FC2ブログ

名選手名監督にあらず

マラドーナ代表監督就任へ…国民の74%は「反対」
案外リアリストだ。アルゼンチン人。
本当にサッカーがすきというか,サッカーのことを本気で考えてるんだろうね。
どっかの国とは大違いだ。
しかも,テベスが、「代表監督の荷は重い。ディエゴはもっと頭で考え、感情を抑えなくては務まらないだろう」と指摘したなんて。あのテベスがね……。

スポンサーサイト



点数合格なのに「見た目」で不合格、神奈川県立高で22人

県教委の発表によると、
願書受付時や入試当日に、
服装や髪形、態度を担当教員がメモにして提出。
「つめが長い」
「胸のボタンが開いている」
「まゆをそっている」
などの報告があった受験生の中から不合格者を決めていた。





不合格。
そりゃそうだ。
願書受付や入試当日に,そういう服装などはダメだろ。
入学しちゃえば何しても良いが,それまで(=入試)まではきちんとしてないと。



高校のときの朝会で言われたもんです。
初対面の人はどこを見るか。
外見です。
なぜか。
初対面で,内面が分かるわけない。
だから,外見がまずは大事なんだと。
だから,外見をきちんとしろと。
この話は良かったんだろうね。
これ以外,朝会での話は覚えてないから。



というか,一番驚いたのは,この新聞記事から推察するに,願書受付って生徒が自ら持って行ってるってこと?

ウィルコムの冬

冬の新機種が発表された。
既に飽和状態の携帯業界。
真新しさは特になかった。
もっとも,WILLCOMには携帯電話会社のように,“携帯電話”以外の機能に力を入れるということはして欲しくないので,それでいいのだが。
「WILLCOM LU」(WS023T)は、ウィルコム初のスライド型音声端末。
「WX330J」は、IPX5/IPX7相当の防水性能を持つ、ビジネス向けのストレート端末。
HONEY BEE 2やWILLCOM 03はカラーなどが違ったりするだけで大差ないからまぁいいだろ。



そして,メールアドレスの新ドメイン「willcom.com」が2009年1月15日(木)より導入されるとのこと。
現在ウィルコムにてEメールサービスを利用している人は、1月15日(木)以降にウィルコムの電話機からオンラインサインアップをしてメールアドレス変更を行うことで、新ドメイン名が「willcom.com」であるメールアドレスに変更することができる。もちろん、1月15日以降も引き続き現在ご利用中のドメイン名「pdx.ne.jp」または「**.pdx.ne.jp」のメールアドレスを利用してメールを送受信することも可能。

めんどくさい。
変更するのもめんどくさいし,変更したのをみんなに知らせるのもめんどくさい。
きっと変えないだろう。
「pdx.ne.jp」で十分。

天皇杯4回戦のチケット

昨季もそうだったが,今季も余裕で,指定席をとることができた(SA)。
会場は駒場。
それでもチケットをとることができた。
天皇杯4回戦では,みんな行く気になれないのだろうか。
天皇杯4回戦でのサポの気持ちが未だにはかり知れない。



相手は昨季苦汁を舐めさせられた愛媛FC。
燃えないわけにはいかない。
これぞリベンジ。
負けるはずがないと思っていた相手に負けた。
あのときは,しばらく何が起きたか分からなかったなぁ。
負けたことが現実である,ということが受け入れられなかった。ボーっとしてた。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

Jリーグ ディビジョン1 第30節 アルビレックス新潟

1-0で勝ったけど,どういう試合だったんだろ?
登録上は,4-4-2。
地上波をもっと。



めでたいことといえば,岡野がJリーグ300試合出場達成。
1-0の場面で出場するとは。
最近の試合出場は,試合が決まってからが多かったから,よもやこの試合に出るとは。
とにもかくにも,おめどと~。



永井。
歴史は繰り返すというが,まさか本当に繰り返されるわけないよな。
昨季のワシとかぶる。
じゃあエンゲルスも繰り返す?
奇跡的にJか天皇杯を獲って留任。
開幕後,何試合かして解任。
これは勘弁。
下手にタイトル獲ると解任する口実がなくなるから複雑な気分。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

9月末に香川に帰った時に食べた以来の梨。
梨
新潟県産の梨。
すごくでかかった。
甘さもちょうどよかったし。
満足な梨。
新高

あの……なんか忘れてませんか?

いつもどおりearthへ髪を切りに。
椅子に座ったのはいいものの,何か忘れてませんか?
シャンプーやカットが始まり,カットはとうとう終わってしまった。
あの……やはり何か忘れてませんか?
飲み物が出なかった。
いつもは出してくれるのに……。
あぁ……。
今週はついてない。

崩壊した3バック

1失点目は別として,2・3失点目は完全に3バックが崩壊した。
守りのフォーメーションといわれた3バックの崩壊。
今季はその3バックにひびが入っていた状態だが,ガンバに完全に壊された。
だが,これは悲観することではない。
レッズが変われる機会を与えてくれたんだから。



それにしても見事だった。
ゾーンで守っているところに,1人のDFに対して2・3人が来るんだから。
これじゃ崩壊するよ。
2・3人が来ることにより,DFが“はがされ”て,失点。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ACL AFCチャンピオンズリーグ2008 準決勝・第2戦 ガンバ大阪

さようなら、ゲルト・エンゲルス。
今季のエンゲルス係数はこれ以上上がらない。



ヴィッセル戦と同じ展開。
前半は前からプレスに行けていたのに、後半は別のチームになる。
タカの点はその象徴。前からプレスに行ったからこそ。
そのため、後半は全く点が入る気がしなかった。
前からプレスをかけず、そのためすぐにボールがボランチの位置まで来るのだが、啓太や出場停止のハジのようなアンカーがいないものだから、さらにボールは深い位置へ。最終的に、失点。
こうなってしまったのは明らかにエンゲルスの采配ミス。
まさかアンカーを置かないなんてね。
スタメンの采配ミスといえば、左ハーフにつっ君を置いたこと。
たしかに、彼自身はまずまずの働きをしてくれた。特徴である正確なフィードを活かしてくれたし。
しかし、今回はホーム。
ホームは攻めなくちゃいけないし、点を入れて勝って決勝に進むはずだった。
なのに、つっ君というディフェンスの選手を配置した。
禁反言はなはだしい。
点をとって勝つというなら、なぜ左ハーフに梅を入れなかった?
ヴィッセル戦で、左ハーフでヤマが使えないと判断して、今回は左サイドにつっ君、ヤマはボランチに。
涼しくなってきたから、ヤマのコンディションはかなり戻ってきたようだ。特にキープ力がすごかった。あいかわらず競り合いでも負けないし。



後半開始そうそう同点に追いつかれた。
何度でも書くが、ホームは攻めなくちゃいけないし、点を入れて勝って決勝に進むはずだった。
しかし、エンゲルスが動いたのは何分だ?
2失点目を入れられた76分だ。
何を迷った?
同点にされたときに、勝つしかないんだ,だから攻撃的な選手を入れなければいけなかった。
交代枠はまだ1つ残っていた。
なぜそれを有効に使わない?
それに、交代選手は本当にタツヤでよかったか?
彼本来の力は見ることが出来なかった。
エンゲルスとの不仲がささやかれた永井はヒラとの交代での出場。
スタメンの話しに戻れば、右ハーフは永井で、左ハーフはヒラでも良かった。



3点目を入れられてからは泣けてきた。これを書いてて、その時を思い出して泣けてきた。
試合終了のホイッスルは鳴っていないのに帰る人がたくさんいてそれを見ても泣けてきた。
まだ試合は終わっていないのに何で帰れるんだ。
レッズの勝利を信じていないのか。
そんな人がホーム側に座っていて良いのか。
本当にレッズファン・サポなのか。



アジア枠での出場はなくなった。今年のFCWCはテレビだな。
開催国枠もあるにはあるけど、ガンバがACLで優勝すれば、それもなくなるわけで。
そもそも、開催国枠は、リーグ優勝チームが出場する。
今のレッズにはそれは無理だし。



お別れをするのは、エンゲルスだけではない。
フロントすべてだ。
監督の人選ミス、外国籍枠。
エンゲルスは何をもたらしたのだろうか。
もう一人の田中君をボランチ,トップ下で使うという付け焼刃。
ほか……,つっくん,直輝,シュンキ,元気の出場。
戦術的には?
相変わらず何もない。
外国籍枠。
3つ目の外国籍枠。
補強がうまくできない。エジミウソンを含め。
今日の,というか,今日もエジミウソンはひどかった。
スパイじゃないのか。
エジミウソンってスパイだろ。
でなければ,あんなにシュートをふかすはずがない。
シュートがスローインになるなんて本当にFWか?これは衝撃的だった。適当に蹴っているとしか考えられない。
まぁなんにせよ,フロントの責任は重大だ。
これら全ての問題はフロントが引き起こしたもの。
何ら責任を負わないという結論はない。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

試合終了後、ホームとビジターの帰りの導線を完全分離

セキュリティーネットどころじゃなくなった。
今回は,試合終了後、ホームとビジターの帰りの導線を完全分離。
ガンバ大阪をサポは、専用シャトルバスにて最寄駅まで帰るとのこと。
ん?
でも,最寄り駅ってことは,浦和美園ってこと?
意味があることとは思えないのだが……。



まぁ,なんにしろ,導線を完全分離ってのは良いことだ。それぐらいはしておいた方が良い。
6万人いりゃ,いろんな人がいるから。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

闘莉王からのメッセージ

オフィシャルで,もう一人の田中君のメッセージが発表されたわけだが,そこには彼以外からのメッセージがあった。

◆ACL準決勝、第2戦vsガンバ大阪<22日(水)19:30・埼スタ>のチケットは、MU指定席・SC指定席のみ残り3069枚となっております。(10/19現在)

このチケット情報って何のために表示されてるんだろう。
クラブ自身,そしてクラブとサポーターの関係が破壊されているからこそ,もう一人の田中君はメッセージを発したわけだ。
なのに,その下にチケット情報なんて……。
たしかに,ガンバ戦に向けて力を合わすためにもスタジアムでサポートをお願いします,というように,クラブにとって良いように解釈することができる。
しかし,メッセージを形式的・文言のみで解釈すれば,チケットが余ってますから買ってください,というように読める。
これでは,クラブの利益追求主義をまざまざとみせつけられてしまった感がある。
選手自身も変わらなければいけないが,まずはこの期に及んで上記のように利益を追求しようとするフロントを変えなければいけない。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ギシのメンタル

ギシのメンタルを思うと悲しくなってくる。
今季の出番はナビスコだけ。
ナビスコでは勝つことができず予選ではいたい。
では昨季は?
天皇杯でJ2の愛媛FCに敗退。
ナビスコでガンバに引き分け。
しばらく勝利から遠ざかっているギシ。
水曜日,ギシを勝利GKにさしてやりたいよな。
ACLではいつもどおり「Jとは違うレッズ」で勝とう。


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

Jリーグ ディビジョン1 第29節 ヴィッセル神戸

ギシのスタメンは予想通り。ACL第2戦をにらんで。
でも,ハジはなぜスタメンだったんだろう?ハジもACL第2戦は出場停止なのに。
ヤマを左で使うという奇策(?)
ヤマと交代で入った梅を見て思い出した。
梅は本来左サイドを好んでプレーする。
梅が左サイドでいいのではないか。
ボランチは,ヤマと啓太で。
もっとも,今節の試合を考えれば,ハジがいなければもっと失点していた。
彼は今や守備だけでなく,攻撃面での貢献度は高い。後ろからの飛び出しを考えても。
交代といえば,交代策で疑問。
タカとタツヤの交代だ。
その交代直前,タカらしいドリでの独走を見ることができた。
これを観たとき,タカの能力の高さをうかがい知ることができた。
だが,前述のとおり,その直後にタツヤと交代。
エンゲルスは何を見ているのかと思う。
そして,チームとして攻撃の形がない。
ここまで来て分かっただろう,エジやタカが点を取れないのは彼ら個人の問題ではない。
彼らの能力の高さは皆が認めるところ。
ならば,やはり問題はチームにあるとしか考えられない。
事実,彼らはアタッキングエリアでさまようような足取りをしている。
他にも,エジはセンターフォワードであるにもかかわらず,サイドに開こうとする。
その結果,中に誰もいないという状態が起こる。タカの交代直前のプレーを参照。
ヴィッセルは,ワンタッチパスをけっこう見せてくれた。
ワンタッチプレーの多用って,代表でしか見れないんだと思ってたけど違うんだな。
代表戦を観に行くと,ワンタッチプレーのところでわくもんだから,てっきり代表でしか見れない,という先入観ができていた。
ヴィッセルでもできる。
ならば,ここの能力が優れているレッズができないわけがない。
永井はベンチにすら入らなかった。
エンゲルスとの仲はそんなに悪くなったのか。
そうだとしたら,今季去っていくのはエンゲルスであって,永井ではない。
昨季の過ち,オジェックを取ってワシが去る,と同じことを繰り返してはいけない。
それを考えると,下手にタイトルを取ると,エンゲルスの首を切れなくなるんだよなぁ。
タイトル取れなくてもフロントは,「シーズン中の突然の就任」ということで,続投させそうな気がする。



ポンテは相当イライラがたまっている。
思うようなプレーができないからだ。
たしかに,昨季と比べても転ぶ。
大怪我の影響。






ギシ。
スーパーセーブを連発するものの,キックに不安。
ただ,来週の水曜日は彼しかいない。



そう,ACL第2戦って,水曜日なんだよな。
帰り道に友達に言われて思い出したけど。
こういう状態で第2戦に臨むのか。



もう一人の田中君。
もう限界だ。
後半の途中からそれが明らかだった。
通常なら軽く追いつきカットしてから次の攻撃につなげるところ,もうそれができなくなっていた。
トップにポジションをかえたとしても,何の意味もなさない。
彼はもう何もできない状態なんだから。
それが試合終了後の涙でもある。
彼はもう限界なんだ。




やっぱWe are KOBE.はおかしいと思う。
別に,お前ら神戸(という土地)じゃないだろう,と。
KOBEをVISSELとするなら納得がいくが。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

ALL COME TOGETHER!グッズ発売

とうとう販売,ALL COME TOGETHER!グッズ
買うしかねーだろ。
バナー。
昨季のもあるから,どこに貼ろうか。



買いたいと思うのはバナーしかない。
タオルマフラーは1年に1本でいいし。
他の商品も……,って感じだし。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

埼玉スタジアム、セキュリティネット設置

だんだん物騒になってきたな。
ところで,セキュリティネットって何なんだ?
黒色の着脱式ネット
設置場所:
・南サイドスタンド緩衝エリア(幅45m、高さ5m)
・メインアッパースタンドアウェー側(幅9m、高さ10m)
分からん。
大きさ的に想像できん。
土曜日,実際に見るしかないな。

ウズベキスタン戦

試合前から結果は決まっていた。
代表戦なのに、クラブのように阿部ちゃんのポリバレント性に頼った人選。
メンバーが限られているクラブにとっては、阿部ちゃんのポリバレント性に日々感謝している。
だが、今回は代表戦。
左サイドバックがいないのなら、召集すれば良かった。
たしかに、先発が最有力だった長友は離脱した。
しかし,現有戦力でも、専門のサイドバックはまだいた。駒野である。
今回のコーディネート、いかがなものか。
無論、岡田さんが駒野を傷つけたことは間違いない。
そして、全国の左サイドバックをもである。
全国にいる左サイドバックは、本職ではない阿部ちゃんよりも力が劣っている、言っているかのような先発。
それでも、阿部ちゃんはそつなくこなしていたが、やはり経験が少なすぎた。
オーバーラップするタイミングが分かっていないようで、フリーランにしてもボールがこなさ過ぎた。
オーバーラップしても、阿部ちゃんにボールが来ないのである。



マジックワード“献身的な守備”
最近は,前線からの“献身的な守備”という言葉がもてはやされている。
(たとえば,タツヤ。)
俊輔の成長は、守備への意識で分かる。
たしかに、やべっちFCを見ていても、セルティックで守備をする場面が目立ってたし。
右サイドバックである内田がオーバーラップしたとき、内田が上がったために生まれたスペースを埋めたのは、その俊輔だったのである。
攻撃的な選手が、最後尾まで下がり、ふたたび前線へ。
カバーリングの決まりごとが拙いい。
これでは、俊輔の体力は守備で殺されてしまい、攻撃に活かせない。
もっとも、俊輔より、内田の方が後半ばてていたことは特筆すべきこと。
学校を出るとき,内田の体力が話題になったからね。
以上から分かることは,俊輔は海外で相当フィジカルが強くなったようだ。
一方の内田はどうしたらいいんだろう?
本来のポジションである右サイドバックなのにペース配分ができないのか。
バーレーン戦ではそこを見事に突かれ失点したっていうのに。



日本代表のサッカーって,レッズのサッカーに毛が生えたようなもんだな。
内容は変わらない。
ただ,レッズよりは動けるってこと。



試合終了直前になって,私の言ったことを実践してくれたので満足。
UAE戦でのことだ。
そのとき,私は,「ロスタイムになっても,ちまちまボールまわしてるなんて。
まわした挙句,途中でカットというパターン。」と書いた。
それが今回改善されていて,MFを通り越すロングパスを繰り出していたのだ。
ただ,やはり苦言をていしておかないと。
なんで,もう一人の田中君はレッズでやるときと同じように,FWの位置にいるんだ?
交代にしてもそうだ。
唯一,仕掛けることをしていた香川。
仕掛け人に代わって入ったのはイナ。
香川の位置にヤットが入り,イナはヤットがいたボランチに。
「仕掛ける」ことを放棄した交代。
玉田に代わって,興梠。
FWとFWを代えてどうするんだ?
ホームなんだから勝利が至上命題なのに,FWとFWを代えてたんじゃ,勝つという気持ちが伝わってこない。
まだ,岡田さんの無能ぶりは続く。
サイドの重要性が分かっていない。
現代サッカーの象徴“サイド”。
日本はサイドを制することはできなかった。
日本の選手が“一人”でボールを持つと,必ずウズベキスタンは二人でボールを奪いに来て,日本はボールを奪われるという場面が目立った。
数的有利を作るというのがサイドを攻略する際の基本。
サイドハーフ,サイドバック,さらにはボランチ。
最低でも3人入るはずなんだが。
なぜかサイドを一人で打開するというパターンが散見。



埼スタでこの試合を見ていた,ポンテはどう思ってるんだろうね。



ウズベキスタン
日本代表がヴィジュアルをやったわけだけど,隙間ができて美しくない。
レッズのすばらしさがよく分かったヴィジュアルであった。

来季のレッズ

ユースから4選手の昇格が発表された。
気になるのは,来年のフォーメーション。
左サイドバックの永田を上げた。
前には,阪南大から野田の内定もあった。
これってやっぱり来年は4バックを示唆しているとしか思えない。
これで,3バックだったら……。

レッズユース、高円宮杯、決勝

浦和レッズユース9-1(前半5-1)名古屋グランパスU18
なんじゃこの結果。
人が授業を受けている間に,こんなおもしろそうな試合をしたなんて。
法科大学院様,お願いしますから,休日は休ませてください。



それにしても,
決勝でここまでの差が出るとはね。
さて,これからの補強はどうするか。
今までの,“外からばかり”というのは歯止めがかかるだろう。
世代交代には,長期的観点が必要。
勝てないからと批判するのではなく,ある程度の辛抱が必要になってくる。
その辛抱がサポーターにできるか。
それに,世代交代するにも,トップの監督がねぇ……。

GGRスペシャル

中身はたいしたことなかった。
でも,LOSS TIMEはおもしろかった。
一番笑えた。
阿部ちゃんと福永さん。

トレーニングマッチ&高円宮杯

今回のトレーニングマッチ。
どういう位置づけなんだろう?
メンバーを見る限りトップの試合に出られない選手が先発。
これからの試合のためにふるいにかけたと判断せざるを得ないが。



そして,ユース。
決勝進出。
無論うれしいことだが,個人的には悲しい。
なぜなら,13日は世間では休みなんだろうが,私が通うローでは通常通りの授業がある。
なんでや?
何で13日に授業があるんや!?
あぁ,悲しい。
せっかくの埼スタなのに。

GGR

20時からレークタウンでのトークショーを放送。
去年だと通常番組内で放送していたような……?
今年はどうしたんだろう?
単なる穴埋め?
20時の。
テレビ埼玉に限ってそんなことないか。

UAE戦

試合終了直前15分しか観てないので,試合内容は語れない。
終了直前15分前,そう,失点シーンはきっちり観ることができた。
失点すると,世間は,中澤ともう一人の田中君がCBなら,失点することはなかったと感じるのかねぇと思ってしまった。
現実として,もう一人の田中君は休ませたい。
けど,やっぱ本人は行きたいんだろうけど。
元に戻して,失点シーン。
ディフェンスの約束事が出来てないから起きた現象。
誰が当たりにいくか決めておかないと。



ディフェンスだけじゃなく,オフェンスもそう。
ロスタイムになっても,ちまちまボールまわしてるなんて。
まわした挙句,途中でカットというパターン。
レッズのように時間がたっぷりあるにもかかわらず中盤を飛ばすのもいやだが,今回のように,時間がないにもかかわらず,ボールをまわそうという姿勢もダメだ。



岡田さんは犬飼さんの言いつけを守ってスーツ。
岡田さんがスーツ。
ジャージの印象が強いからか,スーツが似合ってない。
なぜだ?
やはりジャージの印象が強いからか?
日本人にスーツは合わないか?
モウリーニョはかっこよく見えるんだが。

ACL AFCチャンピオンズリーグ2008 準決勝・第1戦

アウェーゴールを奪っての1-1。
結果的には悪くはない。
内容はどうだったんだろう?
日本でのゲームなのになんで地上波放送はないんだろう?
また昨季と同じく決勝だけ放送?



85分にまたもう一人の田中君登場。
やっぱFW?
タツヤは出場時間が少しながら復帰。



ハジはガンバと相性は悪くないようで,
昨季ナビスコ準々決勝・万博でゴールしたし。



ただ,都築,ハジと相馬は第2戦出場停止。
18日のヴィッセル戦のGKはギシで行くしかない。
左にヒラ,右にヤマ,ボランチは啓太と……?
啓太の相棒は誰?
阿部ちゃん?もう一人の田中君が戻ってきたことが前提だけど。
あっ,堤をDFラインに入れるか。
そしたら,阿部ちゃんをボランチに置ける。
なんにしろ,18日のスタメンが22日第2戦のスタメンとみて間違いない。

又は 若しくは

基本的なことだけど,刑事訴訟実務の基礎の時間に再確認できた。
又は
若しくは
の使い方。



分かってたつもりでいつの間にかどっちがどっちかが忘れていた。
又は海峡で,
若しくはドブ



具体的な例としての
刑事訴訟法321条柱書
あぁなるほど。

10/8ACL、パブリックビューイング開催

あるのかなぁと思っていたPV。
なんで浦和PARCO前市民広場なんだろう?
昨季は埼スタだったのに。
PVは埼スタじゃ採算とれないか?
浦和PARCO前市民広場だと正直迷う。
埼スタなら行ったんだろうけど。

Jリーグ ディビジョン1 第28節 ジェフユナイテッド市原・千葉

狂気の采配をふるうエンゲルスにより先発となったもうひとりの田中君。
さらにもう一人の犠牲者タカ。
わけが分からない。ホントわけが分からない。
明らかにもう一人の田中君を先発させたのは失策だった。
彼はもうほとんど動けない状態なのだろう。
1失点目はそれが顕著に現れている。
いつもの試合なら,彼自身も深井につめていたはずだ。
最下位のチームのような試合開始だった。
たしかに1点目の得点はもう一人の田中君あってのことだ。
しかし,1失点目も彼あってのこと。
プラマイ0なんだよ!



解説の金田さんのおっしゃるとおり。
受け手と出し手の呼吸が合わない。
ワンタッチーでのプレーができない。



サイドが上がったときのフォローの不足。
相馬の単騎が目立った。
ヒラの場合はスペースができていたらそこに飛び込むというタイプだから,“単騎”という表現は合わないが。



2失点目の深井のゴール。
あれはうまかった。
足裏を使って。
敵ながらアッパレ。



80分を過ぎたあたりから,中盤を飛ばす。
こういうのに頼らなければいけないとはね。
今回ももう一人の田中君はその時間帯では前線にとどまっていた。



TBS。
まさか後半にCMを挟んでくるとは。
2回も。
1回は失点してたし。
CMを挟まなければいけないことになってんのかねぇ。
スカパーとの関係上。



あぁ……,また暗黒の1週間が始まる。
最近は良い1週間がない。

背番号12

テレビ埼玉でアルディージャの試合を見ていて思った。
アルディージャは背番号12をサポーターのために空けている。
国内戦ならそれでいいんだろうが,背番号登録が限られている試合になるとどうなるんだろうかと思ってしまった。
たとえば,ACLだ。
ACLでは,背番号30までしか使用できない。
30までしか使用できないにもかかわらず,12は空けるのだろうか。
国内では12を空けてて,ACLにも出場するようなチーム……?



HPで初めて知ったけど,今日のジェフ戦。
TBSで放送する。
あぶねぇーー,見逃すとこだった。

秋冬グッズ

昨日のGGRで秋冬グッズがボルテージで販売されたことを知った。
埼スタでは18日に配布されるんかいな?

新商品よりも壊れてしまった都築のストラップを買わないと。

警察官が自宅保管の取り調べメモ、最高裁で開示命令が確定

強盗致傷事件で警察官が参考人を取り調べた際にノートに書きつけ、
自宅に一時保管していたメモを証拠開示すべきかどうかが争われた裁判で、
最高裁第1小法廷(涌井紀夫裁判長)は
「メモは捜査のため作成した公的な性質のもので、
職務上保管されていた。
開示による弊害もない」
と述べ、
検察側の特別抗告を棄却する決定をした。

決定は9月30日付。
開示を命じた1、2審の決定が確定した。

最高裁は昨年12月、
警察官が取り調べ段階でつけた備忘録を開示対象とする判断をしており、
検察側証拠の開示を広げる流れが改めて示された形だ。

開示を申し立てたのは、
2004年にマンションに押し入って現金を奪ったとして強盗致傷罪に問われ、
無罪を主張している男性被告(30)側。
東京地裁の公判前整理手続きで、
検察側は、
被告の知人女性が被告から犯行を打ち明けられたと供述したことを明らかにしたため、
弁護側は、
女性を取り調べたことがある警察官のメモの開示を求めた。

検察側は
「メモをつけたノートは、
警察官が私費で購入して上司にも見せず、
自宅に持ち帰っていたもので、
開示の必要はない」
と主張していた。

(読売新聞)

ヒューゴボス、クラブスーツ08秋冬モデル

撮影したのはホリのブログで知っていたが,やっぱり吹き出してしまった。
ホ,ホリがかっこよすぎる……。
あと,みんななんでこんなにも黒いんだ。
太陽で焼けただけじゃないよな。
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク