FC2ブログ

阿部力の関西弁

めちゃイケがCMとなった間に,チャンネルをかえている間に,恋空を少し見た。
すると,けったいな関西弁が。
関東弁と関西弁が混ざったふうな言葉。
阿部力……。
しょせん顔だけだな,俳優としてのプロ精神が伝わらない。
よくあんな関西弁でテレビに出たもんだ。
わけわからん。
スポンサーサイト



黒蜜

誰が最初に思いついたんだろうか。
黒蜜を使った食べ物。
こんなおいしい食べ物。
有名どころは信玄餅。
これを去年,初めて食べたんだが,日本は広いと思った。
黒蜜を使うなんて,山梨県民はセンスがある。

昨日の続き

そういやあの人って,大木さんじゃないかなぁ。
代表コーチの。視察だなありゃ。
にしても,国立のスタッフの手際の悪さに笑えた。
大木さんを席にスムーズに案内できず,大木さんに待ちぼうけを食らわせたんだから。
Jにおける代表の地位がうかがい知れた場面だった。



Jリーグ ディビジョン1 第23節 東京ヴェルディ ~というより,師匠との出会い

レッズのサッカーは最悪だったけど,師匠に出会えてどん底に落ちるのを免れた。
私にサッカーを見る技術を教えてくれた先生。
大住良之
後藤健生
そして,
湯浅健二
などなど。
それぞれの先生からは,当時,中学生の頃,観戦するときボールしか見なかった少年が,まずはピッチ全体を見るということを覚えた。
その後も,いろいろなことを教えてもらった。本を通して。
今回の席は記者席の真横だった。壁を挟んで。
だから,誰が来ているかはよく分かった。
ふと,横を見た。
そしたら,師匠が座っているではありませんかーーー!
真横に湯浅先生が座ってらっしゃった。
横目で注視してましたよ。
試合前にしていたこと。
やすりで爪を整えてました。
パソコンを打ちやすくするためでしょうか。
ひーーーっ!
緊張する。
いつもどおり応援していいか迷ったけど,高い金払ったんだからいつもどおり歌いました。
通路を見てたら,福田さんが通った。
あれ?
福田さんは,ベンチには座らないの?
サイン小僧がいた(実際は,おっさんだが)。
福田さん,良い人だ。
急いでたのに,サインに応じ,他の人々にも握手に応じてた。



話を戻して,湯浅先生。
さすがは湯浅先生,皆さんから挨拶されていました。
やっぱすごいんだなぁ。
みんな挨拶する中,挨拶しなかった人。
NHKである。
何様のつもりだ,NHK。
湯浅先生にあいさつしないとは。



ハーフタイム時には,遠いながらも,後藤先生も発見。
やっぱ関東に出てきて良かった。
師匠と会えるなんて。
関西でも会えたんだろうけど,会える確率は限りなく低いんだろうなぁ。



有名人といえば,帰り際に気付いたが,テレ朝の前田アナもいたなぁ。
みんな気付いてなかったぞ。
私もどうでもよかったが。
サッカーミュージアムでも会ったし,どうでもいいな。
やっぱ,湯浅先生との出会いが一番うれしい。



試合……,振り返る?



国立はレッズによってジャックされた。
どの座席もレッズの方が多かったからだ。
ゴール裏,バックスタンド,メインスタンド。
何で国立でするのかねぇ。
なんでアウェーに多く売るのかねぇ。
昨季の横浜FCを思い出した。
負けてリーグを逃したから,悪い思い出だが。



右は湯浅先生で,大ベテランがいたのだが,
一方,
左の客。
素人だった。
よもやレッズでこんな客がいるとは。代表ならいざ知らず。
一つ一つのプレーに「すげーー!」とか。
殴ってやろうかと思った。
うるさすぎ。
もっとサッカーを,Jを見てください。
「この試合,おもしろい!」って言ってたけど,何を見てそう言えたんだろう。



ディエゴ。
良いゴールだ。
最後までキーパーを見て。
あれは日本人には無理だな。
あそこまで冷静でいるのは。
じゃあ,なぜ日本人には無理なんだ?
分からん。



大黒。
動けていたものの,フィニッシュまではいけてない。
やはり,タカ同様の悩みがあるようだ。



ツボ。
開幕戦以来となる,ツボのチャント。
私と同じように,ゴール裏を陣取ったサポもツボの復活を認めたようだ。



もう一人の田中君。
点を取られてからはFWに。
彼をFWに上げるってことは,相当チームが悪いということ。
実際,達也がいなくなってからは,前からのプレスがなくなり,いつもどおりのどん引きサッカーに。



ヒラ。
トラップミスが最低でも2回。
それもあってか,もう一人の田中君をFWにするため,ヤマと途中交代。



ハジ。
ミドルパスばかりをほめてきたが,ドリのとき,ボールを失いにくくなった。



阿部ちゃん。
否,阿部さま。
今季は大助かりです,阿部さま。



相馬。
前線でキープできないため,ヒラ同様,前に行けず。
アーリークロスしか上げられない状況だった。



ポンテ。
なぜ完全な調子でない彼を使うのか分からない。
永井なり,梅を使った方が良い。
ただ,サイドチェンジは見事。



タツヤ&タカ。
なぜか,前半で交代。
そこまで悪いとは思えなかったのだが。
前からのプレスは戦術かと思っていたが,そうではなかった。
その証拠に,繰り返しになるが,達也の前からのプレスがなくなると,どん引きサッカーに。
結局,オフェンスだけでなく,ディフェンスもタツヤという個の力頼みか。



ヤマ。
ヒラと代わり,右サイドには永井という配置のため,ボランチに。
無難にこなしてた。
調子を取り戻してきたかな。



梅。
受難の日々だな。
試合に出られないとは。
今の状態だと,ポンテより良いはずなんだが。



永井。
FWは,もう一人の田中君に取られ,右サイドに。
悔しいだろうなぁ。
結局は,もう一人の田中君にFWを取られるんだから。
もう一人の田中君をFWに上げるなら,エジを出さなきゃいいのに。
そして,永井がFWに。
だって……。



エジ。
だって,オイルマネーで今,モチベーション下がりまくってるだろ。
日本とはもうじきお別れだからって。
そんな奴がなぜ,タツヤ&タカとの交代で出場するのか。
マネージメントができていないぞ,エンゲルス。
エンゲルスの持ち味は,選手の気持ちが分かることだと思っていたのに。





湯浅先生とジェスチャーが1度同じになったことに感激。
1度だけです。ず~っと,湯浅先生を見ているわけにはいけませんから。
そのシーンは,エジともう一人の田中君がゴール前で突っ立ていたときに,2人のポジションチェンジを要求したジェスチャー。
あいつら,突っ立てて,ボールを貰おうとするからな。
ひきつける動きなり,スペースを作る動きなりをすればいいのに。
う~ん,感激。



湯浅先生と握手をしたり,サインをもらいたかったけど,あくまでも今回は闘いに来た。
それでも,試合後には良いかなと思ってたのだが,先生はそそくさと帰っていった。
なんで,サイン小僧は湯浅先生にサインを求めなかったのだろう?
福田さんに握手を求めた人間も,なんで湯浅先生に握手を求めなかったのだろう?
チャンスは,代表戦のときだな。
代表戦は私,闘ってませんから。



いや,ホントに,今節は,湯浅先生との出会いが一番だったな。
後半からの試合内容はどん引きサッカーで最悪だし。





タツヤは,代表があるから,早めに交代とか言われてたのかな,岡田さんに。
タカは?
分からん。
分からんことだらけだ。
そうでもないな。
分からんことは,タツヤ&タカの交代だけだ。

日本代表

もう一人の田中君、阿部ちゃん、タツヤのバーレーン戦選出。
肉離れ・足首・コンディション不足。
一番マシなのは,コンディション不足とは言っても右肩上がりのタツヤ。
それでもきちんと調整してほしかった。



バーレーンの次はクウェート。
今年も大変ですなぁ。



ACL。
近場という意味で,韓国勢が勝ち上がらなかったのも痛い。

スタジアム

日産スタジアムで,サザンのライブが行われているのをテレビ朝日で見た。
日産スタジアムで。
FC東京戦で味の素スタジアムの芝を見たが,良好とは言い難い状態だった。
同じようにコンサートが行われているからだ。



なんでホームスタジアムでサッカー以外をさせるのかねぇ。
味の素スタジアムの芝を見たとき,FC東京がホームスタジアムを替えようとした気持ちが良く分かった。
あんなピッチじゃサッカー出来ない。



ホームスタジアムでのサッカー以外の利用。
やめさせるべきだ。
特に,日産スタジアムはCWCでも使われるスタジアム。
海外の一流と呼ばれる選手達が気持ちよくプレーできるようにするためにも,サッカー以外の利用は芝の寿命を低下させるだけだ。

戦術家

レッズマガジンでの今月号。
島崎さんは,「同サイドでの打開が主流。」と書いていた。
あせってサイドチェンジをしてカットされるよりは,同サイドで打開するとのこと。
この場面はたしかにレッズも意識しているようで,最近はその場面が目立つ。
ただ,この意図に気付いていない客も少なくないようで,「せまいんだよー」「サイドチェンジしろ!」という声がある。
ここにも,サポーターは成長しなければならない,という言葉が当てはまる。



さて,この「同サイドでの打開」。
どこかで聞いたことがあったかと思えば,そういえば,カマタマーレ讃岐の羽中田監督の言葉。
羽中田さん……,たしかに戦術には長けてるな。
でも,それを実行できる選手に能力がないと意味がない。
実際,情熱大陸で見る限り,選手にその能力はないとみた。



レッズでは戦術家を探しているのですが,羽中田さんのように現代サッカーを熟知している方いらっしゃいませんか?

Jリーグ ディビジョン1 第22節 ジュビロ磐田

もう一人の田中君および永井がいないということでどうなるかと思ったが,力をみせつけた。



最近のレッズは,サイドが下がりきった段階でプレスをかけているのではなく,早い段階からプレスをかけている。
だが,この戦術(?)は,国内戦用。
ACL&CWCで自分たちより強い相手に早い段階でプレスをかけれるか。
それとも,このやり方はJ専用というのか。



幻の1失点目はなんだったんだろう。
カレン・ロバートのゴールの方が,その前のプレーがキーパーチャージ(ヘディングが都築の手に当たっている)で,ノーゴールだと思ったんだが。



都築。
雨のせいで滑るためか,キックが精彩を欠いていた。
セーブに関しては文句なし。



坪井。
3度,ミドルパスで打開しようとした点は評価。
今季のツボは攻撃面で成長中。



阿部ちゃん。
やっぱヘディングが強い。



ヒラ。
いいゴールだった。
突き刺すゴール。
攻撃にしても積極的に参加できていたし。



啓太。
結婚&妊娠のせいか,いつもより積極的に攻撃に参加していた。
ハジが動いてくれるおかげで,守備面での負担が減ったから。



ハジ。
今回も効果的なミドルパスを魅せてくれた。
さらに,攻撃&守備面で以前よりも積極的になったし。
オリンピック効果あり。



ポンテ。
ポンテがキープできるので,ヒラが攻め上がれた。
ただ,全体的なパフォーマンスは評価できない。
1点目を取れてなかったら,前半で交代して欲しいと思ったほど。
完全復調にはまだまだ。



タツヤ。
全力ダッシュは涙もの。



タカ。
復調の証のゴール。
反転からのゴールはタカの象徴だが,今節でのゴールも象徴。
右足で切り返し,左足でゴール。
美しかった。

フットサル

6月以来,2ヵ月ぶりのフットサル。
発狂しまくった。

それもこれも,1年生との試合のため。

VVVフェンロ、本田圭佑選手について

オフィシャルから,正式に獲得できなかったことが発表された。
正直,獲得しなくて正解だった。
今欲しいのは,彼じゃない。彼の能力じゃない。



レッズは,向こうから動き出さないと自らは動かないはず。
つまり,本田側から動き出したというわけじゃないんだろうか。
なのに,本田側が断りを入れるというのはおかしい。
レッズの獲得の動きが変わったとしか思えない。



しかし,このままでいいのか。
結局,誰も獲得できないのか。
レッズというクラブにパイプはないのか。

啓太,結婚……?

報知から報じられ始めた,啓太の結婚。
ホンマかいな。
報知は誤報が多いからな。
しかも,報じているのは報知だけだし。
もしこれが本当だとしたら,啓太の今季の不振が判明。
明らかに今季の啓太はおかしいからなぁ。
扁桃炎になったり。



まだ,あの方がテレビに出ていたら言うだろう。
「あの女と結婚するのはやめなさい。今の不調で分かるでしょ!」
ってね。



素直に喜びたいが,現在のパフォーマンスではそうもできない。
結婚するにしても,シーズン終了後だろうから,それまで続いてるかねぇ。

続きを読む

後厄

どうも今年は災難都築。
……,いや災難続き。
今度は右目に膿ができた。
医者は「疲れをためないように」と言うが,そんな無茶な。
これが後厄か。



そういや,去年は本厄だったわけだ。
あんまり悪いことなかったような……。
あぁあった。
リーグを逃していた。
十分悪いことだ。

やべっちFCに見る松木さん

今さら,「メンバーの固定」を言い出すとは……。
そんなのメンバー発表時から分かっていたはず。
結局は結果論に過ぎない。
何でああいう人がテレビに出るんだか。



他にしても,たいしたこと言ってないし。
他に人はいないのか。

本田圭佑

本田圭佑獲得へ正式オファーへ出したという。
ホンマかいな。
もしこれが本当なら強化部は何をしているんだ?
彼ができるポジションとして,オフェンシブ,ディフェンシブ,サイドハーフ。
どれも駒はそろっている。
にもかかわらず,獲得しようと?
オフェンシブハーフには,ポンテ,梅。
ディフェンシブハーフには,啓太,阿部ちゃん,ハジ。
サイドハーフには,ヤマ,ヒラ,相馬,ケガ中のアレ。
この他にも,ユースからあがってきた,直輝とシュンキもいるし。
若手2人には特に期待しているし。
獲得したい!というパフォーマンスを,彼はオリンピックで見せたのだろうか?



以上より,試合に出られないということでレッズには来ない。

Jリーグ ディビジョン1 第21節 FC東京

味スタ。
かしこくなった。
ゴール裏を1階席と2階席で別々に売り出すとは。



相馬。
前半にタカの惜しいゴールシーンがあったりと,なかなかゴールできない中,よくぞ冷静に決めた。
アルビ戦に続き。
このゴールは,最近の,中に切れ込むというたまもの。
中にいなかったら生まれてなかったゴールだから。



ツボ。
完全復調。
アントラーズ戦から集中して3試合見させてもらったが,そう言って良い。
おめでとう。
日産で歌った,ツボのチャントをまた歌いたい。



もう一人の田中君。
クリアーのとき,つなげる意識がない。
もう一人の田中君ならできるはず。



ホリ。
前2節と比べればスピードが戻った。



タツヤ。
試合終了と同時に倒れこんだのは印象的。
それほどピッチを駆け回った。
タツヤを交代させるという手はなかったのか。



タカ。
完全復調とは言わないまでもフィジカル,シュート感覚が戻ってきた。
もう少し。



ハジ。
北京五輪の成果か,ハジはミドルパスを覚えて帰ってきた。
覚えてるだけで2本だが,その2本どちらもすばらしかった。
パスの出所が増えた。



ポンテ。
今節,ポンテを出す必要があったのか。
せめて来週まで。
梅でよかったのでは?
エンゲルスの交代に疑問。



最近はどん引きサッカーを見せるシーンが少なくなった。
少しは改善されたのかな。
でも,FC東京の方がまだ良いサッカーをしていた。
FC東京のサイドでの攻撃。
レッズのディフェンスと同数になれば,すかさずフォローが来ていた。
レッズも見習うべきところ。
サイドを,ヒラと相馬に任せるだけでなく。
この動きはまだアントラーズ戦の方ができていた。

チーズinお好み焼き

お好み焼きのトッピングとして有名(?)なチーズ。
今回はそれを入れた。入れてくれた。
チーズinお好み焼き
生地と生地の間に挟まれたチーズ。
生地の表面に置かれたチーズ。
ん~,濃厚でうまい。

てもみん

初めて,「てもみん」を利用した。
ボディてもみん,35分。
フットオイルてもみん,30分。
う~ん,どちらも満足のいくないようじゃなかった。
首と方がガチがちと言われた。
そりゃそうだ。



埼玉県でもマッサージできるところを見つけたかったのだが。
今度は,ボディてもみん,55分でもやってみようか。

川端署が男性を誤認逮捕 暴行容疑、女性が虚偽申告

川端署が5月、
女の嘘の被害申告に基づいて京都市左京区の男性(32)を暴行容疑で誤認逮捕していたことが14日、
分かった。
同署は同日、
虚偽告訴等の疑いで、
同区の事務員の女(25)を書類送検した。
男性は逮捕の翌日に釈放された。

府警によると、
女は5月30日午後、
男性のマンションの階段で体を押されたとして、
管理人を通じて110番通報した。
男性は同署地域課員5人にアリバイを主張したが、
署員は女の証言に基づき現行犯逮捕した。
しかし翌日、
アリバイが成立する可能性が出てきたため釈放した。

女は8月上旬に虚偽申告を認めた。
マンションには女の交際相手が住み、
女と男性の間に騒音のトラブルがあったという。
女は
「警察沙汰になったら男性がマンションに住めなくなると思った」
と供述しているという。

川端署は今月、
男性に謝罪した。
西村俊夫刑事部次長は
「男性にご迷惑を掛けた。
指導を徹底し再発防止を図りたい」
としている。

(京都新聞)

障害者自立支援法は「違憲」 11人が不服審査申し立て

障害者自立支援法が定めるサービス利用料の原則1割自己負担は憲法や障害者基本法に反するとして、
東京、埼玉、大阪、兵庫の計11人が13日までに、
負担の免除を求めて各知事と神戸市長に行政不服審査を申し立てた。

7月には東京、埼玉、大阪、滋賀、京都、広島の17人が申し立てており、
1割負担の撤廃を求める「障害者自立支援法訴訟」を視野に入れた不服審査請求は計28人となった。

神戸市北区の吉田淳治さん(67)は13日、
兵庫県と市に不服審査を申し立てた。
全盲のため食事や掃除などの家事援助と外出時の移動支援のサービスを受け、
1カ月に計6千円の利用料を払っている。
妻しず子さん(71)も全盲で、
移動支援サービスに月3千円を払っており、
13日、
市に不服審査を申し立てた。

県庁で記者会見した吉田さんは
「ひと月の主な収入は私と妻の障害基礎年金計16万円余り。
このなかから9千円を出すのは、
負担が非常に重い。
(障害者という理由で)掃除をしたり道を歩いたりするのに利用料を払わなければならないのは、
健康で文化的な最低限度の生活とはいえない」
と話した。

(asahi.com)

いつもどおり,earthで髪を切った。
特に,今月は誕生日クーポンが使えるため半額。
これで,earthを使わない奴はバカだ。



しかし,いつもはクーポンで30%off。
半額と言われても,あんまりお得感がない。

当番弁護士を再派遣、冤罪事件受け富山弁護士会が運用変更

富山県氷見市の元タクシー運転手柳原浩さん(41)の冤罪(えんざい)事件を受け、
富山県弁護士会(金川治人会長)は今月から、
逮捕された容疑者が容疑を否認している場合、
無料で接見する当番弁護士を再派遣するなど、
当番弁護士制度の運用を変えた。

正式な規則の改正は10月の総会で行う予定。
日本弁護士連合会は
「当番弁護士制度は、
ほとんどの県で容疑者の要望で初回だけ無料で行っているが、
規則まで改正し、
再派遣などするのは全国的に珍しい」
としている。

柳原さんは2002年4~5月、
婦女暴行と同未遂の2件の容疑で逮捕された。
当時の弁護人は逮捕から2日後、
当番弁護士として接見したが、
2回目の接見は、
初公判が開かれる前の同年7月に国選弁護人として選ばれた後だった。

この間、
県警の厳しい取り調べを受け、
容疑を認めざるを得ない状況に追い込まれたと、
柳原さんは主張。
県弁護士会の調査委員会が今年3月に発表した報告書も、
1回だけ当番弁護士が無料で接見する現行制度の不備を指摘していた。

今回の改正では、
当番弁護を行った際の報告書類をより詳しくし、
役員がチェックすることも盛り込む。

(読売新聞)

フジテレビ

フジテレビのアナウンサーによる番組に驚いた。
しかも,19~21時までのゴールデン。
前から気付いていたが,アナウンサー=タレント。
特に,フジはそれが顕著。
もう企画が尽きた証拠。
それとも,単なるつなぎか。

タツヤ

9日のレイソル戦。
タツヤは,アップ中に左足首捻挫。
前日の練習で痛め,当日のしかもアップ中に出場回避を判断。
これってどうなんだ?
最悪パターンである,出場し試合開始早々に交代,というパターンは免れた。
急遽先発となったエジの心境如何。
アップ中に既に知らされていたのだろうか。
それなら,心構えもできてそんなに影響もないのだろうが。



タツヤにとっては上昇中での出来事。
これからというときに……。
味スタで元気な姿を見せてもらおう。

誕生日パーティー

誕生日パーティー。
今月生まれの私もとうとう祝われることに。



天然水のカキ氷にあれだけの人が待っているとは……。
そんなにうまいのか。



ウォーターパーク長瀞へ。
久しぶりにバーベキュー。
なんといっても,たくさんの魚貝類。
田舎者の私でもあんなにたくさんの魚貝類を見たのは初めてだった。



満願の湯。
久しぶりの温泉。
美肌がさらに美肌へ。



スイカも上手かった。
甘くて。
我が家のスイカに負けず劣らず。



下準備は大変だったろうに。
ありがたい。
みんな良い人たちだ。
メガネを探している姿を見て,特にそれを思った。

Jリーグ ディビジョン1 第20節 柏レイソル

タツヤはどうした?
アップしてたはずなのに。モニターにもきちんと映ったし。
2誌購読しているメルマガは両方ともタツヤがスタメンで,エジがベンチだったのに。
考えられる可能性として,アップ中にケガ?



菅沼。
あそこから打つとは敵ながらあっぱれ。
力があるのは知ってたけどね。
その前のクリアーミスは誰だ?
あれは致命的。
ナイスアシストになってしまった。
あれには名手・都築も……。



阿部ちゃん。
ダイレクトのスーパーゴール。
しかもカーブかけてるし。
ホント得点能力が高い。
オシム,やはりあんたはスゴイ。
プレースキッカーとして好評を得ていた阿部ちゃんにその得点力を見込んでプレースキックを蹴らせないようにしたんだから。



永井。
ロスタイムでのゴール。
今季は永井のシーズンといっても過言ではない。
それほど,今季はキレキレ。
いや~,よく相手を交わしてゴールを決めた。
うん,うまい!



フランサ。
周りとのコンビネーションが見られないから安心していたのがまずかった。
彼は独りでもゴールを決められる人間だった。
思えば,国立でも結局は彼独りにとどめをさされたといっても過言ではないわけだから。



都築。
目の前で見せてくれた,左手一本でのスーパーセーブには感動。
ただ,ロスタイムの悲劇。
都築も油断してたな。
休憩するなんて。
だから,試合終了後は頭を抱え込んでいたのか。
自身が油断してなかったら……,と。



ツボ。
ディフェンス面は安心。
本来のツボが戻った。
オフェンス面でも今季の目標であるオーバーラップが光った。特に後半は。
阿部ちゃんのゴールが生まれたのは,ツボが相手を交わしたというきっかけだったから。



もう一人の田中君。
今季フル活動(DF/MF/FW)の疲れか,目立たなかった。
単純なミスが多すぎる。
しかも,ツボやホリのような,単純なクリアーもあったし。次につなげるクリアーではなく。
日本代表選手にとってオールスターは余計だ。
休ませてあげたい。



ホリ。
左ストッパーは難あり。
ここは堤を起用して欲しい。
ここのところホリのパフォーマンスが落ちている。
ダッシュ力,ジャンプ力。
DFに必要な能力が落ちている。



啓太。
バイエルン戦と違い,ミドルパスは観られず。ショートばかり。
啓太から始まる攻撃を見たかったんだが。
相変わらずシュートの精度が悪い。
ゴール前まで行くと,打たないで欲しいと願うばかり。



相馬。
バイエルン戦の影響か,すごく前に来た。
最近多くなった中に切り込むというパターンだが,真ん中まで切り込んできたのに驚き。
ただ,やはりクロスの精度がね。
改善されないねぇ。



エジ。
いた?
いたな。
たしかにいた。
何した?
なんかした?



タカ。
がんばってはいるが,まだまだ。
タカはもっとできる人間のはず。
後半はその片鱗が見られた。



永井。
ポジショニングが後ろすぎる気がする。
あれじゃ右サイドハーフだ。
もっと前でやって欲しい。
前でやった結果がロスタイムでの得点。
最初からエジじゃなく,永井がFWで良かったのでは。
コンディション調整不足のエジではなく,梅が先発で。
いや,ホント今季の永井はスゴイ。
もしレッズがリーグ優勝したとき,MVPは永井に決定。



今節のレッズのサッカー。
全体的に悪いとはいえない。
むしろ良かった。
全体として前からプレスをかけ。
レッズの十八番どんびきサッカーになることは少なかった。
そうなんだよ。
彼らは能力高いんだから,やろうと思えばできるんだ。
ただ,勝ち越しゴールを決めたとき,完全に油断したな。
特にDF陣。
前の奴らはキープを必死に時間を稼ごうとしていたが,後ろの奴らは傍観者となり,共に時間稼ぎをしようとしなかった。



ミスをするたびに怒る奴がいた。
これは残念でならない。
その前に良いプレーはなかったか?
ミスだってするんだ。
しかもそのミスが失点につながらないのならいいじゃないか。
サポーターも成長しないと。
選手に奮起を促すだけでなく,自らも成長せよ。

誕生日

1983年8月8日生まれの私にとって,昨日は25回目の誕生日だった。
いや~,今年は世界中の皆さんが祝ってくれたからねぇ。
(オリンピック?)



俺に対する誕生日ケーキ
前日から作り出してくれていた誕生日ケーキ。
俺も彼女の誕生日のときは作ったけど,彼女も作ってくれた。
クリームは柔らかいという難点があったけど,
スポンジにチョコレートがしっかりとしみこんでいるし,
スポンジとスポンジの間にある桃。
この桃は,シフォンケーキを異次元のケーキに変えた。
それほどアクセントとなった桃であった。

代表ユニフォーム

なでしこを観ていて思ったのが,代表ユニが昔のユニに戻ったということ。
まだ,八咫烏が登場してない頃の。
それ以外にも違和感があったが,それが何かが分からなかった。
しかし,昨日のとくダネで判明。
アディダスにもかかわらず,肩に3本線がないということ。
そりゃ違和感があるわ。



それにしても,そこまで厳しくしないとダメなのかねぇ。
八咫烏のみならず,3本線までも。

2点差追いつく 初戦はNZと引き分け

両チームのペナルティエリア内でのファール。
ニュージーランドの場合,明らかに押しているのが見えたからファール。
でも,日本の場合,カメラが捉えておらず検証できず。



NHKのアナウンサー。
「ゾーン」と言わずに,「地域」と言っていたのはサッカーを知らない国民が見ているからそれに配慮したのか?
上手かったのは,
「12番目の選手として時間を味方にできるか?」
ただ,12番目の選手はサポーターな気がする。
だから,正式には13番目のような。
おしい!



確認できたのは,やっぱ澤はすごいということ。



男子のように力強さはないが,足元の技術は負けてない。





リーガル・クリニックで,男子はキックオフから観られず。


アダイウトン選手契約見送りについて

メディカルチェックにより、足の状態がおもわしくない事が判明し、最終的に契約を見送り。
でも,ブラジルの医師はGo!サインを出してるんだよなぁ。
だったら,大丈夫なんじゃ。
ブラジル人のことはブラジルの医師しか分からんよ。
今のレッズの地位を鑑みれば,慎重に成らざるを得ないか。



それよりも気になるのは,GMの「今シーズンがスタートするタイミングから、ボランチもCBもできる選手を獲得しようと動いていました。」というコメント。
今シーズンがスタートするタイミング?
これはうそだろ?
ホントに,今シーズンがスタートするタイミングからだったのか?
だったら,遅すぎだろ。
1月中に,マコと伸二の移籍は決まっていたんだから,その時点で獲得に動き出すのが通常のはず。
フロント大丈夫か?
フロントがおかしいのは今に始まったことじゃないが。



レイソル戦で新加入選手のお披露目を楽しみにしてたのになぁ。

NHKのレベルの低下

NHKの7時のニュースでのこと。
何たる愚行と思ってしまった。



北京オリンピックのため,北京の小学校を取材していた。
その小学校では,日本を応援しなければならない。
いいところの小学校なのだろう,中国人にもかかわらず,日本を応援する旨のコメントをしていた。
やっぱ,いいところの小学校は違うな。



その愚行とは。
NHKのレポーターが,中国人の小学生に向かって,「中国の選手と日本の選手が戦うことになったとき,どちらを応援しますか。」と聞いたのだ。
民放のレポーター・アナウンサーがバカなのは知っていたが,よもや,国営放送NHKまでこのようなバカな質問をするとは。
中国の選手の応援をするのに決まっているだろ!
どこに自国の応援をしない人間がいるっていうんだ!



NHKのレベルも落ちたもんだ。
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク