FC2ブログ

人として

なぜそれくらいのことが出来ないのかと思ってしまう。
道を教えるということだ。
“道”といっても、大学内でのことだ。



昼、家に帰ろうと4棟を出たところだった。
場所が分からないというような素振りをした道着を着たお孫さんとその付き添いの祖父母らしい人がいた。
おじいさんは、近くの学部生に何かを聞いた。
「やっぱ、道に迷ってたんだ。」と思った。



学部生は私のそばを通り過ぎていく。
「(道を教えて)ご苦労さん」
と思いきや、まだおじいさんは、困った様子だった。
おいおい、まさか……。
そこで、私は「どうかしました?」と話しかけた。
「2棟はどこですか?」と聞いてきた。
「あの学生は何で教えんかったんだ!」と怒りがこみ上げてきた。
近くには大学構内の地図があった。
ソコには、4・5・6棟は描かれていた。
つまり、2棟は描かれていなかった。
それでも、だいたいどこにあるかの察知はついた。
4・5・6棟の反対方向だということを。



このままじゃ終わらせられない。
ということで、正門のところには大学全体の地図があるのを覚えていたので、私はソコまで走った。
ビンゴ!
2棟は、思ったとおりの場所にあった。
それをお孫さんやその祖父母に教えた。
たいへん喜んでお孫さんは走っていった。
それを一瞬ではあるが私はほほえましく見ていた。



このときhttp://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/index.php?q=%CE%E4%A4%BF%A4%A4も書いたが、やっぱ関東の人間は冷たいのかとも思ったが、すぐに考え直した。
ローの友達は優しいし親切だ。
学部生よ……、土曜日にもかかわらず授業に出るというまじめさ・勉強熱心さには感心する。
ただ、それよりももっと大切なものがあるだろ?



こういう人間を見ると人間不信になる。
そう思いながら家に帰った。
郵便ポストを見ると、その中には……。
続く
スポンサーサイト



ER緊急救命室 XI〈イレブン〉 第4話「恐れ」

こういう話が出るたびに日本の保険システムの優秀さを痛感する。
資本主義社会の限界だと。



エリザベスが辞めてしまった。
なんかすごく急な辞め方だな。
もう少し美しい辞め方をしてほしかった。
ロマノがあの死に方じゃもう無理か……。

『DEATH NOTE デスノート 前編』『DEATH NOTE デスノート the Last name』

藤原竜也……、『ヴェニスの商人』を観たときも思ったが、やはり彼はテレビや映画ではなく舞台で演じるべきだ。
最後らへんでは確かに彼のうまさを観られた。
ただ、彼のうまさが最大限に活かされていない。
テレビや映画では彼が伝わってこないのだ。
舞台に専念し、もっと良い役者になってくれることを願う。
舞台こそ、本物の役者が立つべきところだから。



レムが池畑慎之介。
リュークが中村獅童だったことに驚き。

AFCチャンピオンズリーグ2007 ノックアウトステージ 準決勝・城南一和(韓国) PVについて

今回ももちろんPVは行われる。
少しは考えたなと思った。
というのも、全北現代でのPVは、ゴール裏(北サイドスタンド)とメインロアーが座席となっていた。
そのため、3000人弱いながらバラバラ感が否めなかった。
美しくなかった。
だから、今回の城南一和戦は、ゴール裏(北サイドスタンド)(※雨天の場合は、メインロアースタンド)だけになったのだろう。
ちょっとは考えたな。
写真の問題もあるし。

AFCチャンピオンズリーグ2007 ノックアウトステージ 準決勝 城南一和

城南一和に決まった。
アル・カラマと比べ本当に城南一和の方が良かったのか?
移動距離が少なくなるから、城南一和の方が良いという。
正直2戦続けて韓国とはやりたくなかった。
やつらは中国と同様、スポーツに政治を持ち込むからなぁ。



今年のA3のことは覚えている。
都築のPKナイスセーブ!!!
試合終了直前だったのでなおさら感動した。





つーづ きりょーた ラララララ
つーづ きりょーた ラーラララララ
つーづ きりょーた ラララララ
ラーラーラララーラララー

フットサル 第12節

学校の人工芝と同じことをついやってしまった。
ジャンピングボレーによるクリアー。
アウトドアのフットサル上の人工芝は、床みたいなもので、「芝」とは名ばかり。
落ちたとき、受身をして何とか痛みを軽減できた。



この行為から吹っ切れた。
声が出るようになった。
それまでも、声は出してたけどね。
それが顕著に現れたのが得点後。



ポンテの応援歌
「オ~ ロービー ラララララー  
オ~ ロービー ラララララ  
オー ロービー ビッテ ゴ~ル
オ~ ビッテ ゴール~」
「ロービー」のところをメンバーの名前に置き換え。




あと後悔したのは、レッズの相手が城南一和に決まったということで、
赤き血のイレブン
ラララ浦和レッズ
世界に見せ付けろ
俺たちの誇り
を歌いたかった。
が、なぜか出てこなかった。
う~ん、まだなじんでないからか……。



今日もよく走った。

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 準々決勝・第2戦 全北現代モータース PV編

初のパブリックビューイングへ。



とその前に……。
上級生の喫煙者の中にレッズのことが分かる人を発見!!
「パブリックビューイング?」
「行ってらっしゃーい」
って言われた。
さすが、埼玉のロー。



「パブリックビューイングが実施されることなんて、普通の人じゃ知らないから、やっぱファンかサポだよね?」
とローのJリーグ実行観戦委員長にメール。



すると、



「それはどちらかというとサポに近い。
けど、サポならスタジアムに行くはずだからファンにも近い。
あたしだったら、ファンに分類☆」
とのこと。



たしかに、サポなら韓国。
もしくは、PVに行くわな。
納得。
さすが委員長~。



うれしいぞ~。
同じローで、上級生でレッズを分かる人がいたなんて。



じゃあ、PVへ。



PVにもかかわらず、けっこう人がいる。
埼スタ内では店も出てた。
そこでは、プルコギ丼など韓国にちなんだ料理が売っていた。
もち、プルコギ丼(=韓国)を食った。



場内放送では、韓国に行ったサポは3000人という。
すばらしい。
レッズ愛。
埼玉という地域にサッカーが根付いている証拠。



前半3分という早々のタツヤのゴール。
ポンテのシュートのこぼれ玉だった。
達也はオフサイドに見えたのだが……。
まっ、いっか。
審判がオフサイドではないと判断したんだ。



審判のジャッジに全北はけっこうキレてる。
退場出るな……と思っていたら、シミュレーションからの退場。
坪井がファールするするわけないもんな。



ゲーム中盤では、ボールポゼッションは明らかに全北。
気合が違う。
韓日戦だからな。



でも、サッカーは気合だけでやるんじゃない。
コーナーからオウンゴールで追加点。
勝負あった。



後半ロスタイム。
全北は負けを悟り、荒れ始める。
また一人退場。
韓国人も大変だな。
「ゲームで負けてたんじゃない。
審判のせいで負けた。」
というエクスキュースが必要だから。




一戦目では歌わなかった、We are Diamondsを歌う。
泣けた。
いつの間にこんなにもレッズを愛するようになったんだ。



韓国でもシリアでもどっちで行ってやるさ。
(現実には無理だけど。)

ちょっとした手応え

来週からローも後期の授業が再開。
そこで、昨日は再び(正確には、三度)学友会に行ってきた。
グラウンドの利用についてだ。
ローがグラウンドを使えないかどうかを聞くと、やはり学生としての利用権限はないとのこと。
一般利用として貸し出すことも出来るのだが、フットサルコート1面で、1万円かかる。
1万円ーーーーー!?
Son of a bitch!
と言いそうになったが、こらえた。
1万円って、おいおい……。
一般利用者でもなかなか手が出ないぞ。
つまり、一般人には使わせないっていう実質的な意思表示なのかもしれない。
もっとも、大会なんかの場合は資金が集まるのでいいのだろうが。



帰ろうとした瞬間止められた。
「法科大学院生ですか?」と。
おいおい……。
私は最初から「法科大学院の者ですが。」と名乗ってるぞ。
きちんとIDも見せ。
それを今さら……と思いきや、ちょっと良い方向に。
「フットサルをやっている方が何人もいるんですか?」など。
これに対してはちょっと鯖を読んで大目の人数を答えたが。
そして、議題にあげるということで、学生証のコピーをとった。
フットサルの神よ……、仏よ。





フットサルクラブ草加2001も悪くないけどね。
施設や係の人は良い人だし。
でも、出来ることならお金はあまりかけたくないよね。

ER緊急救命室 XI〈イレブン〉 第1話「不本意な別れ」

オープニングの「ER」の文字が出るときの音楽が変わった。
そして、オープニングテーマは早くなった。
というより、音が変わった。
これは何を意味するのか?
従来からの変化か。



モリスはいつまで出て来るんだ。
腹が立ってしょうがない。
ニーラは賢い。
自分の力の限界を知っているからな。
モリスよ、ニーラを見習え。




遺灰を海に捨てる場面は泣けた。

アウェーの洗礼

9時間移動だったそうで。
そして、これがアウェーの洗礼。



全北現代が日本に来たとき、日本は全北現代を移動で疲れさせることが出来たのだろうか?

再任

鳩山さん、再任か……。
気が重いな。

オセロー

「オセロー」を読み始めた。
10月20日まで1ヵ月を切ったから。
「ヴェニスの商人」のときも感じたが、シェークスピアは言葉遊びが多い。
比喩も含め。
そのため、彼の文章だけは本当に最初から読んでおかないと、彼の本当の言いたかったことは分からない。



2週間かけて読むことになるだろう。
読んだ後はきちんと貸して。
9月17日(月・祝)午前10時30分~11時25分
蜷川幸雄・蒼井優
『ヴェネツィアを楽しむ裏ガイド~水の都に隠されたミステリーを追え~』

も見たし。
これをDVDに録ったし、これも貸すことになるのかな?
予習を万全にしないと。




そろそろ、お食事処も探さないと。
秋だからな。
素材はたくさんある。
和食か……?
おでん食べたいな。

下敷き

使っていた下敷きは、高校生の頃から使っていた。
すなわち、8年は使ったことになる。
けっこうもったものだ。
ただ、そろそろ替えても良い頃だろう。
と思って下敷きを探していた。
けど、なかなか良い下敷きが見つからない。
それが、昨日の日産スタジアムで見つかった。
レッズの下敷きである。
下敷き




おそろしい。
日産スタジアムにレッズのグッズが売ってあったのだ。
つまり、アウェーのグッズが売ってあったのだ。
埼スタでは……、売ってないよな?
恐るべき、商売根性。
何%かはマリノスに入るわけだよな。



ついでに、鞄につける用のストラップも買った。
携帯ストラップ3




We are Reds!

ER緊急救命室?〈テン〉 第22話「ドライブ」

10分の9まではERらしい進め方だった。
ちょっと泣けたし。



だが、あの終わり方は何だ。
?の最終話だぞ。
もっと、良い終わり方を。

Jリーグ第26節vs横浜F・マリノス

赤、赤、赤!!!
さすがに、菊名駅に着くと、レッズサポを見かけるようになった。



日産スタジアムに初めて行ったのはマリvsバルサ。
このときのスタはホント最悪だった。
アウェーの2階席が開いてなかったからな。
しかし、今回はレッズ。
当然、サポーターの多さから2階席は開く。
私は2階席に座った。
当然だな。
アレだけ1階の文句を言っていたのだから。



2階でも一番上に座ったのだが、よく見える。



水曜日にゲームをして、中2日。
先週もそうなのだが、選手を殺す気か!
ただ、日曜日にずらしても、ACLは水曜日。
日程よ、どうにかならないのか。



そのため、動きがずいぶんと重い。
さすがはと思わせたのは、オジェックの采配。
タナタツを外したからな。
ワシントンのパートナーに選んだのは永井だった。
タナタツにはもうちょっと頭を使って欲しい。
考えて欲しいのだ。
負けたアルディージャ戦と同様の右から切り込んでの左のシュート。
これをたしかにサンフレッチェ戦では決めた。
だが、これも同じことを何回も繰り返した上での。
考えて欲しいね。
やっぱFIFA技術委員長をしていただけのことはあると思わせる。



タナタツを反省させるのではなく、もっとも、ターンオーバーの可能性はもちろんあるが。
ACLでは、ワシントンのパートナーはタナタツというように。
ワシントンは十分休んでいたからな。
ACLでも当然スタメンだろう。



坂田が速いだけのやつで良かった。
あの速さにトラップが身についていたら化け物だ。
シュートの正確さも。
もっとも、この2つが身についていたのなら、代表定着してるな。



マルケスは脅威。
左サイドも右サイドも来る。
動きが読めん。



平川は私が彼を見だした頃の彼に戻った。
つまり、勝負しない。
相手は隼磨。
勝てなきゃ代表はないぞ。



永井のシュートはなぜ決まるのか。
万博でのガンバ戦のときもそうだが、今回もゆるいシュート。
たしかに、シュートは力だけじゃないといえる。
でも……。



ワシントンがディフェンスで最終ラインまで戻ったときにはびびった。
君の場所はソコじゃないだろ!
暢久が左に行ったために、ソコをカバーするためにね。



埼スタでの山瀬のゴールを日産スタで再現されるのかと思いきや、都築はきっちりセーブ。
このときは、かっこよかった。



啓太が内舘と交代。
あの啓太を交代させるとは……、ACLのためか。



日産スタジアムには日産の車を展示しているのだが、ボールがぶつかったらどうするのかと思ってしまう。
わざとぶつけるというのもありだな。

中断期間

昨日でローの入試も終わった。
すなわち、中断期間の終了である。
この中断期間に美容院http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-391.htmlおよびRED VOLTAGEhttp://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-396.htmlに行き、ちょっとしたリフレッシュをとることができた。





さっ、今日はFマリ戦。
行ってきまーす!

RED VOLTAGE

初めて、RED VOLTAGEに行ってきた。
行きたいと思っていた場所の二つのうちの一つ、RED VOLTAGE。
もう一つは当然、大原。



40分間電車に揺られ、浦和駅に到着。
WS011SHに入れた、地図を見ながらRED VOLTAGEを探す。
埼玉県信用金庫を目印に。



店内では、全北現代戦を放送中だった。
あのときの興奮がよみがえった。
久しぶりに熱くなれたからな。
やっぱトーナメントは燃えるわ。



店内を2周見た。
探していたものは一つだけだった。
これから気温は下がる一方。
すなわち、今までの半袖ユニではこっちの体が壊れてしまう。
防寒性の高いジャケットが欲しかった。
ACLまたは開催国枠として、12月のクラブWCに出場する可能性もあるしね。
そして、見つけた。
というか、店員さんに教えてもらった。
ジャケット




ジャケットの他にも小物を少々。
携帯ストラップ(携帯電話にではなく、鞄につけるように。
携帯ストラップ2


携帯電話にはすでに「8」がついてるし)。
携帯ストラップ

小物入れ。
小物入れ


フラッグ。
フラッグ


トレーニングルームで使用するシューズを入れるためのシューズケース。
シューズケース


ティッシュケース入れ。
ティッシュ入れ


(小物入れ、フラッグおよびティッシュケースは自習室に置こうっと。)
(こういうのを自習室においてると、サッカー部の時みたいにまた2ちゃんねるに書かれるのかな?「レッズサポがうざい」とか何とか。」)



支払いの時には後援会の会員証をきっちり提示。
5%オフだからね。



オンラインショップでは売ってない商品もあったし。
満足。
満足。



けっこう買ったな。



次は、大原へ!!

弁護士増員に反対 中弁連に中部6県の有志が議案提出

司法試験の年間合格者数を増やし、
二〇一〇年には三千人とする司法制度改革の政府方針について、
有志の弁護士グループが十八日、
中部六県(愛知、岐阜、三重、福井、石川、富山)の各弁護士会から成る中部弁護士会連合会(中弁連)に対し、
十月に開かれる定期大会で政府方針に反対を表明する議案を提出した。
愛知県弁護士会では、
今年二月に三千人増員計画の見直しを求める意見書を採択。
中弁連でも可決される可能性があり、
政府と方針をともにしている日本弁護士連合会との間でねじれが生じることになりかねない。

提出したのは、
同県弁護士会の司法問題対策特別委員会委員長の纐纈和義弁護士らをはじめ、
中部六県の弁護士百五十五人。
さらに約八十人以上が議案に賛成しているという。

纐纈弁護士らは、
定期大会は十月十九日に金沢市で開かれることから、
出席者数は中弁連全体の約千四百七十人のうち二百人以下と推測。
「議案賛同者のうち約百人は出席する見込みなので、
可決される可能性も大きい」
と話す。

議案名は
「適正な弁護士人口に関する決議」。
「(弁護士増加で)就職できず、
無給で事務所を使用させてもらう『ノキ弁』として働く弁護士がいる」
と指摘。
増加が続けば
「自己の利益のために、
原告が勝ち目のない事件で訴訟提起したり、
法外な報酬を請求したりする弁護士も生まれかねない」
と主張している。

纐纈弁護士は
「増加が続けば、
過当競争が進み、
これまで担ってきた公共的な役割を全うできなくなる。
国民のためにも悪影響だ」
と訴える。

日弁連は一九九五年に
「司法の機能充実や国民の法的ニーズにこたえるため」
として、
法曹人口の増加について賛成の決議をしている。

(中日新聞)

「1円」窃盗で中学生送検…コンビニで携帯を無断充電

コンビニのコンセントに無断で携帯電話をつないで充電したとして、
大阪府警松原署が窃盗容疑で同府松原市の中学2年だった男子生徒=当時(14)=ら2人を大阪地検堺支部に書類送検していたことが19日、
分かった。
被害額1円の事件の送検は、
極めて異例という。

調べでは、
男子生徒と同級生の2人は3月15日未明、
松原市上田のコンビニで、
外壁にあるコンセントに携帯電話の充電器を約15分間つなぎ、
2円相当の電気を盗んだ疑い。

調べに対し、
男子生徒は
「携帯電話の電池が切れ、
友達からのメールに返信できなくなったので軽い気持ちでやった」
と話したという。

パトロール中の署員が店の前で座り込んでいた男子生徒らに声を掛けて盗電を確認。
店側も被害届を提出し、
4月に書類送検した。
同署は
「被害の大小にかかわらず、
盗電は犯罪。
犯罪行為を確認できたまれなケースで立件した」
としている。

(ZAKZAK)

ACL AFCチャンピオンズリーグ2007 準々決勝・第1戦 全北現代モータース

チケットが売れていないと聞いていた。
結果的には、33,103人。
リーグ戦は平気で4万人を超え、5万人を超えるのがほとんどだ。
しかし、今回は3万人。
コレは何を表しているのか?
「年間チケット」だろう。
これまでのゲームは、リーグ、ナビスコおよびACLグループリーグは年間チケットに含まれていた。
しかし、今回からは年間チケットに含まれていない。
ようするに、今回の試合では、本当にレッズの試合を観たいという人が集まったといっても過言ではない。



ワシントンは帰国したものの、今回は出場停止。
よって、スタメンFWは、リーグと同様にタナタツと永井。
リーグの場合、どうしてもひいて守る相手と戦う方が多い。
だから、ワシントンのようにポストプレイヤーが必要だった。
だが、今回は違う。
相手はガチンコで来る。
ガチガチに引いて守る気などさらさらない。
ましてや、相手が日本のチームだからな。
だから、今回は、FWはタナタツと永井という二人ともが走れる選手でよかったのだ。
永井もそこそこポストプレーが出来るしね。
1点目のアシストになったプレーがそれを証明してるし。



長谷部は、得点直後は気合が入っていて良かった。
相手を追い回し。
だが、3分経つと元通り。
相変わらずちまちまとパス回しのみ。
レジスタにはなれないのかねぇ。
むしろ、啓太の方がミドルパスを多用している。
それでは、啓太の負担が大きすぎだ。
長谷部よ、働けよ。



サブを見て違和感。
ディフェンシブな選手が多すぎ。
オフェンシブな選手といえば、伸二と岡野だけ。
オジェックよ、何を……?



パスがよく回ったなぁ。
つまり、中盤でのプレスが弱いのだ。
そして、アタッキングエリアでもさほど強いあたりは来ない。
どうなってんだ。
全北現代。
ディフェンディングチャンピオンの名が泣くぞ。
たしかに、リーグで調子が悪いとは聞いていたんだけどね。
だからこそ、ACLにかけているとも。



S席に座った。
一緒に行っている友達が今回はいないので、指定席に座っても文句を言われない。
……誰も応援してない。
そんな中、一人で声援を送ったさ。
不思議だ。
どうして応援しないのかと。
声を出さないんだよね。
手は叩いても。



JR東川口駅で、私が乗ろうとした電車から降りてきた児玉清似の人に聞かれた。
「どっちが勝ったんですか?」と。
最初は、私の前の人に聞いたが、その人が答えなかったので、私が答えた。
「レッズです。」と。
にしても、勝敗くらい答えてもいいではないかと思う。
やっぱ都会の人は冷たいって本当だったんだ。
コワイ!
コワイ!

HAIR&MAKE EARTH 草加店

前回のカットに絶望し、今回はきちんと美容院へ。
HAIR&MAKE EARTH 草加店
http://www.hairmake-earth.com/salon/108/index.shtml
へ行ってきた。



前回の結果、この土地での技術に不信感を持ったので、30分くらいネットで調査。
何のかんのと検索していたら、
HAIR&MAKE EARTH
http://www.hairmake-earth.com/index.html
にあたった。
有名だし、試しに行ってみようと思ったのは一昨日。
最寄駅から一駅だし。



昨日の朝、午前に予約できるかと思っていたらそうではなかった。
13時30分からに。
平日だぞ。
何で予約が一杯なんだと思って店舗に行ったら納得。
おばちゃんやら奥様がね。



そうそう、HAIR&MAKE EARTHのネットでの評判はといえば二極化される。
すなわち、良いと言う人もいれば悪いと言う人もいる。
自分のデザインを押し付けてくる、など。
草加店はどうなのだろうと一抹の不安が……。



指名料がかからない、「スタイリスト」に頼んだ。
指名料をとるようなやつに頼むから、自分のデザインを押し付けて来るんだ。
自分の思い通りにしたいのなら、何の位もない「スタイリスト」に頼むのが一番。
賞をとっていないから、謙虚だろ?



自分のくせ毛に感謝した。
後ろ髪を外ハネさせるためにパーマをかけようと思っていたのだが、くせ毛が外に行くような感じのため、パーマはかけずにすんだ。
少しでも安く済ませないとね。
サイドの髪にはポイントパーマをかけた。
流れるようにするために。



まぁまぁ満足。

続きを読む

暴走族の集会規制した広島市条例は「合憲」 最高裁

暴走族の集会などを規制した広島市暴走族追放条例の規定が
「表現の自由」などを保障する憲法に違反するかが争われた刑事裁判の上告審判決で、
最高裁第三小法廷(堀籠幸男裁判長)は18日、
「違憲とまではいえない」
との判断を示した。
被告側は
「暴走族以外に広く規制が及ぶ恐れがある」
と主張したが、
第三小法廷は
「条例全体をみると対象は暴走族とそれに類似する集団に限られ、
規制の目的や手段も合理的だ」
と述べた。

結論は5裁判官のうち堀籠裁判長と那須弘平、近藤崇晴の両裁判官による多数意見。
藤田宙靖、田原睦夫の2裁判官が
「条例は違憲」
とする反対意見を述べた。

条例は、
市中心部の広場や公園で多くの若者が暴走族などのグループ名を刺繍(ししゅう)した「特攻服」を着て、
繰り返し円陣を組んだり、
大声を出したりしたことへの対策として02年4月に施行された。
「何人も公共の場所で許可を得ずに、
公衆に不安または恐怖を覚えさせる集会をしてはならない」
と定め、
市が中止・退去命令を出しても従わなかった場合に刑事罰を科すとした。

第三小法廷は
「規定の仕方が適切でなく、
条例が文言どおりに適用されると、
規制の対象が広範囲に及び、
憲法上問題がある」
と指摘。
そのうえで
「全体から読み取れば規制対象は暴走族のほか、
服装、
旗、
言動などにおいて暴走族に類似し、
社会通念上同視できる集団に限られる」
と限定的に解釈し、
「合憲」とした。

藤田裁判官は
「表現の自由は最大限保障されなければならない。
条例は粗雑で、
最高裁が強引な解釈をして合憲とすることには重大な疑念がある」
と改正を求めた。
田原裁判官も
「多くの市民に対し、
限定解釈の枠を超えて適用される可能性があると萎縮(いしゅく)的に行動させる効果をもたらしかねない」
と指摘した。

争っていたのは、
この条例に違反したとしてただ一人起訴された元暴走族の男性被告(27)。
第三小法廷が上告を棄却したため、
懲役4カ月執行猶予3年が確定する。

(asahi.com)

図書館での勉強

今日の13時から図書館が新しくなって初めての開館である。
新しくなったからといって、なぜ図書館の話をするか。
古かった頃の図書館はほとんど利用しなかったにもかかわらず。
それは、今週は、図書館を利用せざるを得ない状況だからである。



今日から金曜日までローの入試がある。
しかも、自習室がある棟で。わざわざ。
そのため、自習室が使えないのだ。
そもそも、コレはどういうことかと考えてしまう。
後輩のために我々が譲歩しなければいけないのかと。
(=入試のために在校生は移動)



たまには勉強場所を変えるのもいいか。

ダンボール

住んでいるDKにはダンボールの山が出来ていた。
そのため、DKから部屋への入り口が狭くなっていた。
amazonやドゥエ・ボットーニの箱などで。
1ヵ月ぐらいその状態だった。
片付けねば、片付けねば……と思っていたら、1ヵ月くらい経ったのだ。



一念発起して昨日ダンボールを片付けた。
15分くらいで片付いた。
ホントやろうと思ったら早く終わるからな。
なぜもっと早く片付けなかったのかと思う。
でも、追い込まれないとやれない。



住みだした頃の広さを思い出した。
広いなぁ。

休日登校

休みの日は勉強しない。
登校しない。
そういう哲学だったのだが、コレを2週にわたって修正しなければならない。
来週・再来週の月曜日は、敬老の日と秋分の日の振替休日で休み。
なぜ勉強・登校しなければならないか。
月曜日は答練があるからだ。
答練があるにもかかわらず頭を休みモードにはしておけない。
受験生だからしゃーないな。
利用申請してないけど、まいっか。



とうとうこういう日が来るとは……。



貫くというか、継続することを哲学の柱にすえているのだが、修正することだってあるのよ。うん。

臓器提供意思登録

ERを見ていれば何回も出てくる言葉
移植



最近は自分の力の低さに絶望しているのか、それとも、力の低さを言い訳にして自分自身に絶望しているのか、よく分からないがかなり鬱の状態。
こんな私でも何か出来ないか。
脳死に陥る可能性はもちろんあるが、さらに可能性が高いのは心臓死。
WPW。
やっかいなのがついたものだ。



そして、登録した。
http://www2.jotnw.or.jp/
(社)日本臓器移植ネットワークの臓器提供意思登録サイトで。
さすがネット社会。
オンラインで登録できるとは。
自分ひとりの体で何人もの人生を長らえさせることが出来るのなら。
全ての移植(心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球・使える組織)に賛成した。



そうか、自分自身に絶望したのもあるのかもしれないが、法律に絶望しているのかもしれない。
ERでのルカやカーターのコンゴ行き。
コンゴでの治療には私もショックを受けた。
そして、再認識した。
命あっての法律だということを。
コンゴのような世界では法律は要らない。
本当に必要なのは医療であると。
法律なんて先進諸国のものだ。
ホント法律なんて無力。
(コレ書いてて泣けてきた。。。。。。)



このままでいいのか……。

9月13日のフットサル

また消滅の危機。
今回は施設による消滅の危機ではなく、人数がそろわないということによる消滅の危機。
一時期には15人ほどいたサッカー部。
昨日は、4人。
2対2をしたさ。そりゃ。



2年生との対戦があるのにこの状況はやばいだろ。



安倍首相は辞任できるからまだいいな。
俺は辞任できない。
サッカー好きだから。

合格率40%、トップは東大=新司法試験合格者-法務省

「数」は東大が一番だと分かったけど、「率」はどうなんだろう?
東大が一番じゃないと試験自体が変わるからな。
旧試もそうだった。
丙案のことね。






法務省は13日、
法科大学院修了者を対象とした新司法試験の合格者を発表した。
受験者数4607人のうち合格者数は1851人で、
合格率は40.1%。
合格者の平均年齢は29.20歳で、
06年の28.87歳を0.33歳上回った。
性別では男性が1334人、
女性は517人だった。

法科大学院別の合格者数では、
東大が178人でトップ。
以下、
慶大(173人)、
中大(153人)、
京大(135人)、
早大(115人)、
明大(80人)、
立命館大(62人)、
一橋大(61人)の順。
昨年は出願者がいる法科大学院のうち合格者なしが4校あったが、
今回はゼロだった。

新司法試験は2006年にスタートし、
今回が2回目。
06年は大学法学部などを卒業した法科大学院2年制コース修了者(既修者)が対象だったが、
今回から社会人ら法学未修者を対象とした3年制コース修了者も加わり、
受験者数で前年比2516人、
合格者数も842人増加した。
合格者数は法学既修者が1216人(合格率46%)、
未修者は635人(同32%)。
今回初めての受験で合格した人は1250人で、
合格者の67.5%だった。

(時事通信社)

ER緊急救命室?〈テン〉 第8話「悪夢再び」

ロバート・ロマノ。
ヘリコプターのローターで左腕を切断。
今回は、ヘリコプターに押しつぶされる……。
次回以降、ロマノが死んだことが発覚するのかな?
結局、最後まで遺体は発見できなかったし。



モリス。
頭おかしいんじゃないか?
ならば、ロマノに死ねと言われたら死ぬのか?
小学生レベルだ。

カタール戦

国立に到着し席に座ろうとした瞬間、梶山のゴール。
座らず拍手。
けっこうコレも面白かった。



そう、国立に到着するのが遅れたのである。
キックオフ時間を間違って覚えていたのだ。
19時30分であると。
そう、正しくは19時20分である。
私のサッカー史上の汚点。。。。。。



ゴール後、電光掲示板を見ても点数しか表示されていない。
ということで、ピッチをよく見る。
反町さんと心中する平山はスタメンかなと思っていたらそうではなかった。
あの髪、あの肩幅。
そうスタメンFWは森島だったのである。
こりゃ国民も騙されたな。
カタールも平山が来ると思っていたはず。
たしかに、敵を騙すにはまず味方からだからな。



キーパーは相変わらず山本。
早く周作よ、帰ってこい。
クラブで出ていないのに……。
この年代でコンスタントに出られているのは周作だけだからな。
心配、心配。
俺はお前のプレーを観たい。



伊野波を左SBで使うとは。
オリンピック代表じゃセンターバックの印象が高かったのでね。



右SBが篤人で良かった、また萌だったどうしようかと。
たぶんもう変わらないな。
サウジのときも篤人だったし。
レッズサポーターとしてはもちろん萌にスタメンで出場して欲しいが、いかんせん萌はクラブでコンスタントに出場していないのでね。
それじゃ日本は任せられない。



退場したものの、本田拓也に魅かれた。
まさにレジスタ。
長短のパスを使い分け。
ホント退場が残念。
退場を除けば十分合格点。
パスだけでなく、攻撃のときは自ら顔を出していたし。
そして、守備もしっかりとしていた。
本田拓也は収穫だった。
きちんと彼のプレーを観たのは初めてだったから。
もっとも残念なのは、大絶賛の本田拓也をエスパルスに獲られたこと。
彼のミドル・ロングパスはレッズの力になってくれたのに。
今のレッズにはレジスタがいない。
啓太が相手を潰したあとのつなぎ役がいないのだ。
一応、その役は長谷部が担っているのだが、彼はレジスタではない。




今日は指定席に座ったのだが、指定席では素人ばかり。
カタールのシュートごとに悲鳴を上げ(ぜんぜん違う方向なのに)、選手に誰がいるかも分かっていなかったりと。
他さまざまな素人発言。
「ヒールによるパスはいらない」など。
ヒールパスをなくしたら、真正面から戦うことになるんだぞ。
守りを固めている相手に対してどうして真正面から戦わなくてはならないんだ!
レベルを上げたいのなら、相手に合わせていてはダメだ。
日本の明らかなファールにもかかわらず、審判にブーイングをしたり。
コレは美しくない。
しかも、ブーイングは日本語。
ACLのときもそうだが、せめて英語の方が良いんじゃないか?
ということで、入場制限をした方が良い。
サッカーを無知の人はJリーグをスタジアムで10試合観なければダメ、など。
観客のレベルを上げずして選手の力を上げられるだろうか?
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク