FC2ブログ

Jリーグ ディビジョン1 第4節 セレッソ大阪 part2

今回は個人を。



細貝の腰から行くディフェンス,ありゃボランチのやり方だわ。
あれをサイドバックがするとなると怖い。
守備として信頼を置けるが,あたりが強いためファールをとられるんじゃないかと。



柏木のボランチ起用。
この起用は,開幕・アントラーズ戦では途中からの配置であったが,そのときは,すごくバランスが悪く,彼の底からの上がりは期待できない状況であった。
しかし,今回はスタートから。
阿部ちゃんとの。
フィンケが好きなオフェンスもディフェンスもできる二人が配置。
そのため,片方が上がれば,もう一方は下がるのだが,テレビで見る限りこのゲームでは二人のバランスが崩れることはなかった。
特に阿部ちゃんの気遣いにより。
柏木がボランチに下がることにより,攻撃がそこから組み立てることができるように。
ポンテが2列目で,柏木が3列目で……,攻撃の起点が増えるということはバリエーションが増えるということ。
柏木の場合,ミドルからでもパスなりシュートなりできるわけで,誰かさんのように宇宙開発はそれほど多くないわけです。



ポンテは攻撃ではなく守備での貢献が目立つ。
体をぶつける激しいタイプの。
つまり,全体的な力は落ちても“サッカーの目”は衰えていない。



エジミウソンの2点目は好き。
通常なら爆発的な3点目なのだろうが,私はああいう巻いてからのシュートが好き。



個人だけ書こうかと思いきや,総括として全体も。
レッズの一方的な攻め。運動量の差が出た試合。
レッズが攻めていたので面白いと思いきや,相手が全くと言っていいほど攻めてくれないのでね……。
いえいえ,単発で攻めては来てくれるんですよ,アドリアーノなんてほんと助っ人FWの象徴というプレーで。
あれでは,オイルマネーに狙われるんじゃないかと思うほどの。
他チームのことながらも,心配になるね,J1に残れるのか。



番外編。
ジェフ千葉のアレックス……,日本語うまっ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

さて,2005年7月24日から2010年3月29日まで書いてきましたブログ「N」
http://blogs.yahoo.co.jp/j02112ms
http://masa-law.cocolog-nifty.com/
約5年間,毎日書いてきましたがここで一度冬眠ならぬ春眠に入りたいと思います。
春眠から覚めるのはこのブログになるのか,それとも他のブログを新たに立ち上げるか今は分かりません。
お別れではないので,一つの記事ではなくと別話題の記事に書きました。
ではその時まで。
おやすみなさい。
スポンサーサイト



セレッソ大阪,3バックだったのでサンフレッチェ広島のような運動量かと思ったら Jリーグ ディビジョン1 第4節 セレッソ大阪

スタメン紹介でセレッソ大阪が3バックということを知った。
現代サッカーで3バック……。
3バックというのは,サイドが1人しかいないということで数的不利になるということをさんざん書いてきた(特に,2008年)のだが,サンフレッチェ以外にもこれを採用しているチームがいたことに驚き。
サンフレッチェは3バックだけれども,豊富な運動量によりサイドが数的不利になることを防ぐ……。
ということで,セレッソも同様なのかと思っていました。
チーム全体で動き,攻め,そして守る……。
……と思いきや,セレッソ……動いてないねぇ。
攻めの時はフォローに行かず,棒立ち,ボールが来るのを待っている。
守りの時は数的優位を作ろうとせず,攻め同様棒立ち……。
な,なんじゃこりゃ~!
3バックのチームなのに運動量が少ないだなんて……。
これでは,2008年までのレッズと同じではありませんか。
ということで,ゴール数は別としてサッカーの勝負は見えていました。
案の定,レッズはボールを支配し,珍しく(?)シュートまでいく。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

Swatch 浦和レッズモデル(GE136C)

昨季,そしてその前も同様,結果を出していないにもかかわらずいまだレッズには価値があるようで。
『浦和レッズ × Swatch』
Swatch浦和レッズモデル(GE136C)
浦和レッズとスウォッチのコラボレーションモデル。
しかも,これは第1弾http://onlineshop.urawa-reds.co.jp/shop/g/g7610522251540/とのこと。
つまり,第2弾というように続きがあるということ。
正直,このデザインでは私は使えない。
news_5575_1
ベルトにエンブレムだなんて……。
せめて時計盤で良かったのでは?



せっかく,吉田カバンとのコラボレーションでレッズに対するデザイン面での評価が上がっていたのに……http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1428.html
トップチーム同様,安定してないね。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

前を向いてルックアップを Jリーグ ディビジョン1 第3節 モンテディオ山形

昨季はボランチでの起用もあったとはいえ,主戦場は左サイドバックだった細貝萌。
コーナーキックから流れたボールを左から上げたのは,昨季を彷彿させるパターン。
つまり,細貝萌にとって不慣れな左サイドバックは意味あるものになっていたわけだ。



う~ん,前半の前半,つまり20分までは特に遅かった。
何が遅かったって,自陣ゴール前からの組み立てのこと。
その象徴が,ロブソン・ポンテ。
彼のようにしっかりとした技術がありボールも奪われにくい選手なのに,かつ,周りに敵のプレッシャーはないにもかかわらず,前を向きルックアップすることがなかったシーンがあった。
他の選手も同様だったが,まさかポンテまでもが……。
ミスを多く見受けられるが,今のレッズに必要なのは,カウンターが適したシーンでいかに素早くボールを前に運ぶことができるか。
そう,闘莉王が抜けたことによる懸念場面・後ろからのビルドアップ。
こうもボール運びが遅いとね……。
そのため,いつもモンテディオは守備万端。



ゴールキーパーの世代交代,現代的ゴールキーパーへ。
subは,開幕から2戦とも加藤だったが,今節は大谷に。
高い位置でバックパスの場面,簡単につなげばいいところ,山岸の外に出てしまったキック。
それがつながればビルドアップとしての機能を果たし,レッズの攻撃が構築されたという場面があった。
現在のゴールキーパーは,ただゴールマウスを守るという役割が任されているわけではない。
攻撃の起点にもならなければいけないのだ。
しかし,今の世代のゴールキーパーではそれが無理なのは試合を見ていて自明。
加藤は足元があり,キックが得意。
ならば,そろそろキーパーも世代交代をしてほしいもの。
たしかに,2008年,ナビスコカップ・グランパス戦で大敗を食らったキーパー。
しかし,それをいつまでも言っていてもね,前に進めない。
ディフェンスラインからのビルドアップが期待できないのならば,それをキーパーに期待するのは悪くないこと。



足元の技術といえば,今季初先発となった鈴木啓太。
彼に求められているのは,昨季同様,守備だけではないようです。
右に開いてロビングボールを頭でトラップ……。
とそこまでの過程は良いが,トラップが大きくなりトラップ失敗。
う~ん,アンカーを置かず,ボランチ二人ともが攻撃参加するというのがフィンケさんが志向するサッカーですからこのやり方には文句は言いません。
しかし,メンバーの選考余地はあると思います。
はっきり言って,彼には足元の技術はない。
まぁ,サイドバックに人間が帰ってきたら,ボランチには阿部&細貝になると思いますが。



達也にかわってセルヒオが入ってわけだけど,あれは当然だろうね。
達也は自ら仕掛けようとせず,ボールをもらったら即シュートかパスばかり。
それでは敵を混乱におとしいれられないわけで。
あのように敵が固めている場合は,セルヒオの突破力が魅力。



3節終了したわけですが,新外国人がいまだに出場していないのって悲しいね……。
レンタルなんだから,早く働いてもらわんと。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

URAWA REDS×PORTER part2

URAWA REDS×PORTERで気になっていたのは,限定商品かどうかhtmlhttp://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1428.htmlということ。
それを問い合わせたのだが,その返答があった。



お問い合わせ頂きました件でございますが、
『浦和レッズXPORTER』の商品に関しましては、
数量限定ではなく、
長期に渡り販売致します。
ご注文頂けましたら、
随時生産・発送させて頂きますので、
ご検討の程、宜しくお願い致します。

尚、
ひとつひとつ手作りで製造致しますので、
お届けまでにお時間を頂戴致します事をご了承頂けます様、
宜しくお願い致します。



そう,数量限定ではなく、長期に渡り販売
これを聞きたかった。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

レッズが変わったのは,トップチームだけではなかった~オフィシャルホームページ~

以前,オフィシャルhttp://www.urawa-reds.co.jp/が変わったのはレイアウトだけと書いたhttp://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1416.htmlけど,それはどうやら私の事実誤認だったようだ。
シーズンが始まってからようやくそれを認識できるようになった。
シーズンが始まれば,試合のことはもちろんのこと,様々なグッズが発売され出すからね。



情報が分けられることになった。
「トップチームトピックス」
「クラブインフォメーション」
両方とも,良い働きをしている。




「トップチームインフォメーション」。
特に,【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】の働きが大きい。
新聞などのメディアが発信する情報ではなく,レッズが主体となって情報を発信。
これがオフィシャルホームページの役割なわけですが,見事に【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】がそれを果たしている。
選手のコメントが以前よりもよく出るようになった。
コラムhttp://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_5569.htmlまで始まっちゃったし。



「クラブインフォメーション」
試合以外のことが分かる。
書かれていることが多いのは商品かな。



分けて見やすくなったと思える反面,
更新された情報をすべて見ていた私としては,「トップチームトピックス」から「クラブインフォメーション」の情報を見る際,「トップチームトピックス」の古い情報をまたがなければいけないということもある。
……と言いつつ,どっちが良いとか悪いということではなく,慣れれば良いだけでしょ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

2010背番号ストラップ

オフィシャルhttp://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_5565.htmlで伝えられた2010年の新商品。
気になったのは当然,背番号ストラップ。
news_5565_2
news_5565_3
いいなぁ~,FC東京戦,埼スタに行かれた方で買われた方は少なくないだろう。
私も行ってたら買ってたはず。
オフィシャルによると,
ナニナニ……,
第1弾発売選手:細貝萌(3)山田暢久(6)梅崎司(7)柏木陽介(8)田中達也(11)鈴木啓太(13)阿部勇樹(22)原口元気(24)山田直輝(34)
*上記選手以外につきましては、3月下旬の発売を予定しております。



なるほど,人気選手との差別化を図ったわけか。
まずは第1弾選手がチームでトップの人気を誇る……とな。
なるほど,たしかに。
でも,開幕戦&第2節を見る限り,あの選手は3月下旬での発売は確実だな。
左サイドを支える宇賀神友弥。
驚いたのは,新加入の柏木を発売していること。
誰かさんみたいに活躍できなかったらどう思っての発売だったのかと思うとおもしろい。
イケメン票で買う客を見込んでいたのかもしれないけど。



あぁ,埼スタに行き,なおたんストラップを買いたかった……。
埼スタに行く予定なのはずいぶん先。
ということは,レッドボルテージに行った方が買える?
でも,シーズンが始まってすぐは売り切れてるだろうなぁ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

URAWA REDS×PORTER

レッズが,カバンメーカー「吉田カバン」とオリジナル商品を企画。
コンセプトは,スタジアムでの観戦時にお使い頂く事はもちろん、普段でもお使い頂けるということ。
いいねぇ~,普段でもお使い頂けるっていうのが。
商品は2つ。



実際に見てみると,たしかに良い。
今までの商品よりはるかに普段でも使えそう。
まず,ショルダーバッグ。
http://onlineshop.urawa-reds.co.jp/shop/g/g3014250002148/
使わないから,ショルダーバッグは要らないな。
手持ちができるなら考えたけど。
10reds-poter01
10reds-poter02




次に,ショルダー&ポーチ。
http://onlineshop.urawa-reds.co.jp/shop/g/g3014250001141/
こっちのは良いね。
ポーチぐらいの大きさでショルダーにできる。フムフム。
10reds-poter03
10reds-poter04
気になるのは限定商品なのかということ。
限定商品でないならば,もう少し後に買いたい。
お金があるときに。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

退場で試合が難しくなった Jリーグ ディビジョン1 第2節 FC東京

待ちにまったホーム開幕戦。
興奮冷めやまぬ中,柏木のFKが惜しかったり,外れたのを達也が入れそこなったりしたものだからさらにテンションアップ。
しかし,森重真人が警告2つによる退場で状況は変わる。
人数が少なくなり,FC東京は引いて守るというオーソドックスな戦法。
森重真人のファールとは異なるけど,すごく笛が増えた。
そう,“手”を非常に吹くようになったのだ。
審判はピッチ上では“石”なわけで。
選手の邪魔をしてはいけないわけです。
しかし,今の状況では試合を止める邪魔な存在でしかない。
審判陣には,WCでの“手”の心構えとしても今一度確認していただきたい事項。



レッズの中盤。
守備力に長けた先週いわゆるアンカーを置かない中盤。
そのためか,鈴木啓太は開幕に続いて今節も先発落ち。
そして,彼の起用はクローザーとして試合終了直前。



ヒラが負傷(?)により緊急出場となった岡本拓也。
このポジションで練習していたとはいえ,そのような形での出場になるとはね。
人差指でチョンチョンと周りの味方を呼ぶ仕草すなわちフォローしろということ。
「フォローに来て,囮になってくれねぇと突破できねぇだろ,動けよ。」と心の声が聞こえました。
いや~,堂々としてるね~。
ピッチに立てば年齢なんて関係ないけど,実に堂々としたもんだ。



森重真人の警告一つ目は,宇賀神に対するもの。
よくぞあそこまで侵入したよなぁ。
昨季はそういう場面は多くなかった。
しかし,今季,左サイドバックには宇賀神友弥を配置。
サイドの専門家がそこに置かれたことで,チームとしてサイドからの攻撃の意識が上がった。



TBSが後半に2回もCMをしたのは非常に残念ながらも,サッカー素人2人を副音声に使ったのはなかなか奇をてらった起用。
特に,具志堅さんは良かったね。
おもしろいことを言うのはもちろんのこと,一流アスリートとしてサッカーにも通じることを言っていた。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

新レッズコバトン~味をしめた埼玉高速鉄道~

オフィシャルhttp://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_5552.htmlでは,ホーム開幕戦のお知らせがなされている。
その中で目を引いたのは,コバトングッズに新展開。
コバトン
今までは,
レッズコバトン。
そして,
それよりも小さい,
ミニコバトンだけだった。
しかし,2010年は違った。
ストラップやアウェーユニを着たコバトンを展開。
分かる,分かるよ,なぜ新たな商品を売り出したか。



法科大学院の授業の一環として,情報公開請求をしなければならなかった。
そのときに,私がしたのは埼玉県に「レッズコバトンの売り上げ」を請求したのだった。
しかし,これは私の事実誤認で,「レッズコバトン」は埼玉高速鉄道が販売しており,埼玉県は利益を一切受けていないこと。
そう,埼玉県は「レッズコバトン」の売り上げを把握できないわけです。
というわけで,埼玉県には,通常のコバトンの売り上げを請求。
そして,埼玉高速鉄道からは,埼玉県の職員が圧力(?)をかけてくれたおかげで,すんなりと「レッズコバトン」の売り上げを教えてくれた。
(えぇ,今でも感謝してますよ,対応してくれた県職員に)
売上を見て分かったのは,「レッズコバトン」の方が,通常の「コバトン」よりも2倍の売り上げがあるということ。
そう,「レッズ」を付けて商品化した方が売れるということ。



現実に戻って2010年。
そういった味をしめた埼玉高速鉄道は,レッズコバトングッズを新展開。
ストラップ。
アウェーユニコバトン。
……。
……。
……。
また売れるな。
賢い,賢いよ,埼玉高速鉄道。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

オフィシャルサポーターズクラブ認定ニットマフラー

20周年を記念してなのか,今年のオフィシャルサポーターズクラブの認定グッズには,これまでの大旗のほかに,ニットマフラーが付いている。
オフィシャルサポーターズクラブ認定グッズ



レッドダイヤモンズ後援会に入っているものの,オフィシャルサポーターズクラブに加入していない私としては非常にうらやましかったもの。
(大旗もうらやましいんですがね。)
このニットマフラー。
ニットマフラー
あるルートから手に入ってしまった!
おおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ニットマフラー!
まさか手に入るときが来るとは!
えぇ,えぇ,人と人のつながりって大事ですね。



使おうかなと思ったけど,観戦する予定なのは,5月。
その次は7月……。
その時期にニットマフラー……。
暑いな,暑苦しい奴だな俺。
汗っかきだからマフラー系で買っていたのは,タオルマフラー。
そう,ニットマフラーは買ったことなかった。
う~ん,こうなれば家宝にするしかない!
うん,大事に保管だ。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

新戦力~柏木陽介~

獲得した選手の中で見事開幕スタメンの座を勝ち取り,持ち合わせる力をいかんなく発揮した柏木陽介。
宇賀神同様,昨日の記事で書いても良かったが,試合開始から終了まで輝き続けた柏木陽介に敬意を表して単独記事に。



柏木の特長は,豊富な運動量。
もっとも,豊富な運動量を持つのは彼だけでなく,山田直輝も。
しかし,柏木には直輝にはない力がある。
それは,一人で試合を決められるということ。
だから,柏木は,豊富な運動量でボールをもらったあと,ドリブルをしてそのままシュートにいける。
しかし,直輝は,豊富な運動量でボールをもらったあと,ボールを誰かに渡し,即ダッシュ。



ここからが本題。
直輝は,ボールを誰かに渡した後,またそのボールをもらいに行くから,レッズは全体として動き出す。
そう,直輝がスイッチを入れたように。
しかし,柏木の場合,チームの動きはそうではない。
柏木が単独で突破できるものだから,チームを彼を見守り,足が止まる……。



豊富な運動量を持つという共通点があっても,このように違う現象が起きる。
やはりサッカーは面白いですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

あなたのYahoo!メールが横浜F・マリノスバージョンに!

ガンバ大阪http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1124.htmlだけでなく,よもや横浜Fマリノスにも先を越される事態になるとは……。
「Yahoo!メール コラボレーション」に、横浜F・マリノスとタイアップした「横浜F・マリノスファンメール」が新しく追加されたことである。
なぜに。
なぜに。
かろうじて,ガンバ大阪に関しては,ACL優勝し,CWC3位という成績を飾った後のことだったので納得できた。
しかし,なぜマリノスが……。
よく分からん,ヤフー。



ガンバ,マリノス……。
ヤフーは青が好き?
赤はお嫌いですか?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

ナイキ トータル90 レーザー Ⅲ HG-B

浦和レッズマガジン1月号より。



「ナイキ最新ギア案内」で知ったのは,啓太がこのスパイクを履く予定であるということ。
「予定」と書いているが,既に履いているかもしれない。

このスパイクの特徴……。
シュートの精度を飛躍的に高めるシステムの構築に成功した」とのこと。
この記事を読んだ瞬間,期待を込めて笑い(!?)が出てしまった。
啓太の特徴は,守備力の高さはもちろんのこと,
宇宙開発してしまうシュート精度の低さにある。
そう,
どこへ行くんだそのシュート!
それってシュートか?
というシュートかよく分からないボールを蹴る啓太。
練習してもうまくならないなら,道具でその精度を上げるしかないところまできたというわけか。
スパイクでシュート精度を上げる……。
なんか悲しいけど,世界のストライカーはこれによりさらにゴール量産の可能性もあるわけだ。



あぁ,今は啓太の話か。
シュートは,ゴールへのパスと表現される。
ということは,このスパイクにより精度が上がるのはシュートだけでなく,パスも上がるといえる。
2010年の啓太が楽しみだねぇ。
ピルロばりの長短のパスを繰り出している姿。



このスパイクがあるからというわけではないが,今年期待する選手は鈴木啓太。
なぜなら,2007年は,絶好調。
しかし,2008年は,2007年に働きすぎたため病気で絶不調。
2009年は,攻の阿部ちゃん,守の啓太ということとは逆転現象,つまり,攻の啓太,守りの阿部ちゃんになっていた。
2010年は「守の啓太」をこのまま崩すのか,それとも,「守の啓太」に戻るのか。
啓太の動向に注目しましょう。



にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

ホームタウン(埼玉県民のみ対象)優先販売

3月14日(日)~8月28日(土)に埼玉スタジアムで開催されるホームゲーム、リーグ戦10試合、カップ戦予選リーグ2試合の計12試合を対象としたホームタウン優先予約受付。
受付期間は,2月5日(金)昼12:00~2月9日(火)昼12:00までだった。
シーズンチケットを継続購入しなかったことによる苦労。



本試験1週間前の試合……!
おぉ!
グランパス戦。
思えば,5月12日の1週間前って,そういえば,5月5日。
子どもの日だから,試合開催の可能性はあったわけだ。
ホームかアウェーの差はあれど。



グランパス……。
闘莉王が敵となり,初めての対戦。
というわけで,たくさん客が入りそうだなぁ。
闘莉王と契約しなくて良かったと確信するために。



結果発表は,メールで2010年02月12日(金)18:00~2010年02月15日(月)16:00。
子どもの日の試合,かつ,グランパス戦ということで,ホームタウン優先購入で買えないと通常販売では厳しいかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

NIKE PRO COMBATシリーズ

浦和レッズマガジン12月号で知った,ナイキの「PRO COMBAT」シリーズ。

上の商品は,フットボール用ではなく,バスケットボール用だが,機能は同じ。
簡単にいえば,衝撃を吸収するというもの。
レッズで着用しているのは,ツボ,啓太,都築と紹介されている。
フィジカルコンタクトが激しい選手たちに愛用されているということか。
思い出すのは,キーパーをやっていたとき,これとは違うものだけど,プロコンバットみたいにおシャレではないが,パッドが付いている腰当てをつけていたということ。
ヨコっとびをしたとき,それにより衝撃吸収。
思い出すなぁ,土が痛かったこと。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

今日はレッズフェスタ開催だけど……

http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/nimages/news_5417.pdf
定期テストの関係で行けません。
あぁ,レポートを終わらせないと……。
開催があと1週間遅ければ……。



今年は駒場での開催ということですが,行かれる方は存分に楽しんできてください。
そういえば,昨年も行っていない。
昨年はテスト直前だった気がする。
ということは,行ったのは2008年。
あぁ,埼スタで行われたのは良いけど,すごい寒かったのを覚えてる。




はてさて,今年の紅白戦はどうなるのやら。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

2010Jリーグ日程発表

またまた,ずいぶんと久しぶりにレッズネタ。
2010年の日程が発表された。
何日に試合があるかはわかっていたので,焦点は,どこと,どこで試合があるか。
えぇ,注目は8月8日。
さて,相手はヴィッセル神戸。
おぉ,たぶん勝てる。
期待が広がるね~。
で,場所は?
……。
……。
……。
ホームズスタジアム……(泣)
えぇ,今年も埼スタでのハッピーバスデーはお預け。



今年も最終節はアントラーズと思いきや,ヴィッセル神戸。
スライドさせたパターンね。
昨季は,対照対称パターンだったけど。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

ファミリー引越センター

レッズのオフィシャルhttp://www.urawa-reds.co.jp/のトップページから行けるファミリー引越センターのHPhttp://www.505555.jp/
自宅に配られてくるファミリー引越センターのチラシを見てスポンサーだというのは知っていた。
チラシを見始めた当時,イメージキャラクターは福田さん,その後はハジメ。
現在はというと,なぜか元木さん。
そう,元ジャイアンツの。
レッズからジャイアンツへというこの変わりようにビックリしたが,まぁ納得できるわな。
2年連続でタイトルを逃しているレッズより,タイトルを着実に積み上げているジャイアンツの方がイメージとして良いわな。




さてさて,レッズのトップペーの話を戻して。
そのファミリー引越センターがとうとうレッズのトップページに表示されるようになった。
イメージキャラクターはレッズの選手ではないのになぜにトップページに表示?という疑問があったのだが,結果を残せていないのにスポンサーになってくれているファミリー引越センターへの誠意を見せた形といっていいだろう。
ただ,ファミリー引越センターのHPを開いたときに,元木さんが表示されるのはちょっとキツイ。
もっとも,許容性というか,元木さんの上には,「赤い家電プレゼントキャンペーン」が行われている……。
HPというのは,上から見ていくものだから,一応,元木さんよりレッズの方が注目される?
まぁ,どちらにしろ複雑な気持ち。
レッズの選手がイメージキャラクターではないのにスポンサーについてもらっているのは。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

テクニカルダイレクター(TD)は1年で終わり?

先週,柱谷さんのテクニカルダイレクター(以下,「TD」)就任を書いた(すごく遅い)のですが,
http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1368.html
先週のGGR。
それによると,「GM」と言ってましたね。
そう,2年前に元通りなわけです。
たしかに,就任の際にクラブは「チーム強化責任者」と書いていた。
このように書く場合,これまでだと「GM」を指していた。
そして,案の定,GGRでは「GM」。



1年で終わりですか,TDは。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

小学館……,何も連絡なしですか。

昨日,闘莉王の移籍理由を公式ページから探ったわけですが。
そういえば,かつて公式ページにはとんでもないミスがありましたね。
http://msinfinitejustice.blog73.fc2.com/blog-entry-1336.html
以前の記事の一部分を張り付けただけ。
確認作業をすればその単純ミスは容易に防げた。
というとんでもないミス。
その記事を久々に見たわけですが,修正されてましたね。
http://bp.shogakukan.co.jp/tulio/archive/200908009.php



問題の記事部分は,
「ビーチに面している代表のホテルからは、クジラを見ることもできました。しかも、二頭も! これには心を癒されましたね。時間が経つのも忘れて、クジラが背中から潮を吹いているのを眺めていましたから。ヨハネスブルクからの乗り継ぎ便の窓からは、イルカも見えましたよ」
に修正されました。
平和な話が書かれています。



誠意を見せてほしかったね,小学館には。
そして,闘莉王もこれを機に「小学館」を間に入れるのはやめてほしかった。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

闘莉王の移籍理由。公式ページにアップ。

メディアでは報道されていた闘莉王がレッズを去った理由。
フィンケとの不仲。
ホンマかいなと,私は半信半疑だったわけですが,とうとうそれが公式ページにアップされました。
http://bp.shogakukan.co.jp/tulio/archive/200908011.php
それは……,



「正直昨年は、
チームは優勝を目指すのではなく、
プレースタイルを変える年だと言われ、
自分自身は、
レッズは本当にそれでいいのだろうかという気持ちを抱えながら闘っていました。
結局、
監督のサッカーに対する考え方と違うので契約を終了したいと言われ、
移籍することになりました。」



そして,グランパスに移籍した理由については,
勝つことへの執着心が強いチームであるということと,
ストイコビッチの存在。
ストイコビッチのことを,



「選手の気持ちがよくわかる監督」



とも言っています。
結局そこでしたか。
オジェックやフィンケが嫌われ,ブッフバルトやエンゲルスが好まれた理由。
こういう人間的な理由なら仕方ないね。
そして,チームの変革に賛同していないの言うのであるから,移籍はやむを得ないのであった。



フィンケがやろうとするサッカーが嫌いで出ていく闘莉王。
反対に,
フィンケがやろうとするサッカーが好きだから入ってきた柏木。
対照的な二人です。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

山田直輝、帰国後の精密検査結果

正月早々,悲しいお知らせがあった。
それは,イエメン戦で直輝が右足腓骨骨折、復帰まで約3ヵ月かかる見込みであることが判明(http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=5391)したこと。
イエメン戦……。
個人的にはすごく見たい試合でした。
今までのように見飽きた面々ではなく,イエメン戦は,見たことがないフレッシュな選手たちがどう躍動するか。
そう,久々に日本代表の試合を見たいと思ったわけです。
……なのに,所詮はアジアカップ予選
本戦じゃないと,視聴率がとれないってか?
そう,テレビ中継はありませんでした。
せめて,録画でも良いですからぁ……,なんて思ったのは私だけではあるまい。
そういった,私が見ない中での負傷。
あぁ,直輝……。
昨年に引き続いてですか……。
こうなりゃ,骨格が出来上がるまで,代表召集は拒否ということで。
具体的には,今年中の招集はない,ということで。
まずは,1年を通してクラブで試合に出られるかということに重点を置きましょう。
代表で怪我して,クラブでは試合に出られない,というのでは本末転倒ですから。
昨季のように。




まぁ,3か月とはいっても,ふつうならそれよりも早く治るから,ひょっとしたら開幕に間に合うかもしれません。
しかし,完治しないで試合に出ることの後への影響を考えればね。
やはり,「いつまでに治す」という照準を定めずに,じっくりと治してもらいましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

柱谷幸一氏がチーム強化責任者に就任

ずいぶんと書いてなかったレッズの話題に関して。
オフだから更新されないかなぁと思っていたら,柏木の加入であったり,ドイツで試合に出られないオーストラリア人の加入があったりと,それなりに話題を提供してくれましたね。
それでは,昨年12月25日のニュースからみていきましょうか。



体調不良により休養している信藤健仁TDが退任し、チーム強化責任者の後任として柱谷幸一氏が就任。
テクニカルダイレクターの役割が1年を通してもよく分からなかったので,いまだに疑問の役職。
「トップチームからユース・ジュニアユースまでを総合的に統括し、チームスタッフ、選手、クラブスタッフと十分なコミュニケーションを取りながら、チームづくりを行って参ります。」http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=5367とは書いているものの,まぁ,裏方の仕事だから表に極端には出ない,ということも理解はできるのですが。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

やっとこさ予約を。オフィシャルイヤーDVD 2009。

12月初旬から発表されていた「オフィシャルイヤーDVD 2009」の予約。
1月10日まで予約ができるのだが,そのうちそのうちと思っていたら,いつのまにか1月になってたので,とうとう予約しました。
珍しく締切直前に予約。



まぁ,あんまり期待してないけど特典は楽しみにしてます。



先行予約の方には,2月6日(土)までに届く予定。
これっていつもより早い。
ここ2,3年は,開幕に合わせて届いていたから。



内容は結構楽しみにしています。
2008年を見るのはうつ病になりたい人だけが見たらいいけど,
2009年は違う。
なんたってサッカークラブがサッカーをするようになったのだから。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

高崎寛之、期限付き移籍より復帰

帰ってきたウルトラマンならぬ,
帰ってきた高崎。
よくぞ帰ってきてくれた。
リーグ戦46試合19得点という数字を引っ提げて。
やっぱね,能力は高かったんだと思いますよ。
1年目はレッズであるために試合に出られなかったことからそれが開花されず。
2年目はホーリーホックに行き試合出場機会を得たことから能力爆発。
やっぱ試合に出ないとね。
試合に出て成長といえば,最近だと細貝萌ぐらい。
来季は高崎もそれに続いてほしいね。
188cm/78kgという恵まれた体格。
これを活かさない手はない。
ポジションチェンジしまくるとはいえ,基本は1トップ。
つまり,エジミウソンの控え。
でも,そこに高原が入ってくる可能性だってあるわけで。
ということは,高崎の居場所はやはりない?
これでは1年目と同じ。
若手育成に定評あるフィンケ。
どう出てくるか。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

小池純輝、水戸ホーリーホックに完全移籍

また出た。
今度は小池。
今季,ザスパ草津に期限付き移籍していたFW小池純輝が,水戸ホーリーホックに完全移籍することになった。
彼を初めて見たのは,2007年8月15日,万博でのガンバ大阪戦。
ガンバDFラインはセンターラインまで上げていたため,大きく蹴られたボールをトラップした小池はキーパーとの1対1の状況。
これを彼は外したわけですが,これが彼にとってのターニングポイントだったのでしょうね。
「もし」,あれを入れていたら,成功体験を積み重ね,レッズに残っていたかもしれない。



ザスパでは新境地SBというポジションが与えられ試合に出ていた。
だから,レッズでも小池のSBはオプションとしてありだなと思っていたのに……。
ザスパではなくホーリーホックか。
高崎の復帰を後釜?

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

闘莉王の名古屋グランパス移籍が内定~闘莉王に頼らないサッカーを~

予定通りというか,最終節での行動通り移籍が決定。
レッズのオフィシャル。
http://www.urawa-reds.co.jp/tools/page_store/news_5362.html
グランパスのオフィシャル。
http://nagoya-grampus.jp/information/pressrelease/2009/1224post-130.php



中東かヨーロッパかと騒がれていたけど,ふたを開けてみれば国内移籍。
MITSUBISHIからTOYOTAへ。
世界のTOYOTAが本気を出せば,トゥーリオくらい軽く買えるか。
来年はWCイヤー。
だから,環境が大きく変わらない国内を選んだ。
そういうことならレッズのままでも良かったのではないかと思ってしまうのが一サッカーファンとしての真理。
WC後,海外へというパターン。



まぁ,闘莉王がいない来季は楽しみだね。
攻撃面だと,FWがFWのために仕事をする。
今までだと,究極的だったのは,今季も昨季もみられた現象。
途中出場で前線に送られるパターン。
結局,闘莉王かよ……というやつです。
これがなくなったからね,FW心理としてはFWに専念できるでしょう。



守備面だと,いわずもがな闘莉王が上がった時のバランスが崩れない。
それに,ツボ一人にディフェンスさせることはなくなるだろうね。
より組織化された守備を見ることができるでしょう。



見てみたいんですよ。
闘莉王に頼らないサッカーを。
レッズの進化はそこにあると思うので。
闘莉王のずば抜けた個人能力がレッズの進化を妨げていた。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

噂には聞いていたけど……。「近藤徹志、ファジアーノ岡山に完全移籍」

他の方のブログで1週間ぐらい前にこの話は聞いていた。
モバイルでで発表されていたそうな。





この度、DF 近藤徹志がファジアーノ岡山に完全移籍することとなりましたのでお知らせ致します。

近藤徹志 (こんどう てつし)
1986年11月4日生まれ(23歳)福岡県出身  
DF 187cm/77kg
筑紫丘サッカー少年団-わかばFC-東福岡高校-浦和レッズ-愛媛FC(期限付き移籍)-浦和レッズ

2005年:浦和レッズ :カップ戦1試合
2006年:浦和レッズ :公式戦出場なし
2007年:愛媛FC(J2) :リーグ戦40試合3得点/天皇杯3試合
2008年:浦和レッズ :公式戦出場なし
2009年:浦和レッズ :天皇杯1試合

※通算出場試合・得点:リーグ戦40試合3得点/カップ戦1試合/天皇杯4試合

本人コメント
「ファジアーノ岡山に移籍することになりました。浦和レッズでは結果を残すことができず残念です。今まで応援ありがとうございました。試合で成長した姿を皆さんに見せられるよう、これから岡山で頑張ります。」





「リーグ戦40試合3得点/カップ戦1試合/天皇杯4試合」って書いてるけど,ほとんどがレンタル移籍先の愛媛FCのもの。
レッズではといえば,ナビスコ&天皇杯の1試合ずつってわけか。
残念だねぇ。
187cmという恵まれた体格。
爆発すれば貴重な戦力になると思っていたので。



CBの放出多し。
橋本。
闘莉王。
近藤。
えっ!?
純粋なCBって今何人?
ツボ。
つっくん。
ホリ。
水輝。
……4人。
分かりやすい競争で良いけどね。
いや,良くないだろ。
フィンケのお眼鏡にかなわなかったか。
移籍先はファジアーノ岡山。
レンタルだけど,野田もいるなぁ。
ファジアーノ岡山とのコネクションを構築中か。
育成先として。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogram投票ボタン

シーズンチケット継続購入申込書

今年もやってきた。
2010年 浦和レッドダイヤモンズ シーズンチケット継続購入申込書
シーチケを来季も継続するか否かという問いに私の答えは決まっていた。
B:購入しません
「A席では観にくかった」それが主な理由である。
2007・2008年はA席でも十分に観られた。
縦・横ともにポジションチェンジなんてなかったから。
しかし,フィンケがもたらしたサッカーはそれがある。
その他にも,サッカーというものを教えてくれたフィンケ。
フィンケのサッカーを観るにはすごく頭を使うからね,A席では消化不良にあることもしばしば。
シーチケには2年間にわたってお世話になりましたが,結論としては,正直,存在意義が分かりませんでした。
よそ様のチームのようにすごく安くなるわけではないし,ノベルティが欲しけりゃオークションに出品されている……。
チケットの確保だって,なぜか今季は5万越えが珍しいという状況。
だから,チケットの確保はできる。



と言いつつ,まったく行かないわけではありません。
来季1試合決まっているのは,受験直前。
具体的には,
第11節:5月8日(土)/9日(日)
これがだめなら,
第10節:5月5日(水・祝) 
モチベーションとして,1週間前がちょうどいいと思うので,できれば第11節でお願いします,Jリーグさん。
もっともこれは危険な賭けである,すごく悪い試合内容だったら……。
まぁ,5月じゃ暑くないし,むしろサッカーするにはちょうど良い気候だから,そうはならないとは思うけど。
それ以外はテレビで見させていただきます。



来季の日程見たけど,中断直前の日程は,
第12節:5月15日(土)/16日(日)
つまり,受験が終わるのと同時に中断。
受験が終わったら勉強再開までは存分に観に行こうと思ったのに……。
中断明けは,
第13節:7月17日(土)/18日(日)
すでに本格的に勉強再開しとるやんか。
WC中断だから,ユースの試合はあるのかな。



そういえば,中断明けって,第13節:7月17日(土)/18日(日)。
この試合は埼スタでの「Happy Birthday」との関連で行かないといけない。
この日は,ワンダーシートで。
あっ!
ということは2試合か。



大先輩が指定席のシーチケ。
だから,合格すれば「私も指定席のシーズンチケットに」を目指してまい進していきます。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
blogram投票ボタン
blogram.jp
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

Mr.Masa

Author:Mr.Masa
2007年4月から法科大学院生に。
2007年5月3日,ジェフ千葉戦にて,初めてレッズを観る。
2009年8月8日,とうとうトルシエ階段を昇る(埼スタツアーにて)。

カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pitta!
Jリーグ公式ブログパーツ
価格算定パーツ

サイト売買のサイトストック

コラブロ

RSSフィード
edita.jp【エディタ】

edita.jp【エディタ】

楽天市場
ブログ内検索
Amazon.co.jp(司法試験)

Amazon.co.jp(ER)

FLO:Q

リンク