FC2ブログ

浦和レッズ2008 クリアファイル プレゼント!

ファンファンレッズからのメール。



浦和レッズパートナーの富士住建では、6月30日(月)までの期間中、富士住建HP
http://www.fujijuken.co.jp/ (PCのみ)から資料請求をされた方に「富士住建
オリジナル 浦和レッズ2008クリアファイル」をプレゼントします!
また、富士住建本社ショールームでは、6月2日(月)~30日(月)まで『浦和レ
ッズ展』を実施中です。開館時間は10:00~17:00。詳しくは富士住建HP内「浦和
レッズ応援ページ」 http://www.fujijuken.co.jp/reds.html (PCのみ)まで。
(富士住建)



とのこと。
クリアファイルかぁ~、ということで楽しみながらHPを見たが、仰天。
オ……、オジェック。
集合写真は集合写真でも、本当に最初の集合写真。
富士住建さんは何を考えてるんだか。
スポンサーサイト



高原直泰、日本代表辞退

頭がおかしいとしか言えん。
岡田さん。
使えないと分かっているのになぜ召集したのか。



反対に、高原の代表辞退は評価する。
周りに惑わされず、自分の力を評価し、トップパフォーマンスには及ばない、自分に納得していないから辞退したのだろう。
レッズでコンディションを整えよう。
そして、ナビスコを救ってくれ。



他、啓太も招集。
なんでかな~。



もう一人の田中君にしても、本音は右肩を完治してほしい。
バーレーン戦に備えて。



とくれば、妥当なのは阿部ちゃんだけかな。
でも、阿部ちゃんも足首がなぁ。

日本代表戦での売店

日本代表戦での売店状況を忘れていた。
つまり、食べられるご飯がないわけだ。
米料理がない。
貧相な食事だった。
ケンタッキーのカツサンド、フランクフルト、サンドイッチ。
欧米かっ!
と突っ込みたくなるほど。
こんな食事をスタジアムでするなんて。
こんなんじゃ、スタジアムで食事をしたいなんて思わないぞ。
まるで、どーぞ外から買ってきてくださいといわんばかりだ。



そして、売っている人もおかしい。
上記の食事に怒り心頭だったので、珍しくビールを買った。
ソコでもだ。
「えーっ、これ大変なんですけどぉ」
という声。
(ビールを注ぐのが大変らしい)
レッズの試合のときには聞いたことないぞ。そんな声。
素人。
素人が代表戦で仕事をしているのかね。



こんなんで、よく人に来てもらおうと思ってるな。

キリンカップサッカー2008 ~ALL FOR 2010!~ 第3戦 パラグアイ代表

チケットが17,000枚しか売れていないということでウキウキしながら埼スタへ。
なんたって、レッズで17,000枚なんてことはないからね。
どれだけガラガラなんだか。



たしかに、少ない感じはする。
浦和美園からスイスイと埼スタまで行けた。



楢崎。
全体的には可なのだが、あのFKの場面だけはいただけない。
前にこぼすなんてありえない。



寺田。
落ち着いていて、けっこう良かった。
生き残れる可能性大。



もう一人の田中君。
ひょっとして攻撃参加できないから、ストレスたまってる?
でも、あんたのディフェンスはスゴイ。
DFとして集中しとけば一番だよ。
日本ではNo.1DFだ。



阿部ちゃん。
ポリバレントな阿部ちゃん。
今日は右SB。
阿部ちゃんは確かにポリバレントだが、サイドの選手ではない気がする。
阿部ちゃんをサイドで使わなければいけないほど、代表には選手がいないのか。
レッズからの推薦……、う~ん右サイドはないな。



長友。
彼はそんなに良い選手ですかい?
足元がさっぱり。
シュンがサイドチェンジをしても彼がトラップできない。
やはりサイドは人材不足。
かと思いきや、左サイドならレッズから推薦できますぜい。
相馬はいるし、ヒラもいるし。
もっとも、現在ヒラはケガ中だが。



啓太。
岡ちゃん、わけわからん。
レッズで試合に出てない選手をスタメンで使うなんて。
無難にやってたわな。
バランサーとして。



ヤット。
プレースキックのときしか存在感なし。
ガンバのときとは大違い。
ガンバのときは自然とボールが集まるだろうし。



山瀬。
ヤット同様、存在感なし。



ケンゴ。
ボールを散らし自らも動いていた。



シュン。
去年よりは球離れが早くなった。
そして、サイドでのプレーが多くなった。



巻。
何がしたいんですか?
シュンのオフサイドぎりぎりのパスをナイスクリアでした。
えぇ、知りませんでしたよ、あなたがパラグアイのスパイだったなんて。



マコ。
我らがマコ。
帰ってきたマコ。
私はあなたを観に行きました。
私はあなたに会いに行きました。
成長したなぁ。
サイドにあんなに流れるプレーをしだすなんて。
ドイツに行った甲斐があったってもんだ。



松井。
ゲームにアクセントをもたらした。
もっと、マコとのコンビを観たい。



ニュースでは、前半の方が攻めていたと言うけど、私は違う。
前半はもう少しで寝そうだった。
スタジアムに行って寝そうになるなんてね。
後半のほうが面白かったぞ。
マコがいるという贔屓目があったからか?
それはたしかに否定できないし、否定もしない。
松井がけっこう良かったな。
マコと松井のコンビ。
もっと観たい。

パラグアイ戦

なにやらチケットが17000枚しか売れて内容で。
たしかに、キリンカップだし。
でも、私は行きますよ。
一年ぶりのA代表の試合。
それまではやはりオリンピックの試合が多かったからな。

梅じそパスタ

暑くなってきて、夏に向けての食べ物。
クエン酸。
すっぱいもの。
ということで作りました。
名づけて
梅じそパスタ

梅じそパスタ

一番下に、
レモン汁を絡ませたことにより、それだけでも食べることができるパスタ。
その次に、
かつおぶし。
そして、錦糸卵。
鰹節と錦糸卵により、全体的なすっぱさの中にほんのりとした甘さを出す。
その上に、
しその葉を細かくしたものと、そのままを1枚。
最後に、梅干1個。
タレは、しょうゆ大さじ1杯、レモン汁1杯、梅肉を混ぜたもの。



これで夏を乗り切ろう。
なんか疲れが飛んだ気がする。



デザイン的には上手くできた。
思い描いたとおりに。
しかし、味がなぁ。
すっぱいのだが、コントラストとなる味が足りなかった。
たしかに、少しはかつおぶしと錦糸卵がその役割を果たしてたけどね。
それに、梅が主張しすぎてるし。
つまり、全体としてレモンが効いていない。
そりゃ、パスタにレモンが絡んで入るけどね。
こりゃ反省。
再戦決定です!!!
今度はレモンが主役。

第14節 6/28 (土) 柏レイソル

購読しているメルマガで知った。
第14節は、ローソンでしか買えないということを。
ぴあを見た。
たしかに、14節のことを書いてない。
あぁ~、メルマガ購読してて良かった~。



早速、ローソンで購入。
みんな知らないからか、余裕で購入できた。
ただ、今回は自由席ではない。
その週の木曜日がリーガル・クリニックで、受講報告書の提出やら何やらで忙しくなりそうだから、ウォーミングアップまでに行けるように、メイン・バックを購入。

ハヤシライス

22日に作ってくれたカレーの残った具材で、
ハヤシライス
を作ってくれた。
それでもにんじんが残り、それをスティックにし、
暑かったことから、豆腐も買った。
ハヤシライス




今週はけっこう食べたな。
パスタ食べたいな。
月曜日はパスタを作ろうかな。

観音屋チーズケーキ

以前、神戸に行ったときに食した“観音屋のチーズケーキ”また食べちゃいましたよ。
えぇ。
レンジでチンして(ひょっとして死後か?)。
観音屋チーズケーキ

(食べさしでスマヌ)
とろ~りチーズ。
あたたかいケーキ。

斬新だわ。
相変わらず美味。

UEFAチャンピオンズリーグ

今年のFCWCのヨーロッパ代表はユナイテッドに決まった。



国際公法の中間テストがあるにもかかわらず、3時30分に起きた。
でも、その価値はあった。
(そりゃ、テスト中は眠かったが。)
ロナウドのあのヘディング。
暑い部屋だったが、鳥肌が立った。
しかし、やっぱりチキン。
バルサ戦に続いてまたもPK失敗。



ジョン・テリーのPK失敗。
アメリカWCのバッジョを思い出した。
スターのPK失敗は絵になる。
でも、まだロナウドのPK失敗は許せない。
つまり、私の中ではまだロナウドは英雄ではないということだ。



本気のユナイテッドを見られて良かった。
昨年のさいたまシティーカップは5割くらいの力だったのかな。
カウンターの速さが違いすぎる。



繰り返す。
今年のFCWCのヨーロッパ代表はユナイテッドに決まった。
FCWCに日本のチームは必ず出場するわけだが、また日本のチームはアウェイにさらされるわけだ。
あんな屈辱は感じたことはなかった。
日本で開催されたにもかかわらず、スタジアムの席で座ったところの周りにはミランのファンだらけ。
どげんかせんといかん。

国際7人制サッカー大会

この大会は、どういう意義があるんだろうか。
ナビスコのグランパスは確実に出られないし。
う~ん……。

G大阪の加地が代表引退を表明

クラブのホームページを通じて日本代表からの引退を表明した。
故障していた今年3月に、
日本代表の岡田監督に引退の意思を伝えていた。
「メンタル的にもクラブと代表を両方、
それぞれに強い気持ちで戦えなくなったこと、
そして、
そのためにどちらかに支障を来すことにならないよう、
クラブに専念していきたいという結論に至りました」
としている。

加地はジーコ元監督時代の2003年10月に初めて日本代表に招集されてから右サイドバックのレギュラーとして定着。
今年2月の東アジア選手権まで国際Aマッチ64試合に出場して2得点を挙げた。



内田が成長してきたし。
内田の方が仕掛けられるし。
内田の方が若いし。
当然の結果。



我らがツボと同じようにならないことを望みます。
代表だけでなく、クラブも引退というようにね。
ガンバだからどうでも良いけど。

エビマヨチャーハン

まともなものを食べたいということで、エビマヨチャーハンを作った。
エビマヨチャーハン


野菜もしっかり取れるように、一番下にレタスを敷き詰めた。
その上に、チャーハンを置くためのお皿といわんばかりに、薄く焼いた卵を敷いた。
そして、メインのエビマヨチャーハン
ご飯をパサパサにするため、炊く段階で油を入れておいた。
そして、エビ。
なんかCMでエビマヨを聞いた気がしたので(チャーハンのCMではなかったと思うが)、ご飯にマヨネーズを絡ませた。

日本サッカーの行方

悲しい試合だった。
これほど悲しい試合だったことは初めてだ。
負けたからじゃない。
負けて悔しいという思いは、2007年12月1日の方が強い。



試合前、レッズサポとガンバサポの女の子同士が南スタンドで話しをしていてほほえましく思った。
その後、ああいう乱闘になるとは……。



騒動は、レッズのビッグフラッグの登場後からだったかな。
I cant't help falling in love with you.

(パソコンで画像を見て初めて文字が分かった。
I cant't help falling in love with you.
良い言葉だ。)
あのときぐらいから、水風船が投げ込まれ始めた。
そして、罵声も。




ハーフタイム。
さらに、ガンバサポは(サポと読んでいいかがそもそも問題だが)、水風船を投げてきた。



試合終了後。
全てはここに集約された。
まず、ガンバは円陣で勝利の喜びを表した。
初めて見た。
アウェーチームが円陣を組んで喜んでいるなんて。



そして、戦いは選手からサポーターへ。
それまでは、水風船だけだったが、今度は、中身の入ったペットボトルも投げ込まれ始めていた。
おいおい!それはいかんだろ。
中身が入ったペットボトルは当たったら流血になる可能性もあるんだから。
こりゃ、ペットボトルも持ち込み不可になるかもな。



ガンバサポの一方的投げ込みから、試合が終了したこともあり、レッズサポも投げ返し始めた。
私はその投げ返すのを止めるのに必死だった。
投げ返さなければ、ガンバが一方的に悪いことになり、制裁を与えることができたからだ。



しかし、レッズサポによるガンバサポの包囲。




今節は、今までは暇だった警備員も仕事をしていた。
だが、もっと強権的にいって良いのではないか。
水風船やペットボトルを投げた人間の早期排除など。




レッズサポが投げ返すのを阻止していた女性の言葉に感動した。
子供が来れないようなスタジアムにしちゃだめだ!
この言葉を聞いて、セリエとブンデスリーガの違いを思い出した。
主要リーグではだんとつで集客人数が少ないセリエ。
反対に、ブンデスリーガは一番多い。
この違い。
子供でも安心して見られるスタジアム作りをしているかの違いである。
このまま行けば、Jリーグはセリエのように子供が来られなくなってしまう。
なんとしてでも真相を追究しなければいけない。
たしかに、ガンバサポを取り囲んだレッズサポも悪い。
しかし、水風船はおろか、中身の入ったペットボトルをガンバサポは投げてきたんだ。
俺たちはガンジーじゃない、非暴力・不服従をしろというのは無理だ。



両チームに共通していること。
そして、以下のことは、私が「レッズと私」にも書いたことである。
つまり、
勝者のメンタリティー
を持てということである。
両チームとも、昔は弱かった。
ところが、最近は勝ち出してリーグチャンピオンなどにも到達した。
いつまでも、負けていたことを引きずっていてはダメだ。
サポーターも成長しないと。
選手に取り残されていく。




誤審についてはどうこう言うつもりはない。
俺たちだって、フロンターレ戦でPKを貰ったり、オフサイドでノーゴールにしてもらっているんだから。

Jリーグ ディビジョン1 第13節 ガンバ大阪

レッズポンで都築が出て今日は良い日かと思っていた。
しかし、現実は甘くなかった。
最悪だった。
Jリーグがブンデスリーガになるかセリエになるかの瀬戸際に立たされている。
乱闘になった原因は分かっている。
まぁ、これは明日でいいか。
今日は試合のことを書こう。



チケット完売にもかかわらず、57,050人。
同じような入り方だった、昨季のアントラーズ戦は本当に6万を超えたのだろうかと疑ってしまう。



都築。
冷静さを失っちゃダメだと隣のレッズサポは言うが、本当にサポなのかと疑ってしまう。
都築はチームのために抗議したんだ。
冷静さを失うという言葉では失礼だ。
良いセーブも見られた。



堤。
守備でも安定感が出だした。
なんといっても、攻撃面。
よく攻撃に絡んでいる。
目をつけてただけに、サポの評価が上がることにニヤリ。



阿部ちゃん。
最近同じことしか書いてない気がしないでもないが、良い守備してる。
でも、誤審のスローインでは止まって欲しくなかったね。
えぇ、誤審とはっきり書きますよ。



ヤマ。
調子良いんだか、悪いんだか分からない。
トラップはミスするわ、パスはミスするわで。
ナイス采配だったぞ、ゲルト。
安田が出たら、ヤマを代えたのは。
若者嫌いだからね、ヤマは。



ハジ。
守備だけでなく、攻撃面が急成長中。
というのも、トラップする前に周りを見ているからね。
基本的なことだけど、すごく大事。
もっとも、シュート精度はすごく悪いが。



もう一人の田中君。
ケガの影響だろうな。
自身が前に行くのではなく、ハジを前に行かせた。




相馬。
なぜ前に仕掛けてこない?



ウメ。
今や、ウメがいないチームは考えられない。
攻撃が活性化。
ホント、ウメがいなかったら、つまんないサッカーしているだろうな。
ナイスフリーキック。



タカ。
徐々に調子が戻りつつある。
パスが合いだしたから。




啓太。
復帰おめでとう。
ただ、パスの精度をもうちょっと上げよう。
あのロングパスはひどすぎる。
ただ、DFの前に構えていて、すごく安心できました。



岡野。
試合に入っていけず。



セル。
岡野と同様、試合を変えてほしかった。



ヤット。
やっぱうまい。
まさにゴールへのパス。
他の選手とは違う。
他の選手と同じような間合いだった、レッズのミス。



今節はなかなか良いゲームだった。
珍しく?相手よりシュート数も多かったし。

U-23日本代表

5月20日(火)から31日(土)に開催される『第36回トゥーロン国際大会』のU-23日本代表メンバーに細貝 萌、梅崎 司、エスクデロ セルヒオの3人が選出。



毎度のことながらと言うべきか、疑問点が二つ。



一つ目。
セルの召集。
召集自体はうれしいことだが、実際問題として、レッズでの出場は、ゲームが終わる寸前。
何を見て召集されたのだろうか。
それでも、オリンピックは経験になるだろうから、しっかりとアピールを。



二つ目。
こっちの方が重要。
セルは召集されて、なぜに堤は召集されない?
今やレギュラーなんですが。



岡田さんに続き、反町さんもわけ分からん。

日本代表=名前?

5月22日(木)から27日(火)に開催される『キリンカップサッカー2008 ~ALL FOR 2010!~』の日本代表メンバーに、闘莉王、阿部勇樹、鈴木啓太、高原直泰の4名が選出。



阿部ちゃんが選出されることに問題はない。



もう一人の田中君。
ボランチでの選出?
まさかね。
DFだよな。



問題の二人。
啓太とタカ。
まず、啓太。
公式戦1試合もこなさずに召集。
わけ分からん。
ベストの人間を召集するのが代表じゃなかったのか。
名前だけで選んでいるようでは昔に戻ったな。
次に、タカ。
調子が戻りつつあるとはいえ、まだまだベストには程遠い。
啓太の「ベスト~」のくだりは、タカにも援用できる。



さらに、
なぜ都築は招集されない。
下手に召集されてケガをされるよりかはましだが。
都築の日本代表ユニを買いたかった。



岡田さんの解任を望まざるをえない。



マコを久しぶりに見られるのは良いが。

啓太の先発

調子を落としているとはいえ、相手はガンバ。
なめてかかっちゃいかん。
だから、先発はない。
記者さんは何を見ているのか。
無理をさせなくても、今や啓太の穴を埋めてくれる細貝萌という人間がいる。
無理せず、ナビスコに。

毛布

最近寒くなった。
1週間前はすごく暑かったのに。
ジェフ戦のときは特に。
毛布をしまうの早すぎたかな。

ルイ・コスタの引退

ルイ・コスタの引退。
高校時代のスターがまたも引退。



ルイ・コスタ。
ちょっと前のウイイレでは大変お世話になってました。
ジダンのバックアッパーだったり、併用も。
また一つの幕が閉じられた。

SAYAPATRI(サエパティリ)

おとといのフロンターレ戦を見終わった後、
本当に都築のマフラー型ストラップを売っているの確かめたかったので、2ヵ月ぶりにレッドボルテージへ。
さらに、ハート型ストラップに都築のが売られていないかを見たかった(今はどういう選手を売っているのか見たかった)ので、レッズゲートに。
そして、インド料理を食べたかったので浦和駅周辺で探すことに。



まずは、ゲートへ。
残念ながら、都築は売られておらず。
即退散。
ボルテージへ。



ボルテージ。
あった!
たしかに、都築のストラップは売られていた。
が、売り切れ。
う~ん、埼スタで買うべきか、通販で買うべきか。
ギシのを見たけど、やっぱキーパーのストラップのユニって黒いのね。
当然だが。
岡野も売れ切れてたのは意外。




そして、SAYAPATRI(サエパティリ)。
2600円のセットを注文。
デカッ!
特大ナンの登場。
ナンは、甘くてうまい。
あとから、ガーリックナンも注文。
出来立てであたたかい。
カレーも辛いのやら、甘くてこくがあるのやら堪能できた(4種類)。
ココはまた行きたいところ。



食後のコーヒーを飲むために、コーヒーショップを探してたら、
Redsモカという文字が目に入った。
TULLY'S浦和仲町店やるなぁ~。
チェーン店にもかかわらず、独自のことをやるのは評価できる。

Jリーグ ディビジョン1 第12節 川崎フロンターレ

チケット取れずに、TBSでのテレビ観戦。
おぉ~、ありがとうTBS。
カップ戦の決勝ならまだしも、リーグ戦をテレビで観るとはね。
2年前なら信じられない。



堤。
落ち着いてきたな。
その調子。



阿部ちゃん。
ホント、1対1に強い。
DFの鑑。



ハジ。
前に出てくることが多くなった。
成長株No1。



もう一人の田中君。
フロンターレの作戦からか、早いうちに右肩から倒されて、もう一人の田中君はおとなしくなった。
競らないのだ。
どうして、万全でない選手を使うかな。
ウッチーだっているんだし。



シュート3本?
これホント?

ジェフ千葉の新監督にミラー監督 リバプールのヘッドコーチ

レッズがクゼに引導を渡した結果となった。
その後任は、ミラー。
ふ~ん、リバプールのねぇ。
オシムのときも思ったが、どうやったらそういう人間を連れてこられるのか。
パイプの違い。

神戸牛せんべい

ローの同級生に買ったお土産。
神戸牛せんべい
自分でも食べたが、けっこううまかった。
あの味に似ている。
100円くらいで売っていて、ステーキ味のやつに。

ゴールデンウィーク終了

29日の振り替え休日が7日だったので、世間よりは一日長く休みだった。
ちょうど一週間の休み。
正直だるい……。

Jリーグ ディビジョン1 第11節 ジェフユナイテッド市原・千葉

負ければ辞任覚悟のクゼ。
そのため、選手たちはもっと死に物狂いで来るのかと思っていた。
が、何のことはない。
フィニッシュの精度どころか、中盤ですらボールを失っている始末。
前半、点を獲れなくて、昨季の悪夢(連続引き分けの継続)が脳裏によぎった。



都築。
今節の都築はいつもどおりの都築。
今季は浮き沈みが激しい。
攻められることがほぼなかったけど、1対1をシャットアウトするところはさすが。



阿部ちゃん。
相変わらず1対1の強さは光る。
今年のユニフォームストラップ、決めました。
阿部ちゃんに。
ボルテージのパンフレットには都築の「23」は書かれていたが、埼スタではやはり売ってない。
ということで、守備力が目立つ阿部ちゃんに決めました。
哲学として、攻撃よりはやっぱ守備が好きだから。



ヤマ。
戻ってきた。
ミドルといい、危険察知能力といい。



もう一人の田中君。
ヴィッセル戦と違い、今節は左右に散らすことが少なかった。
たしかに、読まれてたからな。
飛越えていく動きはすばらしい。
後半、トップ下に入ってからは特にそれが目立った。
ナイスシュート&アシスト。



相馬。
シザーズを封印中?



ウメ。
途中から右サイドに。
だったら、最初からそうすればいいのに。
右サイドに入ってからは、右サイドに張り付いていたので残念。
左サイドと右サイドが入れ替わったりするところを見たい。



永井。
今節から違うヘアースタイルに(どーでもいいことだが)。
右サイドでのプレーをもっと観たかった。



エジ。
ポストプレーの能力をかって加入したエジ。
たしかに、ライン際でのそのプレーは光る。
ただ、ペナルティエリアでのプレーには疑義あり。
持ち過ぎ。
同じ持ち過ぎでもワシントンは強烈な決定力があったから、文句はなかった。
ただ、エジにはその決定力がない。
君は今、レッズの一員だ。
アルビレックスでのプレーのように何が何でも自分がゴールを決めるというのはやめてくれ。



ウッチー。
ミドルはさすが。



ハジメ。
守備だけでなく攻撃も目立った。
成長したなぁ。
昨季と大違い。



試合終了直前のゲルトの前での狭いパス回し。
ああいうのはいらない。
キーパーにとって何の脅威にもならないから。
(後ろの客は喜んでいたが、あれは私の怒りを買った。)

チーズケーキ

今回の旅行。
けっこういろいろな物を食べた。
レッズの応援が主かと思いきやそうではなかった。



そんなたくさん食べた中でも一番印象に残っている物……、
それはハーバーランドの
観音屋で食べた
(有名店らしいがまったく知らなかった)
チーズケーキ
観音屋




これは初めて味わった。
ケーキの上にチーズが乗っているのだが、
このチーズ、とろけているのがgood!!
スポンジの甘さとチーズのまろやかさがおいしさを引き立てている。

Jリーグ ディビジョン1 第10節 ヴィッセル神戸

初めてのホームズスタジアム。
収容人数からの予想通り、小さい。
埼スタの半分だな。
ピッチまで近い。
やっぱサッカー専用は良い。
しかし、難点。
客席に段差がないため(cf.日産スタジアム)、フラッグでゴールが見えなかった。



もう一人の田中君中心のチーム。
この試合では、ドリより左右に散らすことに重点が置かれた。
利き足の右足ならともかく、左足でもあの精度は圧巻。
中盤の底からのビルドアップはピルロを思い出させた。

帰宅

無事、姫路から帰宅。
3日は神戸、4日は姫路観光。
久しぶりに関西弁に囲まれた生活を過ごした。

神戸へ 姫路へ

3日は、ヴィッセル神戸戦。
一泊して4日は姫路観光。

とうとう神戸まで来てしまった。
初めてのホムスタ。
3万人だから、単純計算として埼スタの半分?
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク