FC2ブログ

Jリーグ ディビジョン1 第2節 FC東京

良いですねぇ,フィンケ学校の授業参観は。
今まで,なぜ南スタンドに独りで行ったときでも声を出して応援していたかようやく分かった。
もちろん,大声を出すことによりストレス解消ということもある。
しかし,本質はそこではなかった。
声を出さずにはいられなかったのだ。
換言すれば,レッズのサッカーに見入ることができなかった・見入る要素がなかったのだ。
今節の私。
昨季までよりすごく静かでした。
魂のこもった応援は3割,あと7割はフィンケ先生のサッカーをお勉強させていただきました。
いつの間にか,平常やっている考えるときの姿勢になっていたほど。
それほど,今節のサッカーは見ることに集中させてくれた。
家に帰ってから,テレビ埼玉でもじっくりと見たのは初めてだった。



風林火山疾きこと風の如く
徐かなること林の如く
侵し掠めること火の如く
動かざること山の如し
これほど,この言葉が当てはまるサッカーはない。
フィンケのサッカーをクラブは「人もボールも動くサッカー」と言うが,これはオシムがもたらした言葉。
あえて別名をつけるとすれば,
風林火山
後半での出来事。
レッズはボールをまわしつつも,徐々に自陣に後退。
あら?
FC東京のプレスが強いのかなぁと思っていたところ,ある地点に到達したら,攻撃のスイッチが入ったかのようにいきなりプレースピードが上がる。
そう,ゆっくりとしたパス回しから早いパス回しへ。
相手のDFラインを上げさせ(),
まさに,だった。
ボール回しが後退していたのは,フォルカーの戦術だった。
その証拠に,その攻撃が終わった後,フォルカーはgood!!のポーズ(親指を立てるやつね)。
そして,のように,自分たちのサッカーをやろうとしていた。
細かくつないでつないで。
つまり,動じない哲学があった。
細かくつなぎつつも,前節と違いロングボールを折り入れながら。



エジにはビックリ!!
今節では守備面での貢献が目立った。
プレスは早く,自陣ゴールまで戻る姿。
どうしたんですか,エジ!!
覚醒させるのはセル・タカだけではなかった。
フィンケはフォルカーはエジを覚醒させたというのか。
まぁこの結論は尚早だから,次節以降もじっくりと観察させてもらいましょう。
次に,攻撃面。
アルビレックスから来たエジ。
つまり,4-2-2-2から来た人間。
サイドに流れスペースを作りスペースを突くための動きを特徴としていたのは,昨季分かっていた。
しかし,昨季のレッズはご存知のとおり,3-4-1-2。
しかも,縦・横のポジションチェンジがないもんだから,エジがいたスペースには誰も入らず,つまり,ゴール前に誰もいない状況が散見されたため,まったく昨季は活躍しない・働いてくれなかった。
ところが,フォルカーはエジが親しんでいた4-2-2-2にし,エジがいたスペースには誰かが入り,エジを覚醒させたというわけだ。
昨今日本にやって来るブラジル人は勤勉だからね。
たとえば,マルキーニョスにとか。
その勤勉さは現代サッカー・汗っかきに合っている。



さらに,ポンテ。
正直,昨季のポンテを観て,もうポンテは終わったと思ってしまった。ケガのせいとはいえ。
しかし,今節のポンテ。
正反対でした。
よく動いていた。
攻撃でも守備でも。
彼にはこれ以上の言葉は要らないでしょ。
これこそ彼本来の力なんですから。



また,個人的に,ナオキの出場はうれしかった。
2007年に見つけた宝石。
彼をとうとう埼スタでのトップでじっくりと見ることができた。
3点目のポンテへのアシスト。
あれは手本になるパス。
トラップの前から右を見てつまりポンテの位置を確認して,ポンテにパス。
いや~,これにはしてやったり。
見たか!ナオキを!!
都築がいなくなったら(引退・移籍),次のユニはやはりナオキだ。



しかし,原口。
北スタンドは彼の名をコールするけど,それをするほどのものか?
ブレーキが彼にはかかりすぎている。
なんでなんだろうね。
もっと本気……,「本気」という言葉には語弊が生じるかもしれないので,どう表現しよう……。
何かを恐れているかのようなブレーキ。
周りが暴走と感じるぐらいのプレーを見せて欲しい。
それが彼本来の力のはずだから。



ただ,気に入らなかったのは,帰りの電車内でのレッズ側の観客(サポ・ファンとは呼ばない・呼びたくない。それでも,レッズの服は着ていたので,レッズ「側」という表現にしておく)。
彼らはFC東京サポがいるにもかかわらず,彼らを侮辱する発言を聞こえるようにしていた。
「ガス(=FC東京)はお得意様」「(FC東京は)優勝もできない。降格もしない。彼らの目標はどこにあるんだろうね。」など。
これを注意するのは簡単だ。
しかし,他人に注意されて,自省するのなら彼らは最初から言わない。
彼らは何か勘違いしている。
クラブだけでなく,サポーターも成長しなければいけない年なのに。
このままでは,今度はサポーターがクラブに置いていかれるぞ。



さらに,気に入らなかったのはFC東京のサッカー。
せっかく4-2-2-2にしているのに。
つまり,サイドを活かせるフォーメーションをしているのに,サイドを活かさない。
FC東京のサイド攻撃は独りでの仕掛け。
追い越したり,後ろのフォローがない。
つまり,今季のレッズのプレスは早いもんだから,すぐに,レッズが2対1の状況を作れてしまう。
城福さん,大丈夫か?



気に入らないというか,課題点。
昨季よりはマシになったというか,動かないでボールをもらうつまり足元へのパスが昨季よりは減った。
が,しかし,やはり足元へのパスが散見。
さらに,攻撃時のサイドバックの上がり。
自陣でボールを持ったときにも,SBはMFの選手を追い越す動きを見せて欲しかったのだが,それがなかった。
あったのは,右SBヤマのみ。
しかし,それでも,追い越す動きを見せてくれたのは,ポンテが相手陣内の深くで持ったとき。
つまり,自陣でボールを持ったときはMFを追い越していないんだよね。
両SBともにこの動きになっていたのは,フィンケの指示なのかなぁ。
自陣で持ったときは追い越すな,という。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

いやはや,これほど気分良く饒舌に書けたのは初めてかも。
これからも私を応援させない・見入らせるサッカーを見せてください。
こんなにも気分の良い1週間を過ごせそうなのは初めてだ。
いいね。
やっぱいい。
スポンサーサイト



blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク