FC2ブログ

レッズの特番

「REDS TV GGR プレミアム2007」
「THE KINGS OF CLUBS-URAWA RED DIAMONDS-」



「REDS TV GGR プレミアム2007」
やっぱ横浜FC戦は今見ても泣けた。
日産スタジアムで泣いたのと同じくらい泣けた。
世界3位になったことで、そのキズは癒えたと思っていたのに。
やっぱあの悔しさは忘れられないわ。
忘れちゃいけないのかもな。




「THE KINGS OF CLUBS-URAWA RED DIAMONDS-」
フットボールムンディアールの人の声。
内容的にはレッズというクラブを紹介することに終始。
これが世界に流れたのかと思うと感慨深いが、なんか機械的でイヤだった。
スポンサーサイト



エジミウソン選手 加入のお知らせ

12月28日、嫌な知らせがあった。
エジミウソンの加入。
私は、ワールドクラスの選手を希望していたはず。
ワシントン以上のFWを希望していたはず。
なのになんだこれは!
本気でACL連覇する気か!
リーグ優勝する気か!
ナビスコとる気か!
天皇杯とる気か!



しょせん、Jレベルだろ。
エジミウソンって。
速い選手は要らないんだよ!
堅守速攻ほどつまらないサッカーはない。
来季はさらに拍車がかかるっていうのか。

カニの食べ放題

池袋にてカニの食べ放題に行ってきた。
料金は5000円。
「毛がに」「ズワイがに」「たらばがに脚」の食べ放題。
「毛がに」のすばらしさを主張する人もいるのだが、私はやっぱ「たらばがに脚」が一番だったな。



けっこうカニって腹に来る。
たくさん食べた記憶がないがお腹いっぱいになるのだ。
ビール飲んだからかな。



料金が5000円なのは前述。
ビールを二杯飲んだにもかかわらず、幹事からは5000円しか請求されなかった。
たぶんビール分はおごってくれたのだろう。
ごちそうさまです。

浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 / AFCチャンピオンズリーグ2007

Amazon等オンラインショッピングサイトでは予約可能になっていた、「浦和レッドダイヤモンズ栄光への軌跡 / AFCチャンピオンズリーグ2007」。
とうとうレッズのサイトでも予約が可能に。
既にAmazonで予約が完了した身としてはさほどレッズのサイトでの紹介に興味を抱かなかった。
しかし、レッズのサイトで予約すると、特製ステッカーをくれるという。
なぬーーー!!!
たしかにほしい。
しかし、冷静になって考えた。
比較衡量ってやつだ。



レッズのサイトでは、6,825円で販売。
一方、予約が完了しているAmazonでは、5,051円で販売。
通常人ならどちらを買うか、一目瞭然。
Amazonでの購入である。
少し迷ったが、仕方ない。
ほぼ2000円はでかすぎる。



レッズサポとしては失格か?
違うよ。
レッズのサイトでしか特製ステッカーが手に入らないような仕組みが悪いんだ。

日本プロスポーツ大賞受賞&梅崎司の加入

レッズが日本プロスポーツ大賞を受賞した。
当然といえば当然。
日本のチームで初めてACLを制したんだから。
一つだけ不思議なことがあった。
福田総理に手渡している「8」のユニだった。
なぜ「8」なのかと。
レッズのHPを見て納得。
総理のお気に入りの番号なのね。
かくいう私の番号といえば「8」。
昭和58年8月8日生まれということがあらわしているように、「8」が私の数字だから。
気が合いますね。
福田さん。
また、「福田」総理なんだから、「9」でも良かったと思ってしまうのは私だけだろうか?



梅崎司の獲得。
正式な獲得。
クラブから発表された獲得。
今まで、新聞紙上では、
梅崎司
今野泰幸
水野晃樹
などの獲得が報じられていた。
当然のことながら新聞紙の報道は信じない私。
信じるのはクラブからの発表のみ。
そのクラブからは梅崎司の獲得が発表。
どうなんやろな。
梅崎。
10月7日の駒場での印象はないいんやけど。
どっちにしろ、ポンテのバックアップだな。
シーズン終盤、明らかにポンテのコンディションが落ちるときもあったから。
サイドも出来るんかな?
攻撃的なポジションならどこでもできるという選手に成長するというのも良い。



さらには、フロンターレの黒津獲得動きの報道。
たしかに、FWの補強も必要。
でも、あんまり速い選手は必要ないような。
ワシンのように前でキープ選手じゃないと。
Jでは通用しても、アジアひいては世界じゃ通用しないぞ。




1月1日にレッズゲートに行きたい。
「New Year Pack」を500個限定(税込3,900円)で販売するから。
何が入っとんやろ?

クリスマス

クリスマスだからか、それとも冬休みだからか、自習室はいつもより人が少なかった。
クリスマス。
イヴを私と一緒に過ごし、クリスマスは家族と過ごすのかと思いきや、家族に「クリスマスは24日で終わり。」と言われたようなので、急遽出かけることに。



毎度のことながら調べる時間を設定。
1時間。
1時間で何も見つからなければ……、等とは考えなかった。
1時間で出かける場所を決め、食事の予約もすると。



クリスマスツリーではなく、クリスタルツリーを見に表参道ヒルズに。
食事は、「Suginoko(すぎのこ)表参道」に。




最近、道に迷いだした(直近だと、アウォーズの食事のとき)。
というか、今回は調べる時間が不足して、地図をよく見てなかったと、一応のエクスキュースはある。
表参道ヒルズに直で行けなかったのだ。



表参道ヒルズの周辺ってブランドばっかやな。
日本人のブランド好きがよく表れてる。
外見ばっかりが価値があってどうするんだか。



表参道ヒルズに到着。
見つけた瞬間の感想。
???
そう、???なのだ。
思ったより小さかった。
高いビルだと思っていたから。
高さはないとはいえ、中のデザインはなるほどといったところ。
廊下が斜めになっていて、たすきがけと表現した方がいいのかな。
表参道ヒルズ内でもブランドばっか。
ただ、私の愛用ブランド「dunhill」もあった。
最初は上へ上へと進行。
最上階へ到達したら、下へ下へと進行。
上からクリスタルツリーを見ていたら、たいしたことはないなと思っていた。
が、下に降りてツリーを見上げるとそんなことはなかった。
とてもキレイだった。
上からのライトがクリスタルにあたることにより幻想を作り出していた。
ドイツ製の文房具を売っているところで、公法のレジュメを綴じられるファイルを購入。
おそろいの赤を。
公法のレジュメは判例がたくさんだから、中途半端なファイルじゃ綴じられないのである。




続いて、「Suginoko(すぎのこ)表参道」へ。
和食が好きということで、黒豚しゃぶしゃぶを食べに。
また飲んだ。
一体、何日連続で飲んでんだか。
柚子胡椒がけっこううまかった。
柚子の風味が良く、胡椒がピリッと効いていて。
肉。
やわらかくて良い肉だった。
さすがは黒豚。
〆めは、うどんではなく、蕎麦。
初めてだな。
〆めが蕎麦っていうのは。
私が香川県民だからか?と思ったが、そうではないみたい。
蕎麦。
コシがあってうまかった。



「Suginoko(すぎのこ)表参道」。
けっこうおすすめである。

最高の日

24日が天皇誕生日の振替休日で休みっていうことをすっかり忘れていた。
そのため、裁判所で「メリークリスマス」と言えず、残念。



まず、湯島天満宮へ。
湯島駅についた後、一緒に行った人に従ったら全く逆方向に行きそうになったが、ここはきちんと訂正(コラっ!)。
ごく簡単に湯島天満宮に着いた。
まずはお参り。
ココで重要なことに気付いた。
お参りの仕方を忘れたのだ。
神社って2礼2拍手?って感じで。
(家に帰って調べてみると若干間違ってた。
正しくは、二拝、二拍手、一拝)
最後にもう1回1礼がいるのね。
ニアミス。
そのあとは、学業守を買いに。
少し並んだ。
並んでいる途中、絵馬も買おうという話に。
ただ、絵馬は少し値がはったので、二人で一枚を買った。
すなわち、絵馬には連名で。
そして、絵馬をつった。
つっているところを見て思ったのだが、司法試験など資格試験などの合格を祈願している人はいないということ。
大学・高校・中学はあるのだが。
不思議だ。
資格試験はつっちゃいけないのか?
とりあえずこの問題は置いとこう。
絵馬の写真を撮り、その絵馬をバックに写真を撮ってもらった。
一緒に行った人が、Nikonのカメラをぶら下げた人を見つけて撮ってもらった。
湯島天満宮で結婚式が行われていた。
新郎に「おめでとう」と言いつつ手を振っていたら、「ありがとう」と言ってくれた。
幸せそうだった。
天満宮での結婚式。
さぞや賢い子が生まれるんやろうな。



次は、昼飯を食いに。
パスタが食べたいと言うのでパスタを。
満腹感を得るために、米は外せないのだが、米がなかった。
ということで、私はスパゲッティ(正確にはスパゲッティーニだな)を二皿頼むことに。
結局のところ、二皿目は二人で分け合うことになるのだが。
(一皿でけっこう満腹感は得られた。)




次に、皇居へ。
井伊直弼が斬られた桜田門を見られた。
法務省。
東京地裁。
国会議事堂。
(この国会議事堂は感慨深かった。
興奮した。
今までテレビや新聞の世界でしか見たことなかったからね。
けっこう小さい。
メディアめ!)
最高裁判所。
イギリス大使館。
国立近代美術館。
の外観を見た。
中はね、あとから行けばいいんですよ、
1日で全てを見る必要はない。
休みからか、けっこう走っている人がいた。
カチンときたのは、走っている人に「すいません」と言われたこと。
ココはお前の道かと。
私道かと。




後楽園へ。
パフェを食べた。
けっこううまかったが、アイスばっかりだったというのが残念。
ラクーアへ。
趣味の悪い、ライトアップされたトンネル。
考えた方が良い。
観覧車。
すごく並んでる。
デートスポットとして定番か?
定番かもしれないが、私から言わせれば、それは手抜きということ。
定番ということで、自分の頭で考えてないから。
ということで、私たちは並ばず。
並ぶ時間があるなら、もっと他のところも見てみたいし。



きちんとプレゼントを渡した。
最初は冗談とも言えるプレゼントを。
(でも、きちんとしたプレゼント。)
レッズのクリスマス限定商品。
これはこれで気に入ってもらえたようで良かった。
実用品だからな。
これを渡した後、本当(?)のプレゼントを渡した。
ネックレスを。
たしかに、プレゼントの渡し方としてはベタだったのかもしれない。
気分を先に落としといて、あとから上げるという。
でも、ベタで必要十分だ。
このあとは……まぁいいか。
一つだけ言うとすれば、最高の日になったということ。





心にゆとりができた気がする。
なんか、今までは余裕がなかった。
レッズの応援に行って、「余裕ありますよー。」っていう顔をしてたのにね。

埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002の住人(?)として、昨日実施された天皇杯準々決勝・愛媛FCvs川崎フロンターレを観に行こうと思っていた。
実際、チケットも取っていたし。



土曜日。
授業が終わり、いつもどおりトレーニングルームへ行った。
メニューをきちんとこなし。
そのあとは飲み会へ。
まずは白木屋へ。
生中2杯。
ベッカム(ビクトリアをくださいと注文(笑))。
キウィサワー。
こんなもんか?
意外と少ないな。
ひょっとしたら、他にも飲んだかも。
白木屋では22時に終わり、そのあとは友達の家へ。
そこでは飲むことはなかった。
お好み焼きを食べたりはした。
けっこううまかった。
4時くらいまでかな、話をしていたのは。たぶん。
そのあとは、寝た。
7時半まで。



7時半に起きたあと、家に帰りシャワーを浴び、布団の中できちんと就寝。
雨が降っており、天気予報どおり昼から晴れることはないから、埼スタに行くのはやめよ、と思いながらの就寝。
13時。
目が覚める。
きちんと晴れている。
なんでや?
なんで晴れとんや。
あんなに雨が降っとったのに。
埼スタに行こうかとも思ったが、時すでに遅し。
13時がキックオフだったからだ。
おとなしく家にいることに。



日曜日。
あんま意味なかったな。
なんもしなかった。





さて、合格祈願に行ってこよう。

2007年の授業終了

昨日で2007年の授業は終了した。
2007年という一区切りではあったが、たいして意味はないと思っていた。
ところが、そうではなかった。
補講の民訴が終わった後、すごく疲れたのだ。
ロビーのソファに座ったとたん、立つことが容易でなくなった。
ありえない疲れだった。
なぜこんなにも疲れているのかと思った。
学部時代と同様いつもどおり勉強しているだけなのに。
でも、一点だけ学部のときと違ったことがあった。
私がレッズサポーターになったということだ。
レッズはエンターテイメントではないから、日ごろの疲れが蓄積されていたのだろう。
そして、蓄積されてはいたが、「授業がある」ということで、踏ん張っていたのかもしれない。
ところが、授業が終わったことにより、その踏ん張りがなくなり、今までの疲れが噴出したのだ。



レッズサポ1年目から大変だった。
ACLは楽しいという側面もあったが、苦しかった。
私もすごいときに埼玉に来たものだ。
しかし、私はレッズを支えているが、レッズも私を支えてくれている。

ワシントンの抜けた穴

「REDS TV GGR」見て、泣けた。
理由はワシントンが映ったからだ。
もう動いているところを見られないと思ったからな。
クラブワールドカップ3位決定戦だったわけだが、ホント、ワシンは最後の最後までレッズに尽くしてくれた。
ワシンのチャントはもう歌えない。
なんて悲しいことなんだ。
来季はワシン以上のFWを連れてこないと、サポーターは満足できない。
噂の某ブラジル人レベルじゃイヤだ!
すなわち、必然的にヨーロッパで活躍中のFWということになるが……。



2007年の放送は終了した。
でも、年末にけっこう特番あるな。
12月29日と30日。
何時からか忘れた。。。

ATHLETA CUP

フットサルクラブ草加2001で開催されるATHLETA CUPに参加する予定だった。
開催日時は、 2007年12月29日(土) 8:30~11:30。
対象レベルは、初級 (ウルトラビナー(経験者1名以下のチーム)) 。



予定「だった」と書いたのは、参加しないことが決定したからだ。
なぜ参加できないのか?
最低人数である5人しか集まらなかったからだ。
いつからこんなにも集まらなくなったのか。
分かっているさ。
前期の中間テストが実施されてからだ。
そりゃ、法科大学院生の本分は勉強だ。
でも、サッカーするぐらいの時間くらい……。

湯島天満宮

2007年のレッズの活動が全て終わった。
すなわち、初めてのシーズンオフを迎えることに。
どういうシーズンオフを過ごそうかとは思っていた。
しかし、一つは決まっていた。
都内巡り。
これまではレッズがあったのでなかなか行動することが出来なかった。
それでも、その人とはフィラデルフィア美術館展:印象派と20世紀の美術に行ったりしたけどね。



来週の24日に行くことが決定。
連れてってくれるところは、受験生ということで、
湯島天満宮
に。
そして、後楽園や東京地裁に行くことに。
ホンマに一日で全部に行くん?
まぁ行くんやろうけど。
24日に決まったのは、東京地裁での判決が出たら「メリークリスマス!」と言ってくれとのこと。
んん。
この子、だんだん関西人の使い方が分かってきたな。
そんなこと言ってみろ、退廷命令くらうぞ。



24日か。
人が多いだろうなぁ。
東京だからどこでも多いもんか?



お待たせいたしましたって感じ。
ただ、レッズに行って、他にも行っていたらホント体がもたないのよ。
これを分かってくれてると信じてるけどね。

「法科大学院の理念にもとる」=新司法試験の答案練習で中教審

だからどうしたって感じ。
思考力、議論能力があっても、それを答案に反映できなければ試験に受かれないわけで。
一体に何が言いたいん?
これからも答練は行われるやろ。
公言しなけりゃいいんやから。





全国の7割超に当たる法科大学院で、
延べ7111件に上る新司法試験対策の答案練習が行われていた問題で、
中央教育審議会の法科大学院特別委員会は18日、
「受験技術に焦点を合わせた論述訓練は、
あるべき教育理念から離反している」
として、
自粛を求める報告書をまとめた。
報告書は
「過度の受験指導は断片的な知識の獲得でよいとする態度を助長し、
思考力や議論能力などを養成するという法科大学院教育の理念にもとる」
と苦言を呈した。
その上で、
受験技術に偏らない指導方法について、
各大学院に適切な検討を要請している。

司法修習:卒業試験不合格、最多の76人 新旧に大差なし

最高裁は18日、
司法試験合格者が専門知識などを学ぶ「司法修習」の卒業試験結果を発表した。
受験者1055人のうち不合格者は76人(不合格率約7.2%)で過去最多となった。
初受験となった法科大学院1期生の新司法試験組に限ると986人中59人(同6%)。
旧試験組との学力差が取りざたされたが、
8月に卒業試験があった旧試験組の71人(同4.8%)と大差はなかった。

1期生は06年5月の第1回新試験に合格し、
同11月から1年間修習していた。
卒業試験不合格者は長年ゼロか数人程度だったが、
司法制度改革で合格者が増えるにつれ増加傾向にある。

不合格者はいったん修習生の身分を失う。
最高裁が再採用を認め、
卒業試験に改めて合格しなければ法曹資格は得られない。

(毎日新聞)

ワシン、ネネの帰国

ネネが帰国し、とうとうワシンも帰国。



2007年5月3日から観戦し出して、まずはネネの感想。
Fマリ戦での得点。
“負けない”レッズの象徴とも言えるべきゴールだった。
ヘディングの打点が高い。
独特のヘディングの仕方もする。
なんか他の人と違うんだよな。良い意味でね。
試合感が無くゲームになじめていないときは非難したけど、それでもネネがいたからこそ、ディフェンス陣は安心して戦えたのです。



ワシン。
背が高いにもかかわらず、足元もしっかりしているのが印象的。
海外の選手で本当にうまい選手って、みんなそう。
背丈だけでなく、足元もある。
オジェックとの確執による対談。
だが、オジェックの判断は正しいのかもしれない。
というより、正しいのだ。
今年はオジェックのやりたいことが出来なかった。
彼の考えをレッズに反映させることが出来なかった。
だからこそ、ワシンを放出した来季は彼の思い通りにやって欲しい。
それでも、ワシン……。
いなくなって寂しい。
彼のゴールはもう見られないのか。

2007Jリーグアウォーズ

初のJリーグアウォーズへ。
といっても、サッカー関係だと何でも“初”なんだけど。



また新横浜駅へ。
前の日も来たぞ。
3位決定戦のために。
(一応、決勝のためにも。)
ミラン戦も来たから、先週・今週、けっこう来たな。



男はスーツって聞いていたから、ネクタイはしないけど、ちゃんとした格好で行った。
でも、横浜アリーナに行ってビックリ。
ユニ着てる人がいる。
なんでや?
なんでユニ着とんや?
スーツやドレスでないいんか?
レッズでアピールできるものといえば、携帯電話のストラップしかない……。



選手の入場。
啓太の髪形を見てビックリ。
パーマがかかってた。
髪も多少は切ってたし。
オフだからな。
パーマぐらいいいか。
来季も?
他の選手はいつもどおりだな。
不評のもう一人の田中君も相変わらずストレートだし。



他チームにしても、興味があったのはキーパーだけだったな。



ベストピッチ賞やフェアプレー賞なんかの発表があったけど、気になるのは、ベストイレブン&MVPのみ。
ベストイレブン。
データからキーパーは都築ってことは分かってた。
DFは、もう一人の田中君が順当に選出。
MFも同様。
長谷部はやはり外れたか。
最後の方は確かに良かったんだけどな。
特に、フロンターレ戦は。
FW。
得点王のジュニーニョの選出は決まっていたから、あともう一人は誰かが最大の焦点に。
帰国が決まっているワシンだろ!
と思ったら、バレー。
え!?バレー?
なんで?
なんでや?
ワシンに敬意を払えよ!
あぁ、ありがとう、ワシン!



そして、MVPは……。
ロブソン・ポンテ!
ほーーーーーっ!
ポンテか!
アベちゃんじゃないのね。
たしかに、埼スタでのアルビレックス戦でのゴールは印象に残ってる。
埼スタでのFC東京戦でアウトサイドでのシュートを冷静に入れたところも。
これに関しては、「なぜ優勝チームから選出されないのか」との、いつも埼スタに乗せて行ってくれる友達のお父さんから友達へのメールがあった。
たしかに。
普通、優勝チームからじゃないのか?
と言いつつ、当然、レッズからの選出はうれしいよー!
来季はさらにポンテへのマークが厳しくなるな。
もし長谷部が残留しているのなら、長谷部の前への侵出が鍵になるな。
長谷部以外にも、ポンテを助ける動きをしないと。




プレゼンター。
一流ではなく、二流の人が来た。
「レッドソックス」と聞いた時点で、松坂?と思ったが、そりゃないな、岡島だろと思ったら、案の定、岡島だった。
さすがに、Jの力をもってしても松坂は無理だよな。
陸上の朝原選手。
俳優の塚本高史さん。
タレントの平山あやさん。
女子ゴルフの北田選手。
これで全員だよな。
書いてない人がいたらごめんなさい。



予定通り20時30分過ぎに終わりご飯へ。
珍しく道に迷った。
迷ってしまってゴメンナサイ。
(謝ってばっかだな。)
「イチオシ」など、評判が良いのを頼んだ。
ミスった。
頼んだ数が多すぎた。
二人じゃ食べきれない量だった。
実際、残してしまった。
食べ物の神様ゴメンナサイ。
(また謝った。)
許してください。

やべっちFC

やった~。
さぶイボ賞、受賞だ~。

FIFAクラブワールドカップ3位決定戦 エトワール・サヘル

試合開始直後。
なぜかボールになじんでない。



都築。
失点のPK。
読んでたな。
もうちょいやった。
都築にしては珍しく、ミスキックがあった。
そういや、代表候補に選出されなかったな。
なんでや、岡田さん?



坪井。
珍しくイエロー食らったな。
ボールにいっているように見えたんやけど。



アベちゃん。
センターバックでの出場。
ホント彼を穫って良かったね。



ネネ。
ミランのときよりは、判断が早かった。
フィードも見られたし。
ワシン同様、ネネもいなくなるのか・・・。



啓太。
世界トップレベルの相手でなければ通用することが判明。
エトワール・サヘルに十分通じていた。



長谷部。
今日はボランチで出場。
トップ下はヤマ。
しかし、ヤマのトップ下が機能しなかったため、途中からヤマに代わってトップ下に。
パスも良いけど、前へのドリを見せてほしかった。



細貝。
右サイドでの先発だったが、ヤマがトップ下として機能しなかったから、途中から長谷部の位置に入った。
判断が遅い。
PKは心配したが、肝がすわってる。
さすがはオリンピック代表といったところか。
代表としての経験で精神的に強くなった。



相馬。
ミランの時とは違い、前に出る。
後ろの観客の評価が高い。
ドリは確かに良いんだが、クロスがね・・・。
と言いたいところだが、クロスもまずまず。



ヤマ。
彼が希望するトップ下で先発。
も、機能せず、途中から今季の定位置である右サイドへ。



永井。
サイドに流れて、チャンスを作った。



ワシン。
惜別ゴール2発。
ありがとうワシン。
ワシンがいたから、レッズがカウンターだけのチームにならなかった。
とすれば、来季は・・・・・・。



交代なし。
来季も同様なら暴動が起きるぞ。



PK。
都築が1回目から止めたのが大きかった。
(と思ったら、ポストだったのね。)
これで波に乗れた。
ホントPKは体に悪い。
でも、信じてた。
城南一和の時と同様。勝つって。



世界3位。
試合終了のときは泣いた。
応援して、それによりのどを枯らして、泣けないわけないだろ。
泣いてたら、おばちゃんに肩を叩かれて、握手を求められた。
もちろん応じたさ。
カテ1に座ったが、ミランのときよりも周りは声が出てなかった。
俺だけが浮いている状態に。
でも、声は出した。
出し続けた。
それがサポーターだ。
レッズのサポーターだ。
レッズの試合なんだから、レッズでいっぱいにしたいよなぁ。



ケミストリー。
空気読めよ。
レッズサポに、We areDiamondsを歌わせない気か。
レッズサポの反感を買ったぞ。
これホント冷めた。



試合前のTシャツプレゼントはいらないよなぁ。



レッズの2007年の公式戦は全て終了。
ありがとう、レッズ。
さぁて、今日はJリーグアウォーズ。

毎度のことながら、EARTHに行き髪を切ってきた。
前回までは指名料は無料だったが、今回から指名料がかかった。
600円だし。
まっ、いっか。



指名料600円
カット2500円
ポイントパーマ2800円
ポイントストレート2800円
計8700円




けっこう、(値段が)かかったな。
切ってくれる人には、「パーマのフルコースですね。」と言われたし。
切りに行くのは、2ヵ月に1回だから値段的にはまぁいいのかな。

2008年 埼玉スタジアムホームゲーム、A自由席シーズンチケット

クラブワールドカップ観戦が続き書いていなかったが、申し込みはした。
2008年 埼玉スタジアムホームゲーム、A自由席シーズンチケットの申し込みを。



「申し込みを」としたのは、あくまで「申し込み」だから。
購入できるかどうかは、抽選だからである。
何席分を新規で販売するんだろう?



どっちにしろ、にくきチケットゲッターには売らないで欲しい。
と書きつつも、どうやってチケットゲッターと区別するのかも問題。

FIFAクラブワールドカップ準決勝 ACミラン

民法の中間テストは平均点ということで、微妙なテンションのまま、いざ日産スタジアムへ!



菊名駅で大混雑。
混雑するの分かってんだから、なぜ最初から対処しなかったのか。
日産スタジアムで世界的な大会が開催されたのは何回目でしょーか?



新横浜で降りる。
素人が集まるだろうから、小机で降りるより、新横浜で降りた方がスムーズに移動できると思ったので。
予想通り。



エントランスがたくさんあるから日産スタジアムにはスムーズに入れた。
豊田や国立と大違い。



ギリギリ間に合った。
選手入場。



レッズ、ミランともに予想通りのスタメン。



ボカとミランに共通していること。
球際に強く、体の入れ方がうまいこと。
これがワールドスタンダードというのか。



共通していても、ボカにはなくてミランになるもの。
きちんと考えたパス。
ボールを持ったら必ず反対のサイドを見る。
これは参考になった。
見習うべき。
こりゃ、決勝はミランの勝ちだ。



都築。
今回もナイスセーブ。



坪井。
坪井のスピードは世界にも通じることを確認。



もう一人の田中君。
つっただけ?
彼もミランに通じてた。



ネネ。
判断が遅すぎる。
彼がボールを持つと見ていられない。



啓太。
ミラン相手じゃ、彼をもってしても潰せないというのか。



阿部ちゃん。
センターバックでの経験が役立った。
守備がうまくなっている。



細貝。
アーリーでの攻撃参加。
そう、できないことをやろうとしなくていい。
やれることをやればいいんだ。
アーリーでいいんだ。



相馬。
全く勝負しようとしない。
セパハン戦は何だったのか。
ドリをしないなら、何のためにいる。
ひっかけろ。



長谷部。
ホントにシエナに行くん?
やめた方がええな。
通じん。
ドリに自信があるんは分かるけど、持ちすぎ。
簡単にさばけばいいのに。
ACLでのポンテを見ていなかったのか。
特に準決勝以上の。
1年で帰ってくるのが目に見えてる。



永井。
相変わらず不思議。
彼のキープ・ドリ。



ワシン。
やっぱ攻撃では彼だけが通じた。
いなくなるんだな。
あぁ~↓。
試合後のワシンのチャントには、ウルッと来た。
ワシンのチャントを歌えるのもあと1試合なんだよなぁ。



ヤマ&ヒラ、お帰り~。



大好きなピルロ。
ショートパスだけでがっかり。
もっと長いやつを見せてくれよ。



ピッポ。
ミランがボールをもった瞬間、トップスピードに。
これが世界のストライカーというのか。
これに関しては、ミランはワントップに関わらず、レッズは3バックという愚行に出たせいもある。
1トップなんだから、4バックでいいのに。
もう一人の田中君が抜けてから、4バックにしてももう遅い。



失点シーン。
3人目の動き。
ここも見習うべきところ。



ホームとアウェイを分けてください。
周りのミランどもを殴りそうでした。
初めてアウェイを感じました。
非国民どもが!
日本人ちゃうんか!
ホームで戦えるという利が活かせない。
なんでレッズの応援をしてくれないんだ!
日本のサッカーが負けても良いというのか。



負けたが、涙は出なかった。
頭ではレッズの勝利を願ってても、心では負けを覚悟してたのかも。



戦いを終え、日産スタジアムのスタンドでボーっと座っていると、声をかけられた。
「おつかれさまでした」と。
あぁ、カテ1でも少しは声を出してた人だった。
私は相変わらずどのカテでも声を出す。
そういう応援する心が通じたんだろうな。
こういうのって、すごくいいな。



帰りの電車。
中目黒から東武鉄道(東京メトロ?)に乗り換えたとたん、周りがレッズだけになったことに驚き。
敵は東京にいた。
レッズを愛しない都民にいた。
67,005人。
素人多数の67,005人。
Jリーグも観に来いよ。



3位決定戦はさすがにみんなレッズを応援するよな?



さぁて、公法の中間テストだ。

決勝の相手の偵察

刑法の中間テストで、最高得点である8点を取って、気分良くボカを観に。
注:ボケンセではありません。
  レッズサポであり、ミラニスタです。
8点取れたのもレッズのおかげでございます。
8点取れなかったら、自分の勉強が足りないせいでございます。



ボカ。
なんたって決勝または三位決定戦であたるからな。
セパハン同様、偵察を怠るわけには行かない。



ボカ。
ゴール前の守備。
体の入れ方がうまい。
攻撃のとき、ゴール前の落ち着きようには鳥肌が立った。
それを象徴するのが得点シーン。
ホント落ち着いてた。
あんな落ち着きよう見たことない。
しかし、攻撃にそこまで工夫は見られない。
飛びぬけてうまいと思える選手がいないのかもしれない。
アクセントなし。
レッズがミランに勝ち、そしてボカに勝って優勝だ。



エトワール・サヘル。
7番が仕掛けてくる。
これまで以上に細貝は首尾一辺倒になるかも。
その後ろには坪井がいるし。
7番を好きにはさせない。
攻撃に工夫なし。
おそれることはない。
十分抑えられる。
一応、三位決定戦のことも考えておく。



明日はとうとう赤黒白同士の戦い。
IDはミランのネックストラップを使っている。
だから、俺がレッズサポということを知っている人にはよく聞かれた。
「レッズとミランのどちらを応援するのか?」と。
月曜日までは迷ってた。
だが、豊田に行き、そして、豊田で勝って決心した。
あのパススピードなら良いとこまで行けるはず。
「レッズを応援する。」と。
カテ1から応援するぞ。
周りが引くくらいに。
こう表現するのは、カテ1だと、素人がたくさんいるだろうから。
(Jリーグには来ないで、代表戦やこういうときだけ来るってことね。)
だから、”レッズ"を見せつけてやる。



勝って決勝に行こう。
7月17日にユナイテッドと引き分けたのは偶然ではない。

豊田スタジアムから帰ってきて。

昨日はえらかった。
でも、勝てて良かった。
勝ててなかったら、どうなってたことか。



6時に帰宅。
シャワーを浴びたりして7時就寝。
(夜の仕事の人か!)
3時間寝て、10時に起床。
11時には学校へ。
ふらふら。
もう、ふらふら。



自習室に行き、お土産をばらまく。
みんなに買ってきた。
抹茶パイ。
サッカー部は優先して渡す。
余りは、自習室の入り口のところに置く。
「レッズ3-1セパハン
勝利した浦和レッズからのおくりもの」
と添えて。



昼ごはん。
なぜか汗が噴出す。
体温調整が出来ていない。



15時からは民訴。
めっちゃ眠い。
眠い授業をしているからか、それとも、単にセパハン戦の疲れからか。



いつもどおり、21時まで勉強。
1度眠りかけたが、ちょっとした物音で起きる。
さすが小心者。
こういうとき小心者は便利。



さぁ、今日はボカ。
南米の個人技を見せてくれ。

待たせたなミラン!

バス2台。
やはりというべきか。
1名発車時間に遅れる。
そのため、規定通り、15分待つ。
結局来ず。



11時30分。
海老名SAに到着。
乗務員休憩室に行かないのは不思議な感じ。
11時50分発。



12時30分。
富士山初めて見る。
やっぱでかいなぁ。



13時40分。
牧之原SAに到着。
14時発。
ツアーバッチはないと聞いていたが、くれた。
ヤマー。
クイズも実施。
先発。
初得点。
途中交代などなど。



15時。
トイレ休憩のみ。
15時15分発。



途中。
レッズサポの車が何台もバスを追い越していく。
すげぇな。



15時45分。
とうとう豊田スタジアム到着。
移動の疲れが吹っ飛ぶ。
16時30分の開場を待つ。



なんかKYがいる・・・・・・。
ひくなぁ。
あれは、ひくなぁ。


豊田の運営に疑問。
スムーズに入場できない。
いざ豊スタ内へ。
さすが黒川紀章。
らしいデザイン。
北スタンドの屋根。
全体の屋根のアンテナみたいなの。
トイレ。
1カ所でのトイレの数が少ない。



前半の中頃。
パススピードが普段と違う。
速い!
ミランとのことを考えてか。
これならミランと互角とは言わないまでも、けっこう戦えるはず。



ワシントン。
やっぱうまいな。
角度のないところからでも冷静に入れられるとは。



永井。
肩大丈夫か。



細貝。
最後まで試合に入れず。
選手層が薄いわけじゃない。
本来なら、ヤマと平川がいるんだから。





これで民訴の授業にふらふらで出られる準備ができた。



23時35分。
再び牧之原SAに到着。
ファミマがあり、そこでお土産を購入。
静岡土産になってしまったけど、まぁいいや。
トイレがウォシュレットであることに感激。
0時発。



2時5分。
再び海老名SAに到着。
目を開けるのがつらい。
コンタクトが目にくっつき気味に。
しかし、時間が経過するとともに解消。
小腹がすき、ネギ味噌ラーメンを食す。
けっこう量がある。
そう感じるのも寝てたからか?
2時45分発。
あと2時間弱でさいたま新都心に到着するため、時間合わせの目的でこの時間に。



4時30分。
さいたま新都心に到着。
帰ってきたのか?
実感がない。

いざ豊田スタジアムへ!!

とうとうこの日がやって来た。
FIFAクラブワールドカップ準々決勝・セパハン戦。



ACL決勝。
第1戦・セパハンホームではセパハンはやる気を見せた。
そのときの結果は、ポンテのミドルで1-1。
そして、埼スタでの第2戦。
セパハンはまったくやる気がなかった。
セパハンは勝っても負けてもクラブワールドカップへの出場が決まっていたからだ。
結果は、2-0。
計3-1で、レッズの優勝。



あのときの屈辱は忘れない。
埼スタでは手を抜きやがって。
豊田スタジアムでコテンパンにやっつけてやる。
今後10年勝てないと思わせてやる。



ポンテが怪我をしてトップ下は誰がやるかと話題に。
誰でもいいさ。
長谷部でも、伸二でも。
全員で勝つことが大事。



初、豊田。
どんな建物か楽しみ。





スケジュール確認。
0泊2日。
日 予定
1  新都心(10:00発)-<高速道>※途中サービスエリアにて休憩-豊田スタジアム(試合開始 19:30) ※試合開始までフリータイム ※現地出発の集合時間は当日係員より連絡致します-<高速道>※途中サービスエリアにて休憩-車中(泊)
2 -東京(04:10頃着)-新都心(05:00頃着)

てんとう虫

昨日からローにてんとう虫がやってきた。
午前中は講義で、午後からはフリー。
そこで、勉強していたら、何やらざわつきが。
なんと!
葉っぱの上にてんとう虫が!
会話を聞いていると、ライターを貸してくれたお礼に、てんとう虫を取ってきたという。
平和な話や(笑)
さすが、関西!
こうでないと。



てんとう虫を飼うにしても、葉っぱだけで飼うわけにはいかない。
ということで、折り紙の得意な子は、そのてんとう虫のために箱を作った。
相変わらずお見事。



その箱に、土を入れた。
さらに、その上を葉っぱで埋め尽くした。



水分が必要ということで、ペットボトルのキャップに水を入れる。



そして、SHOP99で水きりネットを買ってきて(注:私が買いに行ったんじゃないよ)、それを箱に覆う。
ちょっとした虫かごの完成。



小さな生命。
何も動物などのペットだけではない。
てんとう虫などの昆虫だってそうだ。
癒される。
たぶん、てんとう虫を獲ってきた子もそれを狙ってのことだろう。
たぶん……。
殺伐とした受験界に、てんとう虫という潤いがやってきた。



えさが気になっていたみたいなので、調べてみた。
食性は種類によって大きく異なり、
アブラムシやカイガラムシなどを食べる肉食性の種類、
うどんこ病菌などを食べる菌食性の種類、
ナス科植物などを食べる草食性の種類の3つに分けることができる。
このため農作物にとっては益虫と害虫に大きく分かれることとなる。



月曜日はレッズのためにローには行かない。
火曜日、果たしててんとう虫はいるのだろうか?





こんなもんでええん?

クラブワールドカップ準々決勝セパハンと対戦

クラブワールドカップ準々決勝は再びセパハンとの対戦が決定。
そのセパハンを三度(1・2度目:ACL)見るため、国立へ。
国立へ行ってちょっと感動。
仲間であるレッズサポがいたからだ。
やっぱみんな同じ気持ちだったのか。



俺みたいに真っ赤はいなかったが。



試合。
ジャイアントキリングを楽しみにしていたが、今回はそれはなかった。
レベルが違いすぎた。
プレスにしろ、総合的に。
ならば、少しでもセパハンを苦しめ、セパハンを疲れさせろと願ったが、それも無理だったよう。
カリミを引っ込めちゃったし。
それどころか、ちょうど良い練習になったかも。
ナビドキアは出場すらなかったし。
温存かよ!



トラップは下手。
トラップが大きくなることはもちろん、決してしてはならない方向へのトラップ。
考えのないパス。
それによるパスミス。
噂通りのロングパスでの攻撃。
ロングパス一本で戦えるほど世界は甘くないぞ。
出直して来い。
小さいFW。
ボール持ちすぎ。
ドリと見せかけてパスと言うように。
キーパー。
3失点目はありえない。
横っ飛びをして、なぜひじが下にある。
小学生か!
オセアニア枠って必要?
どうしても見劣りする。
FIFAよ、これは考えどころだ。
でも、形式的平等は必要か。



はっきり言って収穫なし。
序盤こそ普通に戦っていたが、2点リードしてからは完全に力を抜いていた。
シュートを打てるのに打たなかったり。
なぜかいらないところでオーバーヘッドはするし。
ゴール前での余計なドリブル。
ただ、サイドチェンジを使ってくるチームだと確認できた。



セパハンは応援が成立していた。
10日もああいう風に集まれるのかな?



後半の後半はワイタケレのホーム化した。
ブーイングすごかったな。
誰だ?
誰がコールリーダーだ?



セパハンサポは
「ウラワ、マッテクレ~」
と言っていたが、どういう意味だ?
どう聞いても、「マッテクレ~」。
???



素人は嫌だ。
試合中ほとんど、サッカーと関係のない話ばかり。
サークルとか。
何しに来てんだ。
素人を締め出してくれ。
こういうところを見ると、やっぱクラブワールドカップってお祭りか?
少なくとも日本人にとっては。



まずいな。
相手が決まったのに、ぜんぜんモチベーションが上がらない。
月曜日にゲームだってのに。
でも、勝って木曜日、ミランと戦おう。
その次の日は公法のテストだが、そんなの関係。
どんなときでも駆けつけるのが、レッズサポだから。





国立に行く前。
とてつもなく厚いカツが入ったカレーを食べられて幸せ。
ありがとう。

クラブワールドカップ開幕

夢の祭典。
クラブワールドカップ。
とうとう開幕。
開幕戦は、
セパハン(イラン/ACL準優勝)vsワイタケレ・ユナイテッド(ニュージーランド/OFC)
そして、このゲームの勝者が俺たちレッズと戦うことになる。
そのため、私はこのゲームを偵察に。
特に、ワイタケレの特徴を掴んでおかないと。



なぜか、前評判では圧倒的に、セパハンが有利。
なんでや?
そんなに、ワイタケレは弱いんか?
たしかに、ワイタケレにプロ選手はいないらしい。
しかし、サッカー、否、フットボールの面白さは、
GIANT KILLING
そう、これは俺たちレッズも12月1日に味わったばかり。
フットボールでは何が起こるかわからない。



セパハンとの3回目の戦いも良いが、違うチームとの対戦も見たい。





なぜか今日、カツカレーを食べに行くことに。
予想外のことだが、まぁいい。
お邪魔します。
いただきまーす。
名古屋の土産を買ってこないと。

2008年 埼玉スタジアムホームゲーム、A自由席シーズンチケット

シーチケについて、12月2日からお知らせしますとは聞いていたが、トップページでは何の変化もなし。
思い切って(?)、シーチケのページに飛んだ。



シーチケのページに飛んだことには理由がある。
来季はとうとうシーチケで観戦。
ということで、既にシーチケホルダーである友達一家の優先購入権を使わせてもらおうと思っていた。
実際、そういう話になっていた。
しかし、問題発覚。
今までの人数分しか買えないと。
少し落ち込んだが、まぁこれはこれでいいか。
もし、友達一家の優先購入権で買ったとして、来々季も友達一家の優先購入権を使わなければならなくなって、この繰り返しに陥る可能性だってあったからな。
これはこれでいい。



さて、シーチケのページを見た。
おぉ!!!!!
すっかり、2008年のことを言っている。
なになに……?
◆2008年Jリーグ DIVISION1 ホームゲーム 16試合
◆ヤマザキナビスコカップ予選リーグホームゲーム 2試合
◆ACL(AFCチャンピオンズリーグ) 2008 ノックアウトステージ準々決勝 1試合
計19試合 34,200円
シーチケのページを見るたびに思う。
割引率。すごく悪いと。
一試合1800円で、200円しか割り引かれないからな。
どこだったっけ?
シーチケだと、半額になるとこ。
時期的に、フロンターレだったかな?
仮にフロンターレだったとしたら、フロンターレがすごくうらやましい。
割引率が悪くても、観戦に行くのがレッズサポ&ファンなんだろうけど。
実際、ずーっとそうやって来たんだろうし。



受付期間
12月12日(水) ~12月18日(火)
抽選・抽選結果
抽選:2007年12月19日(水)~12月27(木)に抽選を実施。
抽選結果:2008年1月7日(月)までに発送予定の「当選のご案内」及び「請求書」をもって発表とかえる。



抽選か……。
当たりたいなぁ。
こんなにもレッズのことを愛してるのに。
もし抽選に当たらなかったら、時期を考えると、1年の幸先悪いぞ。
当たってくれー!
そもそも、申し込むの忘れないようにしないとな。

浦和レッズオリジナルストラップ プレゼントキャンペーン開始!(明治製菓、ファミリーマート)

FunFun-REDSFunFun-REDSで、埼玉県内のFamilyMartで明治製菓の対象商品を2つ以上購入すると、ザバスオリジナル浦和レッズ携帯ストラップがもらえることを知った。
当然、ファミマに。



ファミマ……、レッズのバナー貼ってんなー。
うんうん、埼玉だぁ。
店内に入って、お菓子売り場を探す。
明治のお菓子はあるのだが、ストラップのことは何も書いてない。
なんでや?
FunFun-REDSはうそだったんか?
ということで、店員に聞いてみた。
「明治の商品を二個以上買うと、レッズのストラップをもらえると思うんですけれども……」と。
そうすると、その店員は、店の奥に引っ込んだ。
おいおい、知らんのか?
そして、草加市にレッズサポはおらんのか?
今まで、明治のお菓子を買ってストラップを貰ったサポはおらんのか?
そういえば、以前、こんなことがあったなぁ。
でも、あんなこともあったしなぁ。
草加市におけるレッズってどうなんだろ。
上二つの記事からはよく分からん。




しばらくすると、奥から店員は出てきた。
封を切られていないたくさんのストラップとともに。
誰もストラップを貰ってないのね。
あぁ、レッズ……。
なんでや?
草加市におけるレッズってやっぱこんなもんなんか。



その店員はレジのところにいる店員にストラップを渡す。
すると、ストラップを渡された店員は「なんすか、これ?」と。
おい……、おい……。
いい加減にしてくれ。
君が働いている店に飾っているアレは何だ?
レッズのバナーじゃないのか?
「全ての力、全ての情熱、全ての誇り」が目に入らないのか?



明治のお菓子を探す。
普段、お菓子を買わないからよく分かんないが、けっこう種類あるなぁ。
「フラン」を購入。
レジに行き、レッズのストラップを選ぶ。
「ALL COME TOGETHER」と書かれているのが見えたので、それを選ぶ。
気分爽やかに、ローに帰る。



ローに帰って、フランを私の自習席の後ろの人たちに配る。
俺が欲しいのはレッズのストラップであって、明治のお菓子ではない。
(そもそも、お菓子なんて食べないし。)



ストラップを見て、目が点になった。
「ALL COME TOGETHER」と書かれていなかったのだ。
なんでや?
なんで「URAWA」になっとんや?
ファミマでは、たしかに、「ALL COME TOGETHER」と書かれていたぞ。
そういや、店員が袋からストラップを出すところまで見てなかった。
レッズの興味がないならなおさら、「URAWA」と「ALL COME TOGETHER」まで見てないだろうしな。
それにしても、黒と赤という色以外に、種類があったとは。
盲点だった。
注意力に欠けていた。



あぁ……。
もう1回買いに行こ。
そして、今度こそ、「ALL COME TOGETHER」をもらおう。
無駄な出費。





この際、全ての種類を手に入れるか?
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク