時間の表記が変わることが11日、
分かった。
来季導入を目指して準備を進めているもので、
現在は試合時間90分を過ぎたゴールはすべて「89分」となるが、
今後は世界基準に合わせ「91分」「93分」と実際の時間になる。
同時に、
これまで「切り捨て」だった時間表示も世界に倣い「切り上げ」に変更。
世界と日本の「時間」がひとつになる。

97年に国際サッカー連盟(FIFA)が
「時間は切り上げ」
と見解を公表し、
ロスタイムも「+」をつけて正確な時間を表記することを推奨した。
それまでバラバラだった時間表示が世界的に統一されたが、
Jリーグはシステム上の問題から長く以前の「切り捨て」「89分まで」のまま。
FIFA管轄の日本代表戦とJリーグで違ってきた。

リーグの時間表示が変われば、
各競技場の電光掲示板の時間表示も変わる。
現在は90分を過ぎると「時計が消える」が、
今後は92、93分と続けて表示される可能性が高い。
選手はロスタイムを計算しながらプレーできるし、
観客も「まだ○分ある」と楽しめる。
よりエキサイティングになる。

Jリーグが変われば、
国内のサッカーも続く。
現在もJリーグと日本協会の運営、広報が協力して準備をしている。
日本協会の犬飼会長は
「Jリーグがしっかりやってくれている。
Jリーグに合わせて、
天皇杯や高校選手権なども変える準備をする」
と話した。
移籍金撤廃に続いて、
また少し日本のサッカーが世界に近づくことになる。



来季から行われるとかそういうのはどうでもいいとして,CMの疑問が解消された。
なるほど,世界は90分以降も表示するのか。

タカのブログ復活!!

タカのブログが復活!!
taka19.com
http://www.taka19.com/
以前から,HP自体がリニューアルされていた中でのブログの再開。
観てみたけど……,なんか覇気がない。
1画像につき1文。
こういうやり方もあるのかもしれないけど,ファン・サポーターにメッセージを伝えたいという熱意は伝わらない。
今はそれどころじゃないな。
ピッチで結果を出さないといけないんだから。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

「無期懲役は10年で仮釈放」という神話。

「無期懲役囚が10年を経過すると仮釈放になる」という神話。
すごくつまらない授業「刑事学」(法科大学院の授業では先生は良い子にならなきゃいけないのかな?)で思い出した事実。
なぜか世間では(年数の多少のずれはあれど)「無期懲役は10年で仮釈放」が蔓延している。
一体誰が言い出したのか。
そういう意見がいつ広まったのか。
こりゃ,一種の「都市伝説」ですな。



2008年6月1日読売新聞では,
2007年末時点で無期懲役囚が1670人に達し,戦後最多になったこと,2007年の仮釈放が3人にとどまり,その仮釈放の平均入所期間も初めて31年10カ月になったこと,2008年4月時点で,40年以上の無期懲役囚が24人,55年以上の者が1人いること,が報道されている。



もうすぐ裁判員裁判がスタート。
死刑か無期かの選択で,「無期懲役は10年で仮釈放」だから「死刑」という短絡的な選択だけはやめてください。





「無期懲役は10年で仮釈放」。
誰が言い始めたかって前述したけど,これをテレビ局の解説員を名乗る男が,fこれまたまじめに言っているのだから,これほど滑稽なことはない。

闘莉王の攻撃参加。

闘莉王の得点能力は高い。
しかし,攻め上がったため守備のバランスを崩し失点してしまう。
結局のところ,闘莉王の攻撃参加は,
プラマイゼロ!むしろマーイ!
と思うわけです。



闘莉王が攻撃参加し自身も得点。
その後,同じく攻撃参加していたのだが,最終ラインの守備のバランスが崩れ失点。
今節のこの課題は闘莉王がメンバーなら必ず起き,また,解決されていない問題。
(答えがでない問題として,死刑の存廃論と共通!)
彼を完全に押し上げ守備に戻らない状態なら,啓太が最終ラインに入るなり,または阿部ちゃんがそれをやるというのであれば,破綻した状態にはならない。
ということで,彼の適性ポジションはどこなんだろうかと考えてしまう。
今までのレッズは3バックであるために,彼の守備時の足もとの技術の議論が表に出ることはなかった。
つまり,通常だと,3バックは真ん中のDFはカバーリングが主で,左右のストッパーがチェックを担当する。
だから,彼の守備はDFとしての資質を備えているのかという議論。
PKになった場面はあからさまと言えるほどそれが出た。
足だけで行き,体を少しも寄せていない,という。
4バックのセンターバックがあの守備だとGKとしてはその前を安心してまかすことはできない。
いつ抜かれるか分からないからな。



フィニッシャーは闘莉王。
個人の力に頼らない,としながらも,結局この部分は過去と何も変わっていないわけです。
前線に決定力のある人間が他にいるならまた別の話になりますが。
だから,今や亡き(別に死んじゃいませんが)オジェックは非常に明快だった。
闘莉王の攻撃参加を許さない。
けれども,ワシントンという決定力のある人間がいた。
(それにもかかわらず,オジェックはワシを放出した。ここでゲームオーバーですな。)



DFの攻撃参加。
後ろから来るので相手DFはあらかじめマークを決めておいたのなら別として,上がってきたDFを捕まえ切れないことから,DFの攻撃参加は意味がある。
現在のレッズでDFの攻撃参加の象徴は闘莉王ではなく,ツボである。
昨季から攻撃の姿勢は見せていたが,今季になってようやく花開いた。
ヘディングは3バックだと闘莉王がいたためにその能力は陰に隠れていたが,4バックにしてセンターバックをやっているのを見て分かった。
ヘディングが弱いわけではないということを。
さらに,彼抜群の走力。
試合終了直前のシーンがその象徴。
攻撃参加しヘディングして外れたが,川島がゴールキックをするころには守備ラインに戻っていた。
これが攻撃参加するDFとしての最低限の責任。



負けているときに闘莉王が上がるのは分かるが,それ以外は上がらないでいいでしょう。
チームメイトを信頼すべきだ。
逆に言えば,前線の選手がもっと頑張るべき。
これを書いてて思いだしたのは,フィンケは「前線の選手が得点を多くとることになるとは限らない」と言ったこと。
まぁ,全員攻撃ってことですが,つまり闘莉王の攻撃参加を容認しているわけで,それにもかかわらず守備のバランスが崩れることへの配慮は全くなされていない。
これ以降は言わずもがな。
それとも,今は他にやることがあって,守備のバランスが崩れてしまうということはもっと後に指導ですか?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

後半30分からの課題と……。Jリーグ ディビジョン1 第11節

厳しい判定のPK。
でもそのPKが下るのは試合前から分かっていたのかもしれない。
審判は水色の服を着ていたんだから。
(水色っていえば,フロンターレの色ですね。注:これは私のネタではありません。)



まぁ,ネタはヨコに置いといて。
後半30分からが突きつけられた命題。
足が止まってからいかにして得点するかってこと。
例に漏れず,今節も後半30分からレッズは足が止まったわけだけど,今節のテーマは非常に興味深かった。
前節のセルヒオのラッキーゴール,前々節の闘莉王の個人頼みのゴール,奇跡は続かなかったわけだ。
そのため,ブチキレながら観ていた前々節より負けた今節の方が見所満載だった。



ボール回し。
自陣ゴール前で選手は走り回りボールを受け取ろうとする。
開幕戦のアントラーズ戦,第2節FC東京戦ではそれに気付かなかったが,
前々節からそれに違和感とともに吐き気すら覚えた。
人が動きボールが動いて,それを受け取っても,自陣ゴール前でそれをやっていたのでは相手に何の脅威も与えない。
自陣ゴール前でそれをやっても得点できないわけで,それをやるなら相手ゴール前。
この「ボール回し」は後半30分からの得点というテーマと深く関係するわけです。
自陣で動いていたために,相手ゴール前で動けなくなるというわけ分からんサイクルに今までは陥ってたので。



あと,プレスがいつもより遅かった。
一人目は行くのだが,その次のプレスが来なかったのだ。
直輝がかわされても,その次が来ていたのでボールを奪える……はずだったのに。
「次が来て」というのはなにもディフェンスだけではない。
オフェンスのときもだ。
玉離れが悪いながらも攻撃に厚みを出させていたポンテ。
彼がいないために,それができなかった。



ポンテがケガをしたため,その代わりはセルヒオだったわけなのだが,ホントいつまで我々は待たされるのか。彼の覚醒に。
最初「だけ」は良かったのも事実,だからそれは認めるがその後が続かない。
時間とともにトーンダウン。
ポンテの玉離れの悪さを批判していたけど,フィンケも要はオジェック理論と同じ。
サブのレベルが極端に落ちるってこと。セルヒオが出るくらいなら,総合で勝るポンテがまだ出た方がいい。
オジェック理論を採用するとしても,それがセルヒオでなければならなかったか。
途中交代で入った右サイドの職人,峻希の方がセルヒオよりもよく動きサッカーをしていた。
だから,次節ガンバ戦の右ハーフはノブヒサにして,右SBは峻希を希望する。
ガンバに成長しながら勝とうと思うなら。
それと,フィンケは良い子なんだろうなぁ。
メディアにも好かれようと……とは言わないけど,嫌われないようにして。
今節,TBSが放送していたわけだけど,取り上げ方がよく分からんが,原口の紹介で,石川遼と同学年~とのこと。
こういうわけ分からん取り上げ方だけれども,それでも全国にはさらに原口の認知度が上がり,原口へのプレッシャーへとなっていく。
かん口令。
徹底的にやればいいんですよ。
そもそも,原口のような結果を出していない選手を取り上げるメディアが悪いんですから。
そういうメディアにサービスする必要なし。
つまり,メディアに嫌われてよい。
かん口令けっこう。
フィンケ学校の授業参観に来ている親たちはきっとそれを指示すると思うから。



試合終了後に都築に提示されたイエロー。
あれは予想外だった。
都築&闘莉王両方が怒っていたからだ。
普段なら,どちらかが怒っていたらもう一方は沈める役割を担っていたのにそれができなかったためのイエロー。
けどこのシーンって前から疑問に思っていたこと。
なぜ他の選手は止めようとしないのかってこと。
冷めた顔で。
このシーンはレッズが一枚岩になっていないことを示している。



フィンケはオフィシャルで「特に相手のチームには、3、4人の、非常に優れた攻撃の選手たちがいたことも事実」と言っているけど,そういうチームに今のレッズが負けてしまったというのも事実。
いわば,前後分断チームに負けたんだからね。
つまり,昨季までのレッズが前後分断サッカーだったわけだけど,そのチームに我々は勝てなかったってわけだ。
過去へお別れの挨拶ができなかった。



我々はまだ勝者にはふさわしくない,そうフロンターレに突きつけられた。
いや,これでいいと思うんですよ。
下手に勝って成長できないよりかは,負けて悪い部分を改善して強くなっていきたい。
それが今節実現できたってわけだ。
この1週間でどれだけ修正できるか分からないけど,土曜日のガンバ戦はみもの。
だから,ガンバ戦に集中したいのに,土曜日は午前中に民事執行保全の補講が入る始末。
平常どおり授業をやってくれていたら良かったのに……。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

今月の浦和フットボール通信の吉沢先生の4コマじゃないけど,ハジメのタトゥー並みに,日焼けで私の肌は赤くなった。

あと,そうそう,kabu.comと日興コーディアル証券の戦いは,後者に軍配は上がった。

シーズンチケット(QRコード付き紙チケット)で来場される皆様へ

正直言って,いまさら何でこれが告知されるのか。
以下,オフィシャルので告知。
シーズンチケット(QRコード付き紙チケット)で来場される皆様へのお知らせです。
添付画像の通り、右下に席種・番号等が何も記載されていないカードでのスタジアムへの入場はできません。スタジアムへの入場には、別途紙チケットが必要となりますので、十分にご注意下さい。
http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/nimages/news_4803.pdf



シーチケをカード式にするかそれとも紙にするかの案内があった。
(ありゃいつだったか?去年の12月?もう少し遅い?)
だから,紙を選択した人は,カードでは入場できないのを知っているはず。
それにもかかわらず,今回の告知。
いったい何があったんだ?
来季用のシーチケのアピール?
カードor紙を選べますようっていう。



もしかして,紙を選んだ人の中に,カードで入場できると思っている人がいたとか?
そう解釈しないと今回の告知はまったく意味をなさないな。
もしそうだとしたら,案内ぐらい読みましょうよ。
レッズを応援し続けたいのなら,最低限のことはしないと。



最初,告知のタイトルを読んだんだけど,いったい何事かと思ったわ。
もっとも,私はカード式だから直接には関係ないんだけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

客が「ありがとう」と言う(秘密のケンミンSHOW)。

木曜日に見た「秘密のケンミンSHOW」。
確認できたことがあった。
それは,客が「ありがとう」と言うことである。
具体的には,
客が
スーパーの会計時に「ありがとう」
レストランの会計時に「ありがとう」
バスの降車時に「ありがとう」
などなど。
これは大阪府の事例として紹介してたんだけど,香川県民の私も大いに納得。
たとえば,
バスに乗る機会といえば,埼スタに行くときなんだけど,埼スタについて降車するときにバスの前から降りることがあれば,運転手に「ありがとうございました」って言っている。
そうなんだよな。
だから,他の客はなぜ「ありがとう」って言わないのか不思議だった。
やっぱり関東の人は冷たいのか?って思ってたほど。
でも,これで解決。
県民性ってやつね。
金を出したから埼スタまで運転してくれるのが当たり前と言うわけではないのですよ。
埼スタまで運転してくれて「ありがとう」というわけです。
たぶん。
なにぶん,無意識で「ありがとう」って言っているから,内心を分析できん。



晩ご飯が「かつや」のデリバリーで,そのときも配達の人に「ありがとう」って言っていたなぁと思いながらこの記事を書いた。

内舘秀樹オフィシャルブログ - ホワイトウッチー

マスメディアが流す情報に信用性がない以上,信じることができるのは本人から放たれる言葉のみ。
ホリのブログ
堀之内聖オフィシャルブログ - Red20
http://red-20.net/で初めて知ったウッチーがブログを始めたってこと。
読んでると,ゲームという表ではなく,まさに“舞台裏”を知ることができる。
内舘秀樹オフィシャルブログ - ホワイトウッチー
http://white-ucchi.net/



マスメディアが流す情報に信用性がない以上,信じることができるのは本人から放たれる言葉のみ。
ならば,これからも,より多くの選手・人間によるブログでのメッセージの配信を希望する。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

友野押花教室展覧会へ

川口市立グリーンセンターへ行き,
グリーンセンター 温室
(目の前の建物は,温室。)
友野押花教室展覧会を観覧。
友野弥生先生をはじめ,お弟子さんのたくさん作品はあったけど,3トップにしぼりましょう。
尾城雅一先生
友野弥生先生
長島早苗先生
バランスを重視する私にとって抜けていたのは,尾城先生。
あのバランス・統一感は半端じゃない!
一つの作品に存在する方向性を感じさせてくれました。
友野先生は,たしかにまとまっているのだが,あとワンポイント欲しいところ。
言うなれば意思の発露。
つまり,個性というべきなのだろうが,ただ,その個性が強すぎるとバランスを崩すという難しいところを含んでいる。
さて……。
一番厄介なのが,長島先生。
あの作品しか知らないので彼女全体を評価することはできないのだが,
はっきり言ってあの作品は3人の中で一番バランスが悪い。
花はそれ自身が光を放つ。
そして,ラメもまたそれ自身で光を放つ。
「光を放つ」物体が2つあり,相乗効果があるとその光は何倍にもなって輝く。
しかし,その光は同質のものでこそ成り立つ。
光は自然光。
ラメは人工光。
つまり,2つの光は異質。
複数の光が異質なもので成り立っている場合,それらの光は相手の光を打ち消す作用がある。
今回で言えば,花はラメの光を消そうとし,ラメは花の光を消そうとする。
現実にそれが起きていた。
ラメが強すぎて,花の存在意義がなかったからだ。
まぁ,他人様の教室の展覧会なのでね。
あまり作品に力を入れなかったのかもしれないけど。



まぁ,こんなえらそうに書いてるけど,無料体験コーナーで初めて押花をしてきました。
押花
あれ?
小学校の図画工作でも作ったかな?

雨の中でのセットプレー。Jリーグ ディビジョン1 第10節 柏レイソル

雨の中でのゲーム。
こんな中だと,コンビネーションもくそもなく。
この一戦。
従来の武器を再確認。
セットプレー。
前節に続いて,今節ではセットプレーで2点。
雨の中だと,それでいい。
無理につなげる必要はなく,獲れるところで獲っておけば良い。
武器を再確認し,今季からの新しい武器“コンビネーション”。
それらが,日曜日のフロンターレ戦でどのくらい通じるか。
みものである。



ますます分からん。
フォルカー・フィンケ。
まったくメンバーをいじってこなかったことだ。
しかも,始末が悪いことに,原口をハーフタイムで交代。
そんな早い交代ならスタメンをかえたらいいだろうにと思ったのは私だけだろうか。
正直,原口に“らしさ”を感じたことはほとんどない。
まだトップは早すぎるんじゃ。
長く輝き続けることができる星になるためにも。



セルヒオのゴール。
日韓戦での永井のゴールを思い出した。
クリアボールが得点になるっていうパターン。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

なぜかhttp://www.soccertv.co.cc/では放送されないようだったので,仕方なくというか,最近知ったレッズチャンネルで見た。
http://en.justin.tv/atmark
こっちは,ハーフタイムとか,そのまんまスカパーだったわけだけど,権利上何か問題がないかだけが心配。
それでも,レッズチャンネルだと,接続がすぐできるし,楽っちゃ楽。

S1スパサカ曰く「中村俊輔,セルティックを今季で退団」

S1スパサカは「セルティックを今季退団することから有終の美を飾ることができるか」って言ってたけど,これってオフィシャルで発表されたこと?
今まで,新聞レベルでは聞いていたけど,
ホントに俊輔自身のHPやセルティックのHPで発表され,信憑性がある情報なのか?



まぁ,天下のTBSが新聞レベルの情報をテレビで流すわけないわな。
きっと確かな情報なんでしょうよ。

宇都宮餃子

お土産にいただいた「宇都宮餃子」。
早速食させていただくことに。
まず,タレ&ラー油が付いていたことが良かった。
我が家にそれらはありませんでしたから。
気が聞いたお土産だ。



さて,本題の餃子。
ノーマル,えび&しそという3種類。
その中でもおいしかったのは,しそ。
しそがすごく効いていて風味がすばらしい。
これがきっかけに,餃子を腹いっぱいに食べたくなった。
うん,これはホントにうまかった。

欺瞞に満ちたサッカー。Jリーグ ディビジョン1 第9節 アルビレックス新潟

素直に喜べない勝利だったのは事実。
なぜなら、我々は結果のみを追求するサッカーはやめたはず。
なのに、なぜみんなは大喜びできるのか。
私の中では呆れというか怒りでいっぱいだった。
そのため、観戦しだして初めてWe are Diamondsを歌わずに帰った。
勝利の価値が希薄化しているのに、歌えるわけがない。
勝てばそれで良いわけじゃないんだ。



今季は、
前半ハイペースで後半はガス欠というのがパターンだった。
にもかかわらず、今節では前半からやる気のないサッカーをみせつけられた。
高い位置からのプレス、
カウンターへの対処法、
パスまわし。
すべてが退行していた。
そうなった原因は、過密日程にあるということもできる。
しかし、過密日程になるのは事前に分かっていたこと。
そうであるにもかかわらず、フォルカー・フィンケは何も手を打たなかった。
フィンケに対して初めての疑念である。
もっとも,交代策で勝ちに行くという方向性は見せてもらった。
当たり前といえば、当たり前のことだが、それでも昨季はポンテが交代を命じられたときにブチ切れたからな。
ホームだから勝ちに行くのが当たり前で、にもかかわらずなぜ守備的な選手を入れるのか,と。
今節ではそれは回避されたというわけだ。
ハードワークできていたのは,ハジメ,ツボそして闘莉王だけ。
直輝もお疲れ気味だ。
あれでは本来のパフォーマンスは発揮できない。



パスまわし。
単にボールを転がしているだけで、そこには何もメッセージが込められていなかった。
だから、ボールをもらっても次の行動を模索するというパターンばかり。
コンビネーションサッカーを標榜している以上、パスをまわせてあぁキレイねぇ・・・・・・じゃいかんのですよ!
ちゃんと狙いをもってボールを転がさないと。
人も動いてパスもまわっている。
だから、満足できる人もいるかもしれない。
しかし、ボールがまわっているだけでは私は満足できない。
いうなれば今節は欺瞞のサッカーだ。



レッズのサポーターが日本で一番サッカーを分かっていると私は信じている。
(本来なら,日本代表のサポーターが一番と言わなければいけないのだろうが,あいつらバカばっかり……。おっと,これ以上は脱線するので自主規制。)
だからだ。
欺瞞のサッカーはいずればれてしまう。
レイソル戦はその面でみもの。



疑念といえば、今節ではポンテに対してもだ。
たしかに、彼はキープ力がある。
そのため、タメを作ることができ、その間、レッズの選手達は駆け上がれば良い。
しかし、そのメリットのキープ力がデメリットになってしまっているのだ。
簡単にさばけばビッグチャンスになるところを、無理にキープしたり。
ポンテも分かっていないのかもしれない。
レッズが今季から目指すサッカーを。
独りで打開するサッカーはもうやめてるんだ。
他の人間に頼って良いではないか、と思いつつも、助っ人であれば独りで打開しなければいけない、独りで打開してこそ助っ人だ、と彼は思っているのだろうか。
昨季まではみられなかったレフリーに対する抗議の多さ。
それこそが今のポンテの心情を示している。
焦りと不安。



友人ら(親御さん含め)にはホント申し訳ない。
わざわざ試合終了後,帰りに挨拶してくれたのに、私の中で怒りと呆れが錯綜していたために、どんな表情で私は挨拶したのだろうか。
笑顔であいさつしてたら良いんだけど、無表情というか怒った顔で挨拶していたならホントこれ以上に申し訳ないことはない。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

エスパルス戦の直輝のゴール

バカ日程のために,ネットで試合を見ることはできなかったけど,オフィシャルにあるひかりTVのダイジェストでゴールシーンだけは見ることができた。
1点目のポンテのゴールなんか得点を奪う気満々のシーン。
ゴール前に少なくとも5人はいたからな。
以前までのレッズなら考えられない。
やっぱねぇさぼっちゃいかんのですよ。



さて出ましたね~,キーワード”さぼり”。
エスパルス戦を観たサポのブログを10人ばかり拝見させていただきましたが,たった1人この”さぼり”に言及していた方がいた。
えぇ,さぼっていたのは,゛さぼり”の代名詞にもなったセルヒオですよ(エジミウソンは昨季の”さぼり”からはご卒業されましたから)。
なんでも,2失点目は前線のセルヒオのさぼりが原因と書いているじゃありませんか!
(さらには,サテライト新潟戦でのさぼりっぷりも書かれていた!)
彼はまだ分かってないんですかねぇ~。
チームに何が求められているのか。
まあ分かってないんだから,相変わらず交代出場であり,スタメンではないのだが。



おいしいところは最後に。
ということで,直輝のゴールについて。
今までの彼なら,ドリブルし,シュートという場面がほとんど。
そして,そのシュートはDFに追い付かれブロックというのがパターンになっていた。
しかし,今回は追い付かれていなかった。
何を言いたいかというと,ひかりTVの編集だったら仕方ないのだが,シュートへの足の振りが速くなっているように見えた。
さらに,よりゴールに近くに行くためのドリブルもしていなかった。
つまり,彼はプロの世界,J1の世界に慣れてきたってことですな。
今までのシュートの持っていき方だとDFに追い付かれてしまうから,もっと早く蹴ってしまえっ!ってね。
事実,彼の目の前には十分なスペースがあったしね。
ポンテのメッセージ付きのパスもお見事!
右にトラップにシュートを打てというメッセージ。
あの場面でポンテにパスをもらえるなんて信頼されている証だなぁ。
と言いつつ,信頼されてるのは前から分かっていたけど。
だから,ポンテから出た直輝へのパスは必然だったわけです。
直輝ファンとしてはやはり目の前でゴールを見せてもらいたかったというのが本音。
まぁ,彼はこれからの選手でキャリアは始まったばかりだし,これからもゴールを決めてくれるだろうから,ぜいたくな文句ですよ。



奇しくもと言うか何と言うか,この記事が公開されるのは新潟戦当日。
今宵も直輝に観に行きましょ。
レッズポンもしたいしなぁ。
昨季は1回目の挑戦で都築が当たったという幸運ぶりを発揮したわけだし。これがなきゃ昨季はやってられなかったというのも事実。
今季は獲物が増えたってわけだ。
都築&直輝,っていう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク